カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

カセットテープのデジタル化!MP3変換プレイヤーで簡単に音楽ファイルに変換

カセットテープのデジタル化を検討している方へ。
録音していた大切な音楽を出来るだけ簡単にMP3化して保存しておきたいと思いませんか?


熱や湿気に弱いので保管状態が悪いとテープが伸びてしまったり磁気が消失する可能性があります。カビてしまい聴けない。。。そうなる前にMP3変換器を使いデータ化しておくことおすすめします。

カセットテープが主流だった方は、少し年齢層が高いのでパソコンに接続するなど手間をかけたくない方も多いはず。

大好きなカセットテープをなかなか捨てられずに保管場所にも困っている。。。カセットをデジタル化しておけば永久保存が可能です。今回紹介するMP3変換プレーヤーは、microSD対応なのでいまお持ちのスマホ、ウォークマンなどで聴くことも可能です。

f:id:cappuccino0712:20190928181639j:plain
MP3変換プレイヤー カセットテープのデジタル化
出典:Amazon

今使っているノートパソコンやデスクトップパソコンに合わせてUSBメモリタイプとSDカードタイプが選べるMP3変換プレーヤーAiteFeir MP3変換プレーヤーについて紹介します。

こんなことに困っていませんか?
  •  大切なカセットテープをデジタル化したいがおすすめのMP3変換プレーヤーがわからない
  •  カセットテープ⇨MP3ファイル作成の仕組みを知りたい
  •  1台で再生も書き込みも可能なMP3変換プレイヤーを知りたい

カセットテープをデジタル化MP3変換プレイヤーでするメリット

カセットテープをMP3などへデジタル化するメリットは、1つ1つ違うカセットテープの状態を永久保存出来ることです。ずっとカセットテープで聴いていたいけど年々状態も悪くなっていき聴けない状態になってしまう可能性もあります。

聴けば聴くほど味わいがあると言われているカセットテープいまの状態をデジタル化しておけばいつでもスマホやオーディオプレイヤーで楽しむことが出来ます。


いまは、好きな音楽を配信サービスからMP3化してしまえばスマホやハイレゾDAP(デジタルオーディオプレイヤー)でいつでも高音質の音楽を聴くことが可能ですがレコードと同じように温かみのある音色で注目されているカセットテープ1つ1つ音が違うということでデジタル化しておきたい方が増えています。

パソコンの接続不要でポータブルの変換器で操作が簡単なMP3化出来るAiteFeir MP3変換プレーヤーならカセットを入れてボタンを押すだけなので機械の操作がストレスに感じる方にもおすすめです。

AiteFeir MP3変換プレーヤーの特徴について

保存したデータは、microSDとUSBメモリ対応の2種類があるのでスマホやオーディオプレイヤーでも聴くことが可能です。

曲の始まり、終わりを判断する無音部分から曲を自動的に分割してくれます。もちろん、手動設定も可能ですので好きなところで曲の区切りをつけることが出来ます。


MP3化することで半永久的に音楽を保管出来ること。

AUX端子対応のMD、ラジオ等もMP3にデータ変換出来るので若かった頃に聞いていたカセットテープやMDのデータ整理におすすめの MP3変換プレイヤーです。

CHECK!
     いままでラジカセで聴いていたけど対応メーカー、機種が限られてきました。CDとカセットの最新型TEAC(ティアック)AD-850は、音響機器メーカー「ティアック」は、未だにアンプやスピーカーと接続するカセットデッキを販売してくれていますがこのような老舗メーカーが減っている以上大切な音楽をデータ化しておくことおすすめします。

AiteFeir MP3変換プレーヤーのファイル作成のしくみについて

AiteFeir MP3変換プレーヤーのファイル作成のしくみは、カセットテープを入れると直接音楽ファイル作成できるプレイヤーなのでパソコンに接続する必要がありません。
カセットテープとAiteFeir MP3変換プレーヤーさえあればMP3ファイルを作ることが可能です。

ファイル作成の仕組み

カセットテープ
AiteFeir MP3変換プレイヤー
MP3ファイル

AiteFeir MP3変換プレーヤーの使い方について

AiteFeir MP3変換プレーヤーを使ってMP3ファイルを作成する前に確認しておきたいこと⇨その後録音してデジタル化(MP3ファイル作成)となります。


①カセットテープの状態を確認します。

  • テープの状態を確認しゆるみがあれば鉛筆、太めのボールペンなどを使い巻き取りゆるみをとります。
  • 付属のイヤホンを接続し正常に再生が可能かプレイヤーの動作確認をします。


②録音してデジタル化します。

  • 録音したデータが保存出来るUSBメモリもしくはmicroSDカードを接続します。
  • 録音ボタンを押します⇨録音、書き込みを行います。

テープの状態確認後、ポータブルの変換プレイヤーで録音ボタン押すだけでデジタル化出来るのでパソコンは不要で操作も簡単です。


大切な曲、思い出のカセットテープをデジタル化して半永久的に保存したい方。AiteFeir MP3変換プレーヤーおすすめします。


ナショナル、サンヨーなどのカセットデッキについて

思い出の曲をデジタル化するのもいいけどやはり懐かしいラジカセで聴いてみたいという方に当時ヒットしたナショナル、サンヨーなどのカセットデッキについて調べてみました。

ヒットしたラジカセ、カセットデッキ一覧

  • サンヨー U4-S12 オートリバース機能が注目された機種です。テープが巻き終わると自動で逆転するのでテープの残量をずっと確認する必要がなく頭出しが楽です。
  • パナソニック RX-FS21 音質にこだわったラジカセでした。ステレオとモノラルの切り替えが出来てテープもこだわり(SONYのハイポジなど)を持つ方が増えた機種です。
  • ナショナル RX-5150 無音部分の自動検出(Tape Program Sensor)が可能になり好きな曲の頭出しが楽になった機種です。※1981年発売のカセットデッキです。
  • ビクター PC-11 FM・テレビ・AMチューナーの接続が可能なハイスペック機種でした。※1981年発売のカセットデッキです。
  • サンヨー MR-WU4 ダブルデッキでテープ間の録音が可能になった機種です。ダブルユーフォ―と呼ばれていました。※1982年発売されました。
  • ナショナル RQ-559 好きな音楽を設定した目覚ましとスリープ機能で注目されたカセットデッキです。※1978年に発売されました。
  • TEAC(ティアック) AD-850  CDとカセットデッキの最新型 電機的にヘッドを押し上げる安いデッキが多い中ヘッドの位置を電気的に制御するロジックメカ採用されています。※ヘッドの精度や音質にこだわりのあるメーカーです。 

Amazonで購入出来る生テープについて

国内メーカーで唯一カセットテープの生産と販売を継続されているのがマクセルさんでした。材料の高騰も言われている中継続されていることに驚きました。

マクセルは、1966年に初めて国内でカセットテープを製品化したこともあり会社の熱意を感じられました。

Amazonで購入できるカセットテープ一覧

maxell 録音用 カセットテープ ノーマル/Type1 60分 UR-60L ノーマルテープでも十分な音質です。音の広がりを感じられるコスパのいいカセットテープです。

TDK CDing2 46 ハイポジ カセットテープ CD2-46L 少しこもった音に聴こえるとコメントもあり価格は安いけどと少し悩んでしまうカセットテープです。
SONY ハイポジUX46 高音域に伸びがあると評価されていますがノーマルテープと違いがあまり感じないとのコメントもありました。
SONY CDix IV Metal 54 メタルテープ=高音質というイメージで価格も高いですが価格と見合うだけの音の広がり、音質が得られるか検討したほうがよさそうです。


いま現在もマクセルは、生産、販売されていてカセットテープの価格も安いUR-60Lは音の広がり、奥行きもあり高音質、コスパのいいカセットテープだとわかりました。

カセットテープのデジタル化!MP3変換プレイヤーで簡単に音楽ファイルに変換:まとめ

CDやDVDと比較すると長期間の保管が難しいと思われているカセットテープですが高温多湿の場所や磁気を避けること、直射日光に当てないこと、テープが絡まないように巻き取って保管することで管理条件が良ければ長く保管することも可能です。


しかし、カセットテープのアナログデータは、いつ磁気やテープのからまり、カビなどで聴けなくなってしまうかわかりません。。。

録音した大切な曲、思い出の音楽をAiteFeir MP3変換プレーヤーでデジタル化音楽ファイルに保存しておけば半永久的に聴くことが可能です。


カセットテープが伸びて聴けなくなってしまう前にMP3化して取り込んでおくぜひ検討してみてください。


カセットテープのデジタル化するには、パソコン不要のMP3変換プレイヤーがおすすめです。簡単に音楽ファイルに変換できるなら若かった頃聴いていた懐かしい曲をデジタル化してスマホにMP3で保存リストとして聴くことも可能です。


カセットテープやビデオテープなどのアナログデータを簡単にデジタル化出来る方法をブログで紹介しています。カプーノ記事一覧ページから確認ください。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~