家具のレンタルとまとめ買い比較|どちらがお得?新生活を始める前に考えよう!

数年前までは、新生活に必要な家具は購入するのが当たり前でした。

最近では、家具のサブスクリプションサービスを提供する会社が増えてきていることから初期費用を抑えられるレンタルを選択することも可能になりました。

こちらのページでは、新生活を始めるにあたって必要な家具をそろえるにはレンタルとまとめ買いどちらがおとくなのか?様々なシーン別に比較します。

それぞれのメリット、デメリットを参考にしてください。

家具のレンタルとまとめ買い比較

新生活に必要な家具を購入すると自分のものになるのでうれしいけど初期費用がかかるのが気になりますね。

レンタルした方がお得になるのはどういう時でしょうか?

様々なシーン(年齢や職業、生活スタイルなど)から家具のレンタルした場合のメリット、デメリットについて紹介します。

一人暮らしの方

大学生や社会人1年目の一人暮らしを始める方は、家具のレンタルをした方がお得になると言われています。

その理由は、期間が限られているため数年後には引っ越しするからです。

それぞれのシーン別にみていきましょう。

大学生の場合

専門学生、大学生は、初めての一人暮らしのためこだわりたい方が多い傾向にあります。

しかし、2年、4年などの期間限定で住むため家具はまとめ買いするよりレンタルした方がお得です。

学校を卒業して社会人になった時に使わない家具を処分すると費用もかかります。

次の新居に持ち運ぶと引っ越し費用があがります。

学生のように期間限定で住む場合はまとめ買いよりもレンタルしたほうがお得になります。

学生の部屋は、収納が少ないので季節に合わせてこたつ、テーブルを使い分けたり、カーテンやラグの変更したり収納せずに返却することができる家具のレンタルがおすすめです。

狭い部屋を効率的に使えるようになると評判です。

また、かしてどっとこむのように自転車を借りることができるサービスもあるので3ヶ月ほど利用してみてから必要なら購入することも可能です。

学生生協では、一人暮らし用の家具、家電の販売サイトを用意してくれている場合があるので4年間のレンタル金額とまとめ買いした場合総額、処分料、引っ越し費用などからどっちがお得か比較しておくといいでしょう。

社会人の場合

社会人の一人暮らしは、少し金銭面に余裕が出てくるので大塚家具などの高級ブランドを使ってみたいと思う方もいるはずです。

いろんなことに興味をもち趣味もかわる年代であることからその時一番購入したい家具をそろえても数年後には不要になってしまう可能性もゼロではありません。

airroomと大塚家具が業務提携するなどいままでちょっと手を出しづらかったブランドが毎月少し負担するだけでお試しすることができます。


将来まとめ買いするで可能性のある社会人向けに無印良品を取り扱う良品計画も家具のレンタルを開始しています。

期間が満了したら「解約・返却」「契約延長」だけじゃなく、希望者はそのまま商品を買い取ることもできるサービスも増えてきました。

社会人の方も思い切ってまとめ買いせずに気になっているブランドがレンタルできるか確認してみることおすすめします。

テレワークの場合

出社率を抑えるためにテレワークを推奨する企業が増えています。

リビングのダイニングテーブルでパソコンを置き仕事するとイスと机の高さが最適じゃないため腰の負担があることマウスやキーボードの置く位置が困る。子供達の視線が気になり手がつかないため効率も下がります。

仕事を効率的に進めることができる書斎がなくても静かな寝室にローデスクと専用のチェアがあるだけで集中できます。

テレワークの期間は、限られているため購入するよりもレンタルした方が無駄がすくないです。

CLASを利用すれば在宅勤務の方向けの机やいすが豊富に揃っているので負担少なく仕事の効率がアップ出来そうです。

家族4人以上で住んでいる方

これから家族4人以上で家具のレンタル、まとめ買いどちらがおとくなのか記事を更新していきます。

単身赴任や長期出張などは、急な出費を抑えられるメリットがあります。

賃貸住宅から戸建てやマンションを買う時、増改築のリフォームなどで期間限定で仮住まいをする時に狭いアパートにあったサイズの家具を借りておくのも賢い利用方法だと言われています。

一人暮らしの学生や社会人だけでなく家族4人以上で住むファミリー層も単身赴任や長期出張などで家具をレンタルした方がお得になるケースがあります。

airroomのように期間が満了したら返却せずに買い取ることができるサービスも増えているのでぜひ検討してみてください。