角度調整が可能な【モバイルプロジェクター】天井をスクリーンにして寝ながら映画楽しむ

天井がスクリーンになるandroid搭載モバイルプロジェクターAnker Capsule Proを紹介します。

寝室が最強の空間に。寝ながら映画楽しむことが可能です。

コードレスだからいつでもどこでも使えるモバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proの特徴楽しみ方についてレビューします。

寝る時の時間を楽しみたい方も多いはず。私もその1人でスマホで好きなアーティストのYouTube動画を寝ながら楽しんでいます。

ただ、寝ながら小さな画面で動画を見ると目も疲れるしスマホを持ちながらの態勢もきつくなってくる。

天井がスクリーンに出来るプロジェクターがあればベッドの上で寝ながら好きな映画やYouTube動画を楽しむことが出来るのではないかと思いました。

モバイルプロジェクターのAnker Capsule Proならコードレスで持ち運び、移動が自由なこと。Netflixなどの動画がデフォルトでインストールされているのですぐに楽しむことが出来る。

天井をスクリーンにすることが出来るならホームシアターシステムのテレビにこだわる必要もないし普段生活している環境から違った体験が出来る。

小さなお子さんがいる家庭なら寝る前の楽しいひと時もモバイルプロジェクターで体感することが出来ます。

天井をスクリーンした時のモバイルプロジェクター選ぶポイント

天井をスクリーンした時のモバイルプロジェクター選ぶポイント

 

  •  互換性について
  •  小型で角度を変更可能
  •  持ち運びしやすいサイズ
  •  天井スクリーン大画面。投影サイズは100インチ以上
  •  部屋内を包み込む360°スピーカーであること
  •  NetflixやYouTubeも楽しめるか

モバイルプロジェクターの種類はたくさんあり角度変更、サイズ感で使いやすさはかなり変わってきます。

天井スクリーンで映画や動画楽しむなら大画面100インチ以上がおすすめです。

別途接続するホームシアターシステムを用意せずに楽しめるように部屋内を包み込む360°スピーカー内蔵なら理想ですね!

モバイルプロジェクターのAnker Capsule Proは、android搭載でNetflixやYouTubeインストールされていてすぐに使え上記の天井をスクリーンした時のモバイルプロジェクター選ぶポイントすべてクリアしています。

角度変更が可能

一般的なプロジェクターは、平面に置き壁に投影するタイプがほとんどです。もちろんモバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proも壁に投影し映画や動画配信サービスを楽しむことが可能です。

モバイルプロジェクターAnker Nebla Capsule Proを倒すことで天井がスクリーンになり映画を楽しむことが出来ます。

Manfrotto ミニ三脚 PIXIが人気です。Manfrottoのロゴボタンを押すと角度調整が可能簡単に角度変更が出来て天井をスクリーンにすることが可能です。

小型の三脚なので場所をとらない。天井スクリーンのためプロジェクターを固定したときにも気になりません。

モバイルプロジェクターの固定だけでなく、ミラーレスカメラ、ビデオカメラ、スマホの固定もManfrotto ミニ三脚 PIXIなら出来るので天井スクリーンのための三脚だけでなく他用途でも使えコスパもいい商品です。

モバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Pro:互換性について

モバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proは、様々なデバイスに互換性があるので天井をスクリーンにした時楽しめます。

HDMIケーブルでブルーレイディスクプレイヤーやプレイステーションと接続する。USBフラッシュドライブで映像や動画を楽しむ。Wi-Fi機能でAndroidスマホやタブレット、Apple製品のiPhoneやiPadと接続し端末内の音楽や動画も楽しむことが出来ます。

サイズ感について

モバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proのサイズは、缶ジュース1本くらいのての手のひらサイズで持ちやすいです。

寝室で天井スクリーンを寝ながら楽しみたい場合、大きなプロジェクターだと身体に当たりストレスになることも。

ベッドやマットレスの横に小型のManfrotto ミニ三脚 PIXIなどで固定すればプロジェクターがあることも気になりません。

投影サイズと画質などについて

投影サイズは、最大100インチもあるので大迫力。天井スクリーンにした場合、寝室が最強の空間になります。

画面サイズが大きくなるにつれて気になるのは画質です。映像の質が落ち粗くなると寝ながら映画を楽しむことが出来ません。

モバイルプロジェクターのAnker Capsule Proは、 DLPの先進的なIntelliBrightアルゴリズムにて画質が従来品よりも向上し鮮明にうつす表現力が高いです。

明るさは、150 ANSIルーメンと従来品と比較すると1.5倍になり大画面100インチサイズで映画や動画も見やすくなりました。

部屋内を包み込む360°スピーカー

全方向性スピーカーなので部屋のどこにおいても臨場ある音を楽しむことが出来るモバイルプロジェクターです。

天井スクリーンで大画面、音は、ホームシアターシステムのスピーカーを接続やBluetooth機能のスピーカー接続で寝ながら映画や動画を楽しむ環境を作るとなるとお金がかなりかかってしまいます。

部屋内を包み込む360°スピーカーがモバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proには搭載されているので立体感のある音をプロジェクターのみで楽しむことが出来ます。

Bluetoothスピーカーとしても使用可能

プロジェクターとして使用するだけでなくBluetoothスピーカーとしても使うことが可能です。

スピーカーは、5Wあり全方位なので大迫力スマホやタブレットとペアリングすれば音楽を聴くためのツールとしても楽しめます。

Bluetoothの規格は、最新規格の4.0デュアルモード / A2DPです。省電力で高速通信が可能なことがメリットです。

Bluetooth機器を選ぶポイントについてBUFFALOの公式サイトが参考になります。

Android搭載でNetflixやYouTube楽しめる

Android 7.1搭載していますので初めからNetflixやYouTubeなどの動画配信サービスがインストールされています。

Androidのスマホ画面を大きくしたイメージでいろいろなアプリも楽しむことが出来ます。

寝ながらYouTubeで子供達と好きなお笑い番組を見る。アーティストのMVを楽しむことも可能です。従来品よりもメモリの性能がアップしたことで動作が早くなり動画視聴、操作も快適になりました。

充電時間が2.5時間でフル充電出来て動画再生は4時間も楽しむことが出来ます。

モバイルバッテリーなので寝室の端にあるコンセントまで届かなく再生が出来ない。。。なんてストレスなしです。

フル充電さえしておけば設置したい場所に置き半日は楽しめますので寝る前のひと時、動画再生時電源が落ちてしまうことはありません。

音楽再生時間は、30時間で1回の充電で1日以上聴くことが出来るので充電には困りません。Bluetoothスピーカーとして充電なしで長時間使えるので寝室だけでなくキャンプなどの電源コンセントがとりづらい場所でも活躍します。

天井スクリーン以外にも。キャンプで楽しめるプロジェクター

モバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proは、小型で持ち運びしやすい。全方位スピーカーでどこにおいても部屋を包み込むような音で聴こえる。そして、100インチクラスの大画面で投影可能なので通常使用するプロジェクターとしても大活躍します。

リビングのテレビが少し小さい。大画面で映画を見たい時にもAnker Nebla Capsule ProをブルーレイディスクレコーダーにHDMIケーブル接続するだけで映画館のようになるのでリビングのホームシアター用プロジェクターとしてもおすすめです。

また、フル充電しておけば動画再生は4時間、音楽再生時間は、30時間使用可能なのでコンセントがないキャンプ場で投影し映画を楽しむことやゆったりとした音楽を聴くことも可能です。

アウトドア、キャンプで楽しむなら携帯に便利な収納ケースが必要です。上部には、持ち運びする時に便利なストラップ付。中の収納には別ポケットにUSBケーブルやHDMIケーブル、リモコンを収納可能です。
AmazonでモバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proと同時購入される方が多い商品です。

キャンプで楽しめるランタンスピーカーボトルを紹介

キャンプなどアウトドアで必ず役に立つ商品としてROOT PLAYFUL BASEランタンスピーカーボトルもおすすめです。

この1商品だけで照らす・響かす・飲めるが出来ちゃいます。

  • ハンドライトとして照らす。
  • Bluetooth4.2に対応のスピーカー機能を搭載しているのでコードレスで音楽を響かすことも可能。
  • 本体の2/3がドリンクボトルになっているので飲める

まとめ

今回は、天井がスクリーンにモバイルプロジェクターで寝ながら映画楽しむことが可能なモバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proについて紹介しました。

天井をスクリーンした時のモバイルプロジェクター選ぶポイントとしてAnker Capsule Proが適した商品です。

  • 様々なデバイス(ブルーレイディスクやスマホなど)に対応し互換性が高いこと。
  • Manfrotto ミニ三脚 PIXIなどに固定することで角度を変更可能
  • 持ち運びしやすいサイズでジャマにならないサイズ感。
  • 天井スクリーン大画面が楽しめる投影サイズは100インチ以上。
  • 部屋内を包み込む360°スピーカーで迫力ある音。
  • Android7.1搭載でNetflixやYouTubeも楽しめながら族が虜になる。

当然、壁に投影することも可能でホームシアターシステムの組み合わせ大型スクリーンのプロジェクターとして使うことも可能です。

Bluetoothスピーカーとしても利用可能で音楽も楽しむことも可能です。

動画、音楽再生時間が長いのでアウトドアでも楽しめるモバイルプロジェクター映画や動画配信サービス、音楽視聴よくする方におすすめの商品です。

今回、紹介したモバイルプロジェクターのAnker Nebla Capsule Proはこちらです。

モバイルプロジェクターならAnker Nebla Capsule Proなら天井スクリーンで寝ながら子供達と映画を楽しむことも出来ちゃいます。
ブログに映画楽しめるハイセンスの4Kテレビ使ったホームシアターシステムのことやBOSEサウンドバーについてカプーノにまとめてます。