e-soda(イーソーダ)レビュー|持ち運び可能な炭酸水メーカーの口コミ、デメリットは?

数ある炭酸水メーカーの中で安くておしゃれと評判になっているe-soda(イーソーダ)。

500mlのペットボトルなら1本あたり約18円で炭酸水を作ることができます。コンセント不要で軽くて持ち運びができるためアウトドアでも活躍できます。

こちらの記事では、機能性にも優れた炭酸水メーカーのe-soda(イーソーダ)特徴や使い方をレビューします。

デメリットも徹底調査しました。わかりやすく紹介します。

公式サイト自宅で作る炭酸水【e-soda】

e-soda(イーソーダ)とは

e-soda(イーソーダ)は、浴槽のマイクロバブルやジャグジーなどの販売を手掛ける株式会社タケシタが取りあつかっている炭酸メーカーです。

バスタブ商品で培った炭酸をつくる技術とオシャレなデザインと他社メーカーよりコンパクト化に成功しました。

1万円台の炭酸水と思えない機能からクラウドファンディングサイトのmakuakeで支援金額が100万円を突破し、目標金額500%達成したいま注目の炭酸メーカーです。

持ち運び可能な炭酸水メーカー

e-soda(イーソーダ)は、他メーカーの機種と違い電源不要で使うことができます。

サイズは、奥行16.7cm×横幅8cm×高さ41.5cmと1.5Lのペットボトルほどの大きさ、本体重量は440gととても軽く女性でも持ち運び可能な炭酸水メーカーです。

スペックからわかるコスパの良さ

コンパクトでオシャレ本体価格は、1万円台とコスパがいいのも魅力的です。

気になるのは交換用のガスシリンダーの価格ですね。



e-soda(イーソーダ)のスペックとおすすめプランと特徴をまとめました。

商品名e-soda drink
カラーホワイト・シルバー・ブロンズ
サイズ奥行16.7cm×横幅8cm×高さ41.5cm
本体重量440g
コスパ・500mlボトル約18円で炭酸水作れる。
・ガスシリンダー1本でペットボトル120本分。
・炭酸水500mlボトル毎日1本消費で年間35040円お得。
販売元株式会社タケシタ
正規販売店株式会社WaterServer

Amazonや楽天市場などのネット通販サイトや実店舗などの価格を比較した結果、正規販売代理店の株式会社WaterServer経由が最安値でお得でした。

【e-soda】オリジナルドリンクが自宅で作れる

一番人気のお得セットは、e-soda本体と交換用のガスシリンダーが3本ついて税込26345円~です。始めてセットプランは、ガスシリンダーが1本ついて税込18865円~です。※本体カラーによって価格が違います。

ガスのみで交換用がない方は、税込11220円で購入することができます。

e-soda(イーソーダ)の使い方を解説

毎日炭酸水を飲む方にとってe-soda(イーソーダ)が使いやすいのか。操作性について気になりますね。

使い方をわかりやすく解説します。

  1. ボトルにお水やジュースなど炭酸にしたい飲み物を入れる。
  2. ボトルをサーバーにセットする。
  3. e-soda(イーソーダ)本体を2秒間押す。
  4. ボトルを本体から外す。
  5. 少し揺すると炭酸が馴染んで強炭酸が作れる。

e-soda(イーソーダ)は、他メーカーの機種よりも操作が簡単で操作がシンプルなのが魅力です。

※保存するためのキャップと炭酸水作る時のノズル付きのキャップ2種類あるので使い分けが必要です。

ネット上の悪い口コミ、良い口コミまとめ

ここではe-soda(イーソーダ)の口コミをしっかりと調べて、有益なものだけを紹介します。実際に使用した方の口コミや評判を知りたい方は是非チェックしてください。

悪い口コミ

使い方は、簡単だけどボトルの返送に手間がかかるデメリットがあります。

その他のデメリットは、3つありました。

  • 交換用の炭酸ガスシリンダーは、送料がかかる。
  • サーバーのカラーで価格が違う。
  • ボトルが細長くて洗いにくい。

ここが改善されたらいいなと感じたところを厳選して紹介します。

交換用の炭酸ガスシリンダーは、送料がかかる

交換用の炭酸ガスシリンダーを購入する方もガスのみの方も送料がかかってしまいます。

送料がかかってしまう理由は、使い終わったらガスシリンダーを着払いで返却するためです。

ガスシリンダー1本でペットボトル120本分なので年間に購入する回数は少ないためデメリットに感じない方もいるかもしれませんが。他社の炭酸水メーカーより優位性を出すためにも送料無料で対応や実店舗でまとめ買いできるといいなと思いました。

サーバーのカラーで価格が違う

本体のカラーは、ホワイト、シルバー、ブロンズの3種類から選べます。

機能や使い勝手が変わらないのにシルバーとブロンズを選ぶと割高になってしまうのです。せっかくオシャレでかわいいデザインなので好きなカラーを選びたいのに2000円ほどの価格差でホワイトに妥協してしまう方もいるようです。

ボトルが細長くて洗いにくい

ボトルが細長いので底の部分をこすりたくてもスポンジが届かない。キレイにすることができない。洗いにくいという悪い口コミがありました。

ボトルの口が広くて洗いやすい機種を選びたいですね。

マグナムグランドのドリンクメイトソーダストリームのボトルの口と比べるとかなり広くて洗いやすい構造になっています。

底の部分は、100均やホームセンターで専用のブラシが売っているので心配いりません。

良い口コミ

イーソーダの良いところは、電源不要で軽いことです。持ち運びしやすいからキャンプなどのアウトドアでも活躍します。

ネット上の口コミからメリットをまとめました。

  • 他の炭酸水メーカーより安い
  • 使い方が簡単
  • ボトルが冷蔵庫で冷やせる

イーソーダの魅力は、コスパのよさです。1万円台で購入できる炭酸メーカーはほかさがしてもありません。

他の炭酸水メーカーより安い

イーソーダが1万円台の価格で販売できる理由は、電源不要だからです。そのため炭酸を作る方法は手動になります。

構造がシンプルなのでコストを下げられているのです。

見た目もオシャレで本体価格が1万円でいつでも炭酸水飲める生活になるなら検討する価値ありですね。

使い方が簡単

炭酸にしたい飲み物をボトルに入れたらサーバーにセットして本体上部を押すだけなので使い方がとても簡単です。

機能性に優れた家電商品は、購入前はすごい魅力的に見えるけど手間や時間がかかると見るのも嫌になってしまいます。

気の抜けた炭酸水が冷蔵庫にあったらボトルに注いでワンプッシュで美味しく飲める手軽さが評判です。

ボトルが冷蔵庫で冷やせる

ボトルには、専用のキャップが用意されているので冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むことができますよ。

細長いので入れておく場所は選ぶけど作った炭酸水をムダにしません。

冷蔵庫を開けた時にオシャレなデザインのボトルで飲みたい気分になります。

まとめ

1万円台の破格の炭酸水メーカーを探しているならe-soda(イーソーダ)一択です。炭酸水500mlボトル毎日1本消費している家庭なら年間35040円お得になるからすぐに元がとれちゃいます。

500mlボトル約18円で炭酸水作れるのでコスト気にせず使えるの魅力です。ボトルの口が広くて洗いやすいから水以外の飲み物も気にせず使えます。

いまのところAmazonや楽天市場で取り扱いがなく正規代理店、公式サイトから購入できます。最安値は、正規販売代理店の株式会社WaterServerでした。

【e-soda】で始める炭酸水のある生活

キッチンからリビング、屋外へ炭酸水メーカーを持ち運び使いたい方にe-soda(イーソーダ)おすすめします。わずか数万円、キッチン家電に投資するだけでお家時間が快適になりますよ。