ベビーモニター怖い!?Soothe3見守り監視で安心。置き場所、使い方レビュー

赤ちゃんを寝かしつけた後、ひと息つきたいけど「目を離すのが怖い」という方も多いでしょう。

パナソニックがKX-HC705を発売したりトリビュートのBM-LTL2が蛯原英里さん(えびちゃん)がイメージキャラクターになったことでベビーモニターの購入を検討している方が増えています。

僕が注目したのは、他メーカーの人気機種と比較して価格が安いHeimVisionのSoothe3です。音声対応機能があり赤ちゃんの声や物音に反応して教えてくれます。設定不要で電源をいれればすぐに見守り監視ができて魅力的な商品です。

見守りカメラとして注目されているベビーモニターがあれば夫婦でくつろいだり、料理や洗濯を済ませちゃうことも可能です。

でもインターネットで調べてみると「怖い」というワードがよく出てきて購入するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は、ベビーモニター怖いと言われている理由と使い方が簡単で生活が一変するHeimVisionのSoothe3についてレビューします。

ベビーモニターは、怖いの?

HeimVisionのSoothe3 ベビーモニター

掃除や洗濯など家事をするために生まれたばかりの新生児がいる部屋から離れるときは、いつ起きるの?ぐっすり寝てくれるかな??と心配が絶えないものです。

赤ちゃんが成長して寝返りをうったりハイハイするのもあっという間。

活発に動けるようになるのはうれしいことですが。。。

目を離した瞬間にベッドから落ちてしまうのではないか。いろんなものに興味をしめして手で触る。口にする。など主婦っていつまで経ってもゆっくり休めないですよね(泣)

べビーモニターがあると別室にいても見守り監視ができるため家事に集中できます。活発に動けるようになっても映像と音声で様子がわかるので安心です。


では、なぜ「べビモニターは、怖い」と言われているのでしょうか?

実際に調べてみてわかった3つのことを紹介しますので購入を検討している方参考にしてください。


目が怖い

赤外線カメラを使って真っ暗なお部屋でも赤ちゃんの様子を確認することができます。

夜の赤外線カメラの映像は、軽くホラーですね(汗)目が真っ白になってしまってかわいい猫もちょっと不気味ですね。

実際に使っている先輩に聞いたところカメラに何か写っていてた。(汗)と教えてもらいました。

深夜に赤ちゃんの寝ている様子を録画機能を使って確認してみるとたしかに白い物体が飛んでました(泣)

感度のいい赤外線カメラは、寝返りをうったとき風が起きてホコリや糸くず、小さな虫を撮影しているようです。

夜寝ている様子をはじめて見た時、白い物体が飛んでいることにびっくりする方が多いようです。


ハッキングされて遠隔操作

べビモニターは、別室で赤ちゃんの様子を見守り監視できます。

Wi-Fi接続してスマホから遠隔操作できる機種もあるのです。

スマホからカメラの位置の変更や録画の設定、マイクで話しかけるなど便利な機能がたくさんあると便利なのですがハッキングされて怖い思いをした方もいるようです。

ベビーモニターのパスワードをわかりやすいパソコンのキーボードの羅列(1234QWERや1QAZXSW2)やお子さんの生年月日、Wi-Fiと同じパスワードするなどは避けておいた方がいいです。

ソフトウェアなどは常にアップデートする。

セキュリティーが心配ならネットに繋がないようにして安全な状態で使いましょう。

初心者向けで初期設定、wifiも不要です。購入後すぐに使えるだけじゃなくハッキングの心配がないのがメリットです。※モニターは、出荷時からすでにカメラと登録ペアリング済みの状態です。

過信が怖い

置き場所によってカメラの死角が発生することもあります。

赤ちゃんの声や物音で反応してママにお知らせしてくれても気がつかないこともあります。

別室にいっても安心。家事に集中できる。好きなことに集中できる。と過信していると赤ちゃんがママを呼ぶ動きや声に気が付かないことがあります。

ベビーモニターを購入したから一人の時間を楽しめると過信は危険です。


赤ちゃんから「目を離すのが怖い」という悩みを解決したいからベビーモニターのことを調べてみると、いろんなかたちの怖さを発見できました。


双方向の通話機能があれば別の部屋にいても安心なので「いるか?」の質問には必要だと即答します。

HeimVisionのSoothe3レビュー

HeimVisionのSoothe3 モニターとカメラ

HeimVisionのSoothe3ベビーモニターは、Amazon.co.jp での取り扱い開始日2021/1/31のためレビュー件数は少ないので商品自体を口コミで判断するのは難しいのですが使い勝手のよさと機能が優れていることから注目しています。

販売元は、Dreambig-JPで評価件数は1100件以上、過去12ヵ月間で99%が肯定的となっているためショップの対応はいいようです。

パナソニックのKX-HC705やトリビュートのBM-LTLよりも価格が安いのにAmazonから2021年4月15日(木)までに購入すれば2000円オフのクーポンがついてくるのでお得しかないと感じました。


箱を開けてみると英語と日本語で書かれた取扱説明書と購入のお礼の紙が入ってました。

HeimVisionのSoothe3 箱を開けた状態

本体とカメラは型にはめられているので輸送時の傷も心配なそうです。本体の下側に充電ケーブルなどが入ってました。

HeimVisionの評判

HeimVision(ハイムビジョン)は、ネットワークカメラが評判です。

家庭用のホームセキュリティー全般商品を販売するメーカーです。

HeimVisionのフェイスブックページの情報から設立年月日は2017年だとわかりました。歴史は、浅いですが監視カメラに特化した開発でリソースを集中できるので今後も注目したいと思います。

公式Twitterに公式ホームページと所在地が紹介されていました。Beltsville, United States(アメリカのベルツビル)登録されていました。

プロフィール欄の英語を翻訳すると「スマートホームセキュリティのヒント、レビュー、ニュースを入手してください。」と記載されているのでベビーモニターなどの監視カメラに力を入れているメーカーだと感じます。

HeimVisionを訳すと「家の映像」になるんですが、実は北欧神話の「ハイルダム」になぞってブランド名にしているようです。

ハイルダムは、すごい視力と聴力をもつ北欧の神なのでSoothe3ベビーモニターが使い勝手、評判がいいことがわかる気がします。

スペック

スペック、機能性についてまとめたので参考にしてください。

  • 5インチLCDモニター
  • 音声検知(VOXモード)
  • 音声付き動画を保存可能
  • 可視温度センサー
  • カメラは最大4台まで増設可能
  • 授乳時間管理

Wi-Fiルーターがなくても使えるので面倒な設定もしなくていいんです。

カメラとモニターは、すでにペアリング済みなので箱を開ければすぐに使える状態になっています。

初心者向けママ目線の家電だと感じました。

使い勝手

手のひらサイズの本体

持ち運びしやすい手のひらサイズの本体(ニンテンドースイッチほどの大きさ)に少し離れた場所からも見やすい5インチのモニターが使い勝手がいいです。

重さは、430gと記載があるのでペットボトルよりも軽いので置き場所を変えたい時もストレスに感じません。


赤ちゃんを寝かしつけた後に照明を消しても赤外線LEDライト(暗視機能)によりモニター越しに赤ちゃんの様子を確認することができます。

※暗視カメラの映像は、目が白くちょっと怖いと感じるかもしれません(汗)

録画と通話

赤ちゃんから目を離せないから見守り監視するためだけでなく大切なひと時を録画機能付きのベビーモニターで音声付き動画でmicroSDカードに保存することができます。

少し残念なのは、microSDカードが付属されていないことです。

microSDカードの正規品と並行輸入品の価格を比較

Amazonや楽天市場で正規品よりも安い並行輸入品(バルク品、海外パッケージ品、海外リテール品)について参考にしてください。


本体にマイクがついているから赤ちゃんの泣き声やおもちゃを落としてしまった音など別室からもモニターを通して音でも確認することができます。

便利な機能と使い方

Wi-Fiルーターなしで使えるHeimVisionのSoothe3ベビーモニターは、スマホとペアリングする必要もありません。

HeimVisionのSoothe3 べビーモニターの操作ボタン

本体からすべて操作可能です。

授乳時間は、アラーム設定できるのでスマホで管理する必要がありません。


カメラには、可視温度センサーがついているため赤ちゃんのいる部屋の温度をモニター越しに確認することができます。

※センサーの検知する温度は、100%信じてしまうと怖いです。実際にお部屋にいき体感するのがいいです。


赤ちゃんをリラックスさせたい時や寝かしつけたいときに子守唄や心地よい歌を再生することができます。

HeimVisionのSoothe3の音楽機能を使って子供の好きな曲を見つけることもできます。

赤ちゃんの頭上で回るオモチャ(オルゴールメリー)のような役目も果たしてくれます。

いろんな音楽を流してみて気に入った曲を音量調整してループ再生することもできます。

※時間と気持ちに余裕ががあるときには、ママの子守歌を聴かせてあげたら喜ぶと思います。ぜひ試してください。

置き場所

カメラのサイズ感 カロリーメイトと比較

カメラのサイズは、カロリーメイトと同じくらいの大きさでズボンのポケットに入るほどコンパクトなので置き場所に困りません。

赤ちゃんを見守るカメラは、パン・チルト機構を採用しており360°回転とズームもさせることができます。

垂直方向は、水平から55°まで上向きにすることが可能です。

110°の視野により部屋のどこに置いても見やすいです。


見た目がシンプルでどの部屋に置いてもなじむデザインなので子供が成長したらペットを飼うとき、両親の面倒を見る時も使えます。

生活スタイルが変化しても置き場所に困らないサイズ感と全方位の首振り機能、デザインがシンプルなことから長く使えると感じました。

Amazonの価格

Amazonでは、11980円で販売されています。

期間限定でお得なクーポンを発行しており1万円以下で購入できる場合があるので気になっている方はチェックしてみてください。

Wi-Fi接続やスマホとペアリングせずにすぐにつかえるので出産祝いにも喜ばれそうです。

楽天市場の価格

楽天市場では、ショップ掲載料金が高いせいなのか。中間マージンがかかってしまうためなのか。

最安値のショップの価格は、15000円台でした。

お買い物マラソンやショップ買い回りなどのキャンペーンがない限りAmazonで購入した方がお買い得だと感じました。

Yahoo!ショッピングの価格

Yahoo!ショッピングでは、HeimVisionのSoothe3べビーモニターを取り扱っているショップは1店舗でした。

価格は、17000円前後だったのでTポイントが貯まってない限りAmazonの方がお得です。

メルカリの相場

メルカリですでに売り切れ商品は、10200円で取引されていました。

現在、出品中の商品は、少し値下げされており9250円になっていました。

新品未使用品で9000円台が相場ならAmazonよりも安く購入することができそうです。

ジャンク品は、動作しない商品なので1500円で取引されていました。

Soothe3のベビーモニターをすでに持っていてACアダプタや充電ケーブルなどをなくしてしまった方が部品取り目的で購入したのかもしれません。

メルカリの相場は、1万円から9000円前後でした。

Amazonのクーポンがなければメルカリの方が3000円ほど安く手に入れることができるので検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

怖いという理由は、3つありました。

暗い部屋でもぐっすり寝ているかわかるように赤外線カメラを使っているため画像を見ると目が白くてびっくりすること。

録画や通話機能、温度センサーや子守歌機能など便利な機能があり過信すると泣き声に気が付かなかったなど経験。

Wi-Fiルーターやスマホとペアリングするとハッキングされてしまう可能性があること。


今回、新商品のHeimVisionのSoothe3をレビューしてベビーモニターは、いるか?の質問には即答ではいと答えたいと感じました。

べビーモニターがあると別室から様子をチェックできるので料理や洗濯など家事に集中できるようになります。

初心者向けの商品で、初期設定不要、wifiルーターなし安心して使えるSoothe3で夫婦2人のリラックスする時間を増やしてみませんか。