【Dyson Micro1.5kg】SV21FFレビュー|史上最軽量はウソじゃない!?サイズ感、取り回しのいいスティッククリーナー

ダイソンのスティッククリーナーは、「吸引力はすごいけど重たい」とイメージする方が多いのではないでしょうか?

今回シリーズ最軽量のDyson Micro1.5kgが発売されこれまでの弱点を解消した機種が発売されました。

サイズ感、取り回しが楽。使い心地はバツグンなどいい口コミが多いけど吸引力やバッテリーの持ちごみ捨てなどの使いやすさも気になるところです。

今回は、ワンルームや2LDKほどのアパートやマンションにおすすめのDyson Micro1.5kg(SV21FF)についてレビューします。

  • Dyson Micro1.5kgのスペックを知りたい。
  • フローリング・壁際・カーペットなどの吸引力について
  • 操作性、ごみ捨てなどの使いやすさ
  • バッテリーの持ち
  • ヘッドの構造と大きさ
  • サイズ感と取り回し

Dyson Micro1.5kgの特徴

Dyson Micro1.5kgの特徴は、シリーズ最軽量(1.5kg)なのでとにかく軽い長時間掃除しても疲れにくいことです。

ヘッドはスリムで小さく取り回しがバツグンであることと本体の持ち手の部分が女性の腰あたりに設計されているのでスムーズに腕を動かせるように工夫もされています。

レバーを引くだけでダストボックスのフタが開く構造になっているので手が汚れないことや運転や停止の操作はトリガーからボタン式に変更になったので使いやすさも大幅に改善されています。

ひらめいた表情の女性
充電時間3.5時して最長20分のバッテリー容量からワンルームや2LDKの住宅ならメインの掃除機の候補となりそうな1台です。
かぷーのキャラ 喜んでいる表情
一人暮らしの女性が「こんなスティッククリーナー欲しかった!」と絶賛する理由は、史上最軽量という軽さだけでなくヘッドや本体の構造をこだわったことで使いやすさ、サイズ感、取り回しのよさを実現できました。

Dyson Microのスペック

日本の住宅向けに開発されたV8スリムが小回りがきいて軽い機種なのでスペックを確認してみました。サイズ(W250×H210×D1123mm)重量(2.15kg)でヘッドが小さいのが特徴で使いやすいと評判でした。

Dyson Microのヘッド

Dyson Microは、V8スリムよりさらに女性の使い勝手を考えて軽さと構造にこだわったスティッククリーナーです。

商品名Dyson Micro(SV21FF)
サイズW207×D1091×H222mm
重量1.5kg
運転時間最長20分(エコモードで駆動のないツール使用時)
充電時間3.5時間

バッテリー容量は、最長20分とDigitalSlimシリーズと比べると半分ほど時間になるので少ないと感じるかもしれません。

その分価格が抑えられているし軽くて取り回しが楽なのでワンルームや2LDK向けにおすすめのスティッククリーナーと言えます。

ヘッドは、スリムでコンパクトなので腕が疲れにくいです。回転ブラシは、カーボンファイバーになっているのでフローリングの掃除におすすめです。

サイズ感と取り回し

Dyson Microの本体の高さは、1091mmとなっており女性にとってちょうどいいサイズ感に設計されています。

持ち手の部分は、背の低い女性が腰を曲げずに操作できる位置にあります。

マキタのコードレス掃除機のCL107FDSHWは、軽量で手や腕の負担が少ないと評判ですがDyson Microは、ただ軽いだけでない取り回しの良さもありこれまでの弱点(吸引力はあるけど重たい)を解消した機種と言えます。

使いやすさにこだわった構造

Dyson Microは、ワンルームや2LDK向けにおすすめのスティッククリーナーとしておすすめの機種です。

メインに使うのは女性であることから使いやすさにこだわった構造も魅力的です。

操作は、トリガーからボタン式へ変更

いままでのダイソンは、トリガー式だったため操作性が悪い。使いにくいという口コミありましたがボタン式スイッチになったので指が疲れないと評判です。


ごみ捨てはワンタッチ式で使いやすい

一人暮らしの女性をターゲットにしたスティッククリーナーだからごみ捨てはワンタッチで使いやすくないといけません。

ダストボックス横にある赤いレバーを引くとフタが自動開閉する構造になっているので操作がとても簡単でごみに触れずにそのまま捨てられる構造も魅力的です。


毎日生活していると部屋の壁際やコーナーなどに目に見えないほこりがたまってしまうものです。

コンセント不要で軽くて持ち運びも簡単。無理なく動かせるサイズ感であることからほこりやごみが気になった時に活躍するスティッククリーナーです。

ダイソンだから実現できる吸引力

Dyson Microは、超最軽量であることから使い勝手がいいことで女性に人気ですが気になるのはダイソンの代名詞でもある吸引力が落ちてないかです。

男性のキャラ 喜んでいる表情
実際に家電量販店の実機で吸引力を確認してきたのでレビューします。
フローリング目地の部分まで吸引できました。
壁際何度かヘッドをコーナーに当てると完全に吸い取ることができました。
カーペットDigitalSlimシリーズと比べると吸引力が落ちると説明がありましたが問題ないレベルでした。

集塵力の確認は、実機を使って試した結果カーペットや絨毯の繊維についた粉は短い時間で表面の色は変わるので流石と思いました。

フローリングはわずか数分でキレイになったので普段の掃除に活躍しそうです。


運転モードは、標準とMAXモードの切り替えができるのでカーペットに砂糖やコーヒーの粉、消しゴムのカスなどこぼしてしまった時はMAXモードで掃除すればキレイにすることができそうです。

いずれの運転モードも大きめな音はするけど不快な感じはしませんでした。

まとめ

ダイソンのスティッククリーナーは、吸引力で選ぶ方が多かったのではないでしょうか?

今回、Dyson Microが1.5kgと史上最軽量の機種が登場し構造も見直され女性が使いやすいサイズ感にこだわりを感じました。

ヘッドは、スリムになっているので取り回しが楽になったので2LDKくらいのお家ならコード式の掃除機に変わるメイン機になるのではないかと思います。

デザインもオシャレでお部屋のインテリアに合うDyson Micro一人暮らしの女性へ自分へのご褒美にぜひ検討してみてください。