【ファーウェイ製品】の今後|購入ありそれともなし!?最新動向に迫ってみた

  • 2019年11月26日
  • 2020年8月28日
  • AV機器

高性能でありながら価格の安いスマホやタブレットを次々と発売するファーウェイです。

一方、アメリカ政府から制裁を受けて影響が気になります。

  • Googleplayが未対応になるのではないか?
  • android10のバージョンアップ対象になるの?
  • ファーウェイ製品は、日本撤退もありえるの?

アメリカのファーウェイ問題が日本にとってどこまで影響するのかわかれば購入ありそれともなしなのかわかります。

今回は、性能はトップレベルでリーズナブルでコスパ最強と言われているファーウェイの今後の動向についてと注目の製品をレビューします。

本記事の内容

 

  •  アメリカのファーウェイ問題 日本への影響について
  •  ファーウェイが日本撤退する可能性あるのか?
  •  Android10のバージョンアップについて
  •  ファーウェイ製品の購入ありそれともなし!?
  •  Media Pad M5レビュー:エンタメ系タブレットとして人気モデル
  •  ファーウェイnova3レビュー:長時間動画楽しめるスマホ

アメリカのファーウェイ問題がどこまで日本に影響するのか?から新機種を購入しても大丈夫なのか。『ファーウェイ製品買って損ないのか!?最新動向に迫ってみた』の記事からチェックしてください。

アメリカのファーウェイ問題が起きた時に、3大キャリア(docomo、AU、ソフトバンク)では、新型のスマホ端末を発売延期になったことよりまったく影響がないとは言えない状況です。

少し前までは、タブレット=iPad という構図からファーウェイのMediaPadシリーズがスペック性能が高く安価なモデルを発売したことで日本で支持している方も多いのも事実です。

3大キャリアが発売しないと宣言してもユーザーの需要があるためファーウェイ製品がいきなり買えなくなるなんてことはないと考えます。

現在は、ファーウェイへの制裁が猶予期間中となっているため特に大きな問題は起きていませんが制裁が実施された場合はどこまで影響があるか最新動向に注視していくこと重要です。

ファーウェイが日本撤退する可能性あるのか?

2019年の世界市場でのスマホ出荷台数を確認してみると2億台を超えているので世界から見た時支持されていることがわかります。

ファッションブランドや車の海外メーカーが販売不振で日本撤退というニュースを見るようにスマホでも同じことが言えます。

スマホ出荷台数は、2018年と比較すると2ヶ月早く2億台超えるなど勢いがあるのでいますぐ日本から撤退することはないと考えます。

ファーウェイの公式の情報より現在販売している製品はこのまま継続的なサポートを続けていくとしサポートについて心配はいらないです。

Android10のバージョンアップについて

3大キャリアの中でシェアが高いdocomoが10月に発表したAndroid10のバージョンアップについてファーウェイ製品が含まれていませんでした。

OSのバージョンアップが出来ないと使えるアプリが限られてしまうなど使い勝手が悪くなりますがファーウェイの公式ホームページを確認するとSIMフリー版のAndroid10への更新計画があると発表しています。

docomoの更新では未対応ですが自社でバージョンアップ予定としているのでOSに関して問題ないと考えます。

ファーウェイ製品の購入ありそれともなし!?

すでに発売しているタブレットMedia Pad M5やスマホnova lite2に関してはアメリカの制裁の影響は受けないと考えていいです。

ただ海外で発表された新製品のMate30Proは、Android10を採用したモデルですがGoogle純正のアプリやGoogleplayが非搭載であったりこれから発表の新製品はGooglePlay未対応の可能性が高いと言えます。

海外ではファーウェイの新機種は、少なからず影響が出ています。今後日本向けに発売されるスマホやタブレットも全く影響しないとは言えない状況であることは間違いないです。

現時点、ファーウェイ製品は問題なく使える状況ですがアメリカと中国の関係で新製品について発売時期や仕様がどうなるか不透明な部分はあります。

この投稿をInstagramで見る

田中道昭氏著゙GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略゙読了。 最近は、暇な時間は本当に読書三昧です。 しかも、勉強がてらビジネス書や実用書を中心に読んでいます。 この歳で始める勉強って、楽しいですね。 さて…今回の本。 アメリカの巨大企業GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と、中国の巨大企業BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)の企業紹介と、その対立を中心に描かれています。 アマゾン×アリババ (eコマースからスタートした2社) アップル×ファーウェイ (『メーカー」『ものづくり」からスタートした2社) フェイスブック×テンセント (SNSからスタートした2社) グーグル×バイドゥ (検索サービスからスタートした2社) 見事にガチンコ対決となっています。 先行して巨大化したGAFA(アメリカ)と、それを模倣しつつ、オリジナリティーを加えて猛追するBATH(中国)。 この対決の先にあるものは何か? これからもチェックしていきたいと思います。 #GAFA #BATH #グーグル #Google #アップル #Apple #フェイスブック #Facebook #アマゾン #Amazon #バイドゥ #百度 #アリババ #阿里巴巴 #テンセント #ファーウェイ #HUAWEI #田中道昭 #日本経済新聞出版社 #読書 #読書記録

Naoki Arie(@nao.arie)がシェアした投稿 –

私は、nova lite2を2年ほど使用してわかったことはダブルレンズでぼかし撮影可能、指紋認証機能など2万円前後で購入できるスマホの中で比較するとコスパが高いこと。

製品は、確かな品質を持っているので現行機種の中で選ぶとブランドイメージからお買い得感があると感じます。

いまのところ大きな混乱もなくファーウェイ製品は現行品は購入ありと言えます。

エンタメ系タブレットとして人気モデル

ファーウェイのMedia Padシリーズが発売されるまでは、タブレット市場はiPadが独占状態でした。

価格が安く性能がいい機種をラインアップしたことでiPadを選ばない方の候補になりました。

高画質液晶で高音質のスピーカーを搭載しているのでYouTubeを見たり好きなアーティストのMVを見たりゲームをした時に迫力のある音と高精細なディスプレイで楽しむことが出来ます。

発売から経過しているので市場在庫が減少していることから底値で推移でお買い得なタブレットですが購入出来る期間は在庫次第なので限られます。

ファーウェイ Media Pad M5のスペックについて

  • サイズ W124.8×H212.6×D7.3
  • 重量 320g
  • 付属品 USB Type-C to 3.5mm ヘッドフォンアダプタ

2万円台で購入出来るハイスペックなCPU、高画質液晶、高音質スピーカーで動画視聴、ゲームが楽しめるエンタメ系タブレット。

Media Pad M5のディスプレイは8インチと持ち運びしやすいサイズです。

Media Pad T5レビュー:ファーウェイの激安タブレット

1万円台で購入出来るタブレットで人気があるのがMedia Pad T5です。

スマホの画面では、YouTubeなど長い時間見ると目が疲れてしまう。性能がトップレベルのM5を選ぶと当然価格も高くなる。そこで激安タブレットの中でおすすめなのがMedia Pad T5です。

アメリカのファーウェイ問題より市場からブランド価値を下げた2019年8月中旬ごろが最安値となり本体価格1万5千円を切りました。その後、在庫数の減少とファーウェイの現行品に関しては大きな影響がないことがわかり商品の価値が見直されたことから値上がり傾向になっています。

10.1インチの大画面※IPS液晶、CPUは、HUAWEI kirin 659 オクタコアと2万円以下で申し分ない性能なので価格の動向をチェックしておきたい機種です。

スペックについて

  • サイズ W243×H184×D7.8mm
  • 重量 460g
  • ディスプレイ 10.1インチ WUXGA(1920×1200)IPS液晶
  • CPU HUAWEI kirin 659 オクタコア
  • カメラ メインカメラ 500万画素 インカメラ 200万画素

1万円代と購入しやすい価格設定だけでなくディスプレイやCPU、カメラの性能も問題なし。お子様の誕生日やクリスマスプレゼントにおすすめのMedia Pad T5

中学生や高校生になるとネット検索して勉強する機会もあります。宿題を効率よく進めるにはスマホの小さな画面よりもタブレットがおすすめです。仕事で使うためでないためコスパのいいファーウェイの激安タブレットMedia Pad T5を選ばれる方が多いです。

ファーウェイnova3レビュー:長時間動画楽しめるスマホ

ファーウェイnova3は、大容量バッテリー3750mAh搭載しているのでYouTubeなどバッテリーの負荷がかかる動画も連続9時間も視聴可能です。

ディスプレイは、6.3インチと大画面、2340×1080ドットの画面で高精細なので長時間動画視聴しても目が疲れません。

タブレットだと8インチのMedia Pad M5以上のサイズになると手で持ちながらYouTubeを見るのは大変です。片手で持ちやすくスマホの中で大きいディスプレイnova3がおすすめです

www.712cappuccino.com

iPhone11がライバル機種となりますが価格で比較すると半額以下で買えることからiPhoneにこだわらない方はおすすめの機種です。

まとめ

アメリカのファーウェイ問題より今後日本でどのような影響があるのか現段階で不透明な部分はありますが販売は好調なことから日本から撤退する動きはありません。

販売しているスマホやタブレットは、しっかりとサポート継続するとしているので安心ですが「世界の5Gを制する」と一歩も二歩もリードしているので今後のアメリカの対応も気になるところです。

Android10のバージョンアップでは、docomoが対応しないと発表されましたがファーウェイが自社でSIMフリー版の更新計画をするとしています。

これから発表するMate30ProのようにAndroid10を採用するもののGooglePlayなど非搭載の場合があるので現行機種から選ぶのが賢明と言えます。

ハイスペックモデルでもApple製品と比較するとリーズナブルで魅力があります。1万円台で購入出来る激安タブレットMedia Pad T5など価格の動向見ながらお買い得な時期に購入するのもおすすめです。