喪服の購入失敗した私の体験談。どこで買えば一番いいの?レンタルはあり!?

会社関係で不幸がありお通夜、お葬式に参列することになり社会人になった時に紳士服の店舗で購入したクローゼットに保管していた喪服を試着してみると。。。

サイズが合わないことに気がつきました(汗)

当時、紳士服の〇〇の実店舗でスタッフの方に相談しながらジャケットとズボンのほか冠婚葬祭に必要なネクタイ、ベルト、Yシャツを揃えて10万円前後で購入したものです。

20代前半のスリムな体系が維持できず。。。少し太ってしまったことから礼服のフルセットの購入は失敗したと感じました。

もし、体系が維持できたとしてもしっかりと保管しておかないと型崩れもするので着れなかったのかもしれません。

そんな私の失敗した経験をもとに今回お世話になった喪服レンタルのサービスのスタッフの感謝を込めて記事にしました。

喪服は、どこで買えば一番いいのか。またレンタルはありなのか?

検討している方へ、ぜひ参考にしてください。

  • 紳士服のAOKIや青山で相談しながら購入すべき?
  • ユニクロで安く喪服の購入はあり!?
  • 喪服のレンタルサービスの魅力を知りたい。

喪服は、どこで買えば一番いい?

紳士服の店舗で購入した礼服

社会人になると必ず準備したいのが喪服ではないでしょうか?

男性のキャラ 疑問に感じている様子
喪服って一回着たら、次いつ着るかわからないから5万円以上はかけたくない。どこで買えばいいの?黒のスーツでもいいのでは?

僕も社会人になったばかりの頃はこう思ってました。

喪服は、フォーマルスーツとも呼び相手に対して敬意を表す衣服なのです。

黒いスーツとは、色味が違い礼服は真っ黒でありデザインはゆったり目なものが多いようです。


いまは、紳士服の〇〇などの実店舗だけでなくユニクロやイオン、しまむらなどで安く購入することもできます。

またネット通販なら1~2万円前後で揃えることも可能になりました。

私のように百貨店や紳士服のお店でフルセットで10万円以上も出して揃えても次に着るのは数年後なのかもしれません。

クリーニングしてクローゼットに保管しておかないと虫食いで穴が開いてしまって着たい時に着れないなんてこともよく聞かれます。


喪服は、かならず必要なシーンがあるのですが購入してもいつ着るのかわからないため準備しておくのが難しいと言われています。

そんな悩みを解決できるように喪服は、どこで買えば一番いいのか新しいサービス(レンタル)も含めて紹介します。

百貨店、紳士服の店舗、喪服の購入はあり!?

喪服のジャケット

百貨店や紳士服の店舗で喪服を購入するメリットは、専門知識のあるスタッフが丁寧にアドバイスしてくれるためお客様の要望、ニーズに合わせて選べることです。

喪服のズボン

数年に一度着るかわからないフォーマルスーツを購入するため失敗はできません。

喪服で使うネクタイ

シューズやベルト、ネクタイ、小物までトータルでコーディネイトできるのがメリットです。

紳士服の店舗では、下取りキャンペーンを行っている場合があり不要になったクローゼットに眠っているスーツを持ってくだけで購入金額から2万円割引になるなど品質の高い礼服や喪服が安く手に入れられるようになりました。


最近では、百貨店、紳士服の店舗が運営する公式サイトでチャットボイスが用意されオンラインショップでフォーマルスーツをフルセットで揃える方も増えています。

百貨店、紳士服の店舗のデメリット下取りキャンペーンやアプリのクーポンを使っても5万円以上してしまうこと。一回着たらいつ着るの?という悩みを解決できないことです。

ユニクロで安く喪服の購入はあり!?

ファミリー層が比較的多く利用するユニクロでフォーマルスーツ(礼服・喪服)を購入できるようになりました。

百貨店や紳士服の店舗に比べて価格が安いため利用者も増えているようです。

ユニクロでは、お店で採寸して、パターンオーダーのジャケットを注文することが可能です。

ジャケットは、肩幅で合わせるのが基本ですが実店舗に行けばサンプルが揃っているためサイズ選びには困りません。

ジャケット16900円、パンツ6990円から揃えることができ25000円以下で礼服や喪服が安く手に入れることができます。

自分の肩幅、着丈、裄丈をユニクロのスタッフに計測してもらい自分のサイズに採寸したものをパターンオーダーします。

ユニクロのデメリット商品受け取りまで3日かかる。

礼儀のルールや着こなし方、失敗しないフォーマルスーツの選び方など専門知識のあるスタッフが少ないのが現状

喪服レンタルの魅力

礼服はフォーマルスーツとも呼び相手に対して敬意を表す衣服になるため正しい知識の元に選ぶことが重要です。

しかし、葬儀屋の方や結婚式場で働く方以外。。。一回着たら、次いつ着るの?のが現状です。

この悩みを解決する新しいサービスとして「喪服のレンタル」が注目されています。

礼服レンタルのメリット
  • 必要な時すぐに手に入る。
  • 直接会場に届けてくれる。
  • 体型を気にしなくていい。
  • オールシーズン・サマー用から選べる。
  • クリーニング済みで安心。
  • 保管に気をつけなくていい。

結婚式やお葬式がはいり急に必要になった時、実店舗に足を運んでも曜日や時間帯によって閉まっていることも多いです。またオンラインショップで購入しても納期が間に合わないなんてこともよく聞かれます。

喪服のレンタルサービスでは、直接会場まで届けてくれる良心的な会社もあり普段着で移動し会場で着替えることもできます。

ひらめいた表情の女性
スマホから必要な情報を入力するだけですぐにレンタルできるのは魅力に感じました。奥さんが当日会場まで主人の喪服を持ってくる光景はなくなりそうです。

実店舗の喪服を購入するデメリットは、「一回着たら、次いつ着るの?」価格の割に利用頻度が少ないことではないでしょうか。

数年ぶりに着用したときに、僕のようにサイズが合わなくて友達に借りることができないか聞いたり当日に紳士服のお店で試着してとても疲れた経験から「喪服のレンタル」というサービスの体型を気にしなくていいという特徴はとても魅力に感じました。


また、礼服や喪服を購入する場合、オールシーズンとサマー用で揃えるのは利用頻度、保管の観点から出費するのは難しいです。

レンタルの場合、季節に合わせて生地や素材を選べるのもメリットです。


気になる礼服・喪服レンタルの相場は、5000円~10000円前後となっています。※2021年現在。

まとめ

紳士服の店舗で10万円以上かけて喪服の購入したけど。。。いざ着用したいときにはサイズが合わずにかなり困った経験からどこで買えば一番いいのか実店舗のメリット、デメリットとレンタルする魅力について調べてみました。

喪服は、利用頻度は少ないけど絶対に必要なものなのでレンタルという新しいサービスにとても魅力を感じました。

「喪服のレンタル」は、あなたの体型にあった高品質な礼服を手軽に着用できることから今後、実店舗に足を運び購入し大切に保管する意味がなくなってくるのではないかと思いました。


今回の記事「喪服の購入失敗した私の体験談。どこで買えば一番いいの?レンタルはあり!?」を書くきっかけにもなった私が利用したアパレル業界の長い経験を持つ詳しいスタッフが対応してくれた喪服レンタル相羽の体験談について詳しく語りたいと思います。