【カフェの味に負けない】おすすめのコーヒーメーカー比較|手間がかからない最新マシン

ネスレのサーコロが家でコーヒー飲む時、美味しくて簡単に作れるので気に入ってたけど1杯100円ほどするからコスパが悪かったのが悩みでした。

家にいながら有名なカフェに負けない手間のかからないコーヒーメーカーが欲しい。

2020年の最新マシンは、コーヒー豆からこだわり、挽く、計る、沸かす、淹れるといったハンドドリップ以上ともいえる手軽に美味しく飲めるコーヒーメーカーが揃ってました。

しかも、キッチンになじむシルバーや高級感ある艶消しブラックのカラーがインテリアとしてもおすすめです。

シンプルでこれは使える!って思えた最新コーヒーメーカーを比較します。

最新コーヒーメーカーの特徴

数年前までは、家電の中でコーヒーメーカーは、買うと失敗すると言われてました。

この理由は、手間がかかる上フィルターなどのメンテナンスも大変。コーヒーメーカーでカフェのような風味を引き出すことは難しかったからです。

簡単に美味しいコーヒーを作るには、ネスカフェのドルチェグストなどのカプセルをセットするタイプを選ぶしかなかったかもしれません。

家電メーカーは、製造技術に注力し抽出温度や蒸らし時間など細かな設定は、〇〇監修や有名カフェとコラボし話題を集めたり開発リソースを最適化したことで2020年最新のコーヒーメーカーの特徴は大きく変わりました。

抽出技術にこだわった機種やプロのハンドドリップを忠実に再現し機種。適量のお湯がムラなくドリッパーで1杯でも1度にたくさん作っても美味しいコーヒーメーカーなど揃ってきました。

デロンギ クレシドラICM17270Jの口コミ

デロンギ クレシドラICM17270Jのすごいこだわっているところは、抽出技術です。

抽出器具の性能を厳しく検定するECBC認定の抽出技術を採用。

ホットコーヒーは、温度で風味が多少ごまかせちゃうけどアイスコーヒーを飲んだ時に深いコクや香りを味わえるのは抽出方法のこだわりがあるからです。

発売が2020年3月13日だったので口コミがまだ少ないですが雑味が少ない味が特徴でアイスコーヒーをお家で美味しく飲みたいならデロンギ クレシドラICM17270J、一択だと感じました。

砂時計をイメージしたようなデザインとオシャレなグラス、ダイニングをオシャレにすればスタバやカフェバッハにいるかのような感覚になれるドリップコーヒーメーカーだと感じました。

【CM-D457B】レビュー|カフェ・バッハ監修の全自動コーヒーメーカー

スッキリとしたフォルムが話題となり日本とヨーロッパでデザイン賞を受賞しています。

サイズ・スペック
  • 幅:190mm
  • 奥行:285mm
  • 高さ:335mm
  • 容量:1.5L

イッタラなどのオシャレなグラスに氷をたくさん入れて蒸らしながら抽出したコーヒーを注ぐと香りが立つおすすめのコーヒーメーカーです。

e angle ハンドドリップコーヒーメーカーの口コミ

ハンドドリップのコーヒーがなぜ香りが引き立つのか。バリスタの世界で有名な岡田章宏氏監修から誕生したコーヒーメーカーです。

e angleというメーカーは、まだ認知度が少ないためにあの岡田章宏氏が監修したということからANG-HD-A8-K以外のおすすめ家電をチェックする方も増えているようです。

シロカもサイズ感を改善し場所を取らないコンパクトな全自動コーヒーメーカー「カフェばこ」他社が真似できない魅力的な商品開発するなど大手家電メーカーが対応出来ないようなスピード感を感じました。

シロカの全自動コーヒーメーカー【カフェばこ】レビュー

テレワークで家にいることが多くなる。

カフェに負けないコーヒーを家で楽しみたい方向け機種の開発。

数ヶ月後のニッチな需要を読み取り知見のある方とコラボして話題作りと確かな商品の開発は見習うべきところがたくさんあります。

プロのハンドドリップは、「の」の字を描くようにお湯を注ぐと言われています。これは、粉にまんべんなくお湯がかかるようにしてムラのないドリップをするためです。

ドリップ部分が360度回転する構造、抽出温度、蒸らし時間などの設定など出来るので岡田章宏氏が作った味を再現出来てると話題になっています。

正確にコーヒーの粒を揃えて豆を挽くために燕三条製のフラットカッターミルを採用し風味を引き出す工夫もされています。

サイズ・スペック
  • 幅:160mm
  • 奥行:370mm
  • 高さ:375mm
  • 容量:450mL

デロンギ クレシドラICM17270Jと比較すると1回あたりにコーヒーを作れる量が少ないのがデメリットに感じました。

価格は、ANG-HD-A8-Kの方が「の」の字を描くハンドドリップの構造やフラットカッターミル、抽出温度の細かな調整など機能がある分、1万円以上高くなるイメージです。

アクアウィズの使用した感想

最適な抽出コントロールを設定できる最新マシンを購入するか最後まで悩みましたがコスパが悪いと感じてネスカフェのサーコロから買い替えしたのがアクアウィズです。

アクアウィズ バリスタ

南アルプスの天然水のようなまろやかな飲み口が特徴のアクアクララのウォーターサーバーとネスカフェのバリスタがコラボしたコーヒーマシン搭載モデルです。

単体でバリスタを購入すると6000円ほどするし設置スペースも考えなければいけない。

アクアウィズならあんしんサポート代は、少し高いけど手間がなくスイッチ押すだけですぐにコーヒー飲めること。一杯あたり20円というコスパに魅力を感じ申し込みました。

アクアウィズの使ってみた感想は、香りが部屋中に微かに広がるので子供達が帰宅したときカフェに来たみたいとよろこんでくれたこと。ジュースの飲む回数が減ったことがメリットに感じました。

まとめ

家で過ごす時間が増えたことから超有名カフェに負けないコーヒーマシンの開発商品化され市場に揃って来ました。

最新のコーヒーメーカーの口コミを確認してみるとアイスコーヒーでも味わえる深いコクも再現できる機種もあるので手間と時間をかけたハンドドリップ以上の味が自宅で手軽に体験できる環境になってきたと思いました。