カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

BOSEサウンドバーSoundTouch300レビュー!音声認識で操作も快適

一体型のサウンドバーのみでホームシアターの魅力を体験してみたいと思いませんか?

f:id:cappuccino0712:20190928144839j:plain
BOSEサウンドバーSoundTouch300

BOSEのサウンドバーSoundTouch300は、音声認識で操作が自由自在で快適です!

CHECK!
  •  サウンドバーSoundTouch300の特徴について
  •  音声認識を使った操作について
  •  さらに楽しむためには、BOSE BASS MODULE 700・BOSE SURROUND SPEAKERSがおすすめな理由
  •  ネックスピーカーでも映画楽しめるのでは?
コンパクト設計でありながら部屋全体を包み込む音と臨場感で4K映画もド迫力で楽しめます。


BOSEの先進的な技術(QuietPort、PhaseGuideなど)が詰め込まれたこのクラス最高のサウンドバーSoundTouch300について特徴についてレビューします。

サウンドバーSoundTouch300の特徴について

一体型サウンドバーの中で最高クラスのSoundTouch300です。BOSEの魅力は、コンパクトな本体から重低音と部屋全体を包み込むサラウンドを楽しめることです。

サウンドバーのみで立体感のある音を作り出せる理由

QuietPort、PhaseGuideが内蔵されていることにより映画の魅力を引き出してくれます。中音域の音が改善される他センタースピーカーとしてセリフが聴きやすくなるなどクラス最高の音質とBOSEらしいコンパクト設計で注目されています。


QuietPortという構造にすることでノイズ、ひずみを低減し重低音を響かすことが出来ます。

PhaseGuide(フェーズガイド)を入れることで本体の両端に反射音作っています。そのためサウンドバーのみで立体的に音が聴こえるようになり部屋全体を包み込む5.1CHホームシアターのように聴こえます。


BOSESoundTouch300は、サブウーファー、フロントスピーカー、リアスピーカーを置きたくない。音は、立体的にしたい方におすすめの一体型サウンドバーです。

商品の詳細については、こちらから確認お願いします。
Bose SoundTouch 300 soundbar ワイヤレスサウンドバー Amazon Alexa対応

コンパクト設計について

主張しすぎない大きさが魅力的です。


設置機器は、サウンドバーのみ場所を取らずどんなテレビボードの上にも収まるサイズです。

BOSESoundTouch300のサイズと重量について
サイズ:H57 mm×W978 mmx x D108 mm
重量:4.7kg


JBL"BAR3.1"サウンドバーとサイズを比較したところ高さはほぼ同じものの横幅は、40mm、小さいサイズとなっています。


横幅が小さいとテレビが目立つことコンパクトに見えることでサウンドバーが高級感が増すなどの効果もあります。

JBL"BAR3.1"のサイズと重量について
サイズ:H58×W1018×D78mm
重量:2.3kg

映画を楽しむならJBL"BAR3.1"ホームシアターも人気です。サブウーファーを設置して重低音を響かせアクション映画を楽しみたい方に。
⇩BOSEサウンドバーSoundTouch300と比較してみてください。⇩
JBL"BAR3.1"映画館の臨場感再現!3.1chホームシアタースピーカー

高級感のあるデザインについて

BOSEは、音にこだわる、スリム化にこだわるだけでなく外観のデザインにまで手を抜きません。


筐体部分は、最高クラスのガラストップを使用しています。スピーカー部分は、メッシュのメタルグリスを使用して高級感ある作りで今時の4Kテレビとよくあうデザインになっています。


Bluetooth機能について


タブレットやスマホに入っている音楽データをBluetooth接続してサウンドバーSoundTouch300を音楽用スピーカーとして使用することも可能です。


BOSEサウンドバーSoundTouch300をWi-Fiネットワークに接続することでいつでも聞きたい時に簡単に再生できる環境を作ることが出来ます。


CHECK!
     このWi-Fiネットワークに接続方法は、BOSE公式サイトのWi-Fiネットワークに接続するー別のセットアップ方法にて説明記載ありますので確認してください。


BOSEのアプリ(SoundTouch)について


BOSEのアプリ(SoundTouch)を普段使っているスマホやタブレットにインストールすることで最近話題になっているサブスク音楽配信サービス(Spotify・GooglePlaymusic・AmazonMusicUnlimited・AWA・LINEMUSIC・楽天ミュージック)やインターネットで配信されるラジオ(radiko.jp・らじる★らじる・リスラジ・TuneIn)などに簡単に操作(音量の調整)が可能になります。

サブスク音楽配信サービスについて♬
     BOSEサウンドバーSoundTouch300を使ってサブスクを楽しみたい方へ。人気音楽配信サービス7社を徹底比較しました。

    サブスク音楽配信サービス比較 プレミアムプランはじめの3か月0円で試せるSpotifyが人気です♬


登録したSoundTouchのオーディオをアプリから操作も可能です。

Bose Skill for AlexaについてBOSE公式サイト引用

Bose Skill for Alexaを使えば、Amazon Alexa対応機器に話しかけて、SoundTouchから音楽を再生できます。Bose SkillはすべてのSoundTouchシステムに対応しています。

どのような音楽配信サービスがBose SkillとSoundTouchに対応していますか?

現時点でBose Skillが対応している音楽配信サービスは、Amazon Music、TuneInです。

音声認識、画像検索の対応機器、サービスは今後増えていきます。現時点では、Bose SkillとSoundTouchに対応しているのはAmazon Music、TuneInのみですが今後利用出来るサービスは増えていくと予想されます。

BOSEのアプリ(SoundTouch)について


AmazonのAlexa(アレクサ)対応機器と接続することで音声操作SoundTouchアプリの操作が可能になり快適です。

f:id:cappuccino0712:20190928150111j:plain
Alexa(アレクサ)対応機器
出典:Amazon

音声認識で音楽の再生はもちろん、音量の調整、音楽リストの表示など声だけで自由自在に操作出来るようになります。


料理しながら音楽を変更する、音量の調整、停止も可能です。


我が家では、音声認識機器としてGooglehomeminiを使っています。スマホに入れた音楽やYouTubeの曲を流すことが音声認識機能を使い慣れると手放せなくなるほど便利です。「OKGoogle」音量下げて。音楽止めて。など声で操作やYouTubeの曲を聴くこと指先の操作不要で出来ちゃいます。


最新家電を購入検討されている方は、BOSEサウンドバーSoundTouch300のように音声認識が使えるか。音楽の再生、停止、曲情報の確認が声のみで操作可能か確認されることおすすめします。

サウンドバーSoundTouch300をよりいい音にするには


BOSEの技術(PhaseGuide)で音を立体的に響かせることが出来るのでサウンドバー単体で重低音は4K映画を引き出す響きに。中音域のバランスも改善されセリフも聞きやすくなる。そんな魅力的なサウンドバーですが。いくらいい音でも聴き慣れてしまうもの。


より映画のサラウンドを楽しむにはサブウーファーやリアスピーカーを追加、組み合わせてパフォーマンスをアップすることも可能です。

聴きたい音楽や映画は重低音メインならBOSE BASS MODULE 700を追加


BOSE BASS MODULE 700は、大迫力の重低音が楽しめるサブウーファーです。


リビングにサブウーファーの設置場所がある。聴きたい音楽や映画は低音をメインに考えている方におすすめです。


サウンドバーSoundTouch300に簡単に接続でき外観も同じガラストップ仕上げなのでマッチします。

ソファに座って映画館体験できるBOSE SURROUND SPEAKERSを追加


一体型サウンドバーをBOSEの技術(PhaseGuide)で立体的に響かすことで部屋中に音を包み込むような感覚で聴くことが可能なSoundTouch300です。


実際の音は、サウンドバーから鳴るものでよりこだわりたい方はリアスピーカーを追加することおすすめです。


超小型スピーカーながらハイパワーなサラウンド効果でソファに座ったまま映画館で聴くような立体的な音を楽しむことが出来るスピーカーです。

5.1CHホームシアター化:サブウーファー、リアスピーカー両方追加


サブウーファーBOSE BASS MODULE 700とリアスピーカーのBOSE SURROUND SPEAKERSを両方追加することで迫力の重低音と部屋全体を包み込むような音になります。

BOSE BASS MODULE 700とSURROUND SPEAKERSを組み合わせることでサウンドバーSoundTouch300にワイヤレス接続することが可能です。


同じBOSEは、ONKYOやDENON、ダリなどと音が違うので同じブランドで組み合わせた方がいいと言われています。


ONKYOで3.1CHフロントスピーカー、ウファ―、アンプを組みましたがワイヤレスでないため配線の取り回し、高音質にするための配線選びなど苦労いまでも部屋内配線だらけで困ってます。ホームシアターシステムからワイヤレス通信可能なBOSEサウンドバーに買い替え検討中です。

ネックスピーカーでも映画楽しめるサウンドバーと比較


最近のネックスピーカーは、音楽も映画の視聴もいい音、低音時に合わせて振動する機能(パッシブラジエーター)がありBOSEサウンドバーSoundTouch300を買わずにネックスピーカーのみ映画館のような音を楽しむことが出来る機種が増えました。


ソニーSRS-WS1は、低音時の振動を頸椎で支える構造でより迫力ある体感に。

シャープのAN-SX7Aも音の迫力を振動で伝える没頭タイプのネックスピーカー。トランスミッターで2台接続可能。

JBLのSOUNDGEAR BTAは、スピーカーが31mmドライバーで大きいこと。出力が3Wと大きく振動なしで大迫力。シャープ同様、トランスミッターで2台接続可能。


ネックスピーカーを買うだけで映画館疑似体験出来るのでおすすめなのですが複数の方が同時に楽しむならJBLのSOUNDGEAR BTAもしくはシャープのAN-SX7Aでトランスミッターを利用し2台接続するしかないんです。


CHECK!
     1~2人で映画や音楽を楽しむならネックスピーカーがおすすめです。人気のネックスピーカーについて比較しまとめました。

    スマホもテレビの視聴もバランスがいいJBL SOUNDGEAR BTA

    ホームシアターシステム構築しなくても迫力の音質を体感できるSONYのSRS-WS1パッシブラジエーターが低音時振動します。

    マイク搭載でGoogleアシスタント機能も使えるシャープのAN-SX7ABOSE

    ネックスピーカーがあればお金をかけずに迫力のある音を楽しむことが可能になります。


家族で一緒にリビングで本当にいい音を楽しむならBOSEサウンドバーSoundTouch300などでホームシアター化おすすめです。

BOSEサウンドバーSoundTouch300:まとめ


今回は、BOSEサウンドバーSoundTouch300レビューさせていただきました。


AmazonのAlexa対応機器と接続すると音声で手軽に操作できるのが魅力的だと感じました。


映画のサラウンドが向上、テレビ番組、ニュースのセリフも聞きやすくなるなどのメリットもあります。


一体型でバー1つのみで設置性の高さも魅力的です。


PhaseGuideの疑似的反響技術があるのでサウンドバーSoundTouch300だけで部屋全体を包み込む音体感出来ますがさらにクオリティーの高い音を求めたい方は、サブウーファー:BOSE BASS MODULE 700とリアスピーカー:BOSE SURROUND SPEAKERSの追加おすすめです。


BOSEのコア技術によりコンパクトながら4K映画の魅力を120%引き出すことが可能なBOSEサウンドバーSoundTouch300いま一番注目しています。


今回紹介させていただいた商品はこちらです。


いま私が一番気になっているホームシアターシステムのBOSEサウンドバーSoundTouch300レビューしました。音声認識で操作も快適なので映画、YouTube動画などストレスなく楽しめます。
ホームシアターシステムや4Kテレビが好きでAV家電をカプーノのブログにまとめてます。各記事のもくじ一覧ページからチェックしてください。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~


最新のAmazonデバイス。スマートスピーカーのEcho全7モデルのスペック(音質、機能)を比較しました。
Amazon Echo(アレクサ)おすすめモデルは?基本スペックを比較