道の駅 九頭竜 口コミ|人気のお土産は、九頭竜まいたけと越前蕎麦!恐竜の親子の鳴き声や動きがすごい

道の駅 九頭竜は、越前の小京都と呼ばれている福井県大野市の道の駅です。国道158号線沿いにあり中部の駅100選にも選ばれているJR九頭竜湖駅も隣接しているためアクセス良好です。

直売所の人気のお土産は、九頭竜まいたけ、嵐かぶら、越前蕎麦です。

新しい取り組みとして、入り口の親子の恐竜のモニュメントの鳴き声や動きと小型ロボットのロボホンでの観光案内。歴史を大切にする取り組みとして城下町の面影を残した建物、駅の裏手に通称「ハチロク」と呼ばれるSL機関車の展示などがあります。

AIやIOT技術を駆使した取り組みと建物や蒸気機関車の構造や色からいろいろ学ぶことができます。

まさに「故きを温ねて新しきを知る」ということわざが似合う道の駅ではないでしょうか。

女性のキャラ
そんなどこよりもエンターテイメントを考えていろんなことに挑戦をしている道の駅 九頭龍の人気のお土産、限定グッズを中心に口コミします。

道の駅 九頭竜の口コミ

道の駅 九頭龍

道の駅 九頭竜の営業時間、住所、アクセス方法など基本情報を参考にしてください。

名称 道の駅 九頭竜
住所 大野市朝日町26-30-1
駐車場大型2台、乗用車30台
電話番号0779-78-2300
営業時間 8:30-17:00
直売所は、12月中旬~3月中旬閉鎖します。
休館日 年末年始
人気のお土産 九頭竜まいたけ、嵐かぶら、越前蕎麦
近くの観光地 九頭龍スキー場・夢のかけはし・下半原ふれあい湖畔・勝原園地・白山神社のカツラの大木・平家岳
近くの道の駅 越前おおの 荒島の郷
九頭竜まいたけ

お土産に九頭竜まいたけは外せないですね!

近くにスキー場や湖畔、紅葉がキレイな九頭竜ダムなどがありアウトドア好きな方におすすめの道の駅です。

アクセス方法

道の駅 九頭竜のアクセス方法について紹介します。

北陸自動車道の福井インターチェンジをおりて国道158号線を約1時間15分です。

JRを利用したアクセス方法は、福井駅から越美本線(約1時間30分)です。

近くに下穴馬郵便局、穴馬民族間・笛資料館、大野市和泉小中学校、 九頭龍 スキー場があります。

駐車場について

駐車場の利用は無料です。

大型2台、乗用車30台を停車することができます。 ほかの道の駅より駐車できる台数が少ないです。

雪の降り積もる冬のシーズン中は、駐車場にも雪山ができて駐車できるスペースが減ってしまいます。

道の駅 九頭竜は、車中泊可能

道の駅 九頭竜の駐車場台数は少ないけど、近くにホテル フレアール和泉の九頭竜温泉平成の湯という日帰り温泉があるため車中泊しやすい環境が整っています。

温泉の利用料金は、600円です。

荒島岳の登山した後に車中泊もできます。

道の駅を管轄するのは「国土交通省」です。見解を確認したところ宿泊目的でなければよいようです。

道の駅で車中泊をする場合は、休憩や仮眠を目的としているために特に問題なく利用できます。駐車場でソロキャンプなどして他の方に迷惑をかけない行動が大切です。マナーとルールを守り車中泊しましょう。

道の駅 九頭竜の見どころ

ここから施設の紹介をしていきます。

評判のお店、人気商品、限定グッズ、記念きっぷについて1つずつ解説していきます。

見どころは、入り口にお出迎えしてくれる2体の恐竜のモニュメントです。

道の駅 九頭龍の親子の恐竜

実はこの恐竜は、この近くの旧和泉村で平成8年にティラノサウルス科の恐竜の歯の化石が見つかったことがきっかけで展示されています。

決まった時間帯で大きな鳴き声や動きを見ることができます。

親恐竜は、なんと全長12mかなり巨大で間近で見ると迫力を感じます。子供の恐竜も4.6mあるので大きいですね。

コチラのYouTube動画を見ると施設案内と館内の見どころがわかります。

人気のお土産

生産物直売所では、この地域特有の寒暖の差の気候と豊かな自然で生産された九頭竜まいたけが人気のお土産になっています。

まいたけ弁当もオススメです。

福井県大野市の生産物直売所

福井県大野市の農家さん達が育てた野菜や加工品の生産物直売所。

営業時間 8:30 ~ 17:00

九頭竜まいたけだけではなく、穴馬スィートコーン、とちの実とヨモギで作ったあんこもちも売れています。

冬に美味しさがアップする福井のかぶ。

大野市は、穴馬かぶら・嵐かぶらの酢の物を見ると年の瀬が近づいてきたと感じる人が多いようです。

年配の方のお土産には、越前蕎麦が喜ばれます。

太くコシのある蕎麦が特徴です。大根おろしにダシをかけて食べると美味しいです。



現地で実食したい方は、けんぞう蕎麦・つるき蕎麦・蕎麦カフェMaruta屋・田村など越前蕎麦の美味しいお店がたくさんあります。

フードコーナー

屋台やキッチンカーと屋内のフードコーナーでも特産品の舞茸を使ったそばやうどんを食べることができます。

道の駅スタンプラリーをしている方も定番メニューの舞茸蕎麦を食べてました。

ふれあい館

地域のイベント活動で利用されているふれあい館が隣接されています。

開設時間 8:30~17:00

コンサートホール(1時間)400円で利用出来ます。



ふれあい館の物産販売コーナーでは、羽二重餅・けんけら・恐竜グッズを購入することができます。

恐竜をモチーフにした木工品・手芸品と化石などここしか買えない限定グッズが手に入ります。

生産物直売所は、冬期間は休業しますので人気の舞茸弁当はふれあい館で販売しています。

小型ロボットの観光案内

道の駅 九頭竜では、シャープが開発したロボホンという小型ロボットが道の駅の見どころや魅力を紹介してくれます。近くの観光地についても声に抑揚つけてわかりやすく喋ってくれると評判です。

身振り手振りで親しみやすい小型ロボットの観光案内、足を運んだ際にはぜひ体験してみてください。

道の駅の裏手にSL機関車のハチロクが展示!

中部の駅100選にも選ばれているJR九頭竜湖駅も隣接しています。

鉄道マニアの中では有名な道の駅となっています。

駅の裏手にSL機関車のハチロクが展示されています。※正式名称は、国鉄8620形蒸気機関車。

このSL蒸気機関車は、1919年~1973年まで福井駅から越前大野駅間を貨物列車として運航していたようです。保存状態がいいので鉄道マニアが多く訪れます。

JR越美北線の珍しい電車を見ることもできます。

近くの観光地

近くの観光地のオススメは、九頭竜ダムです。

秋の紅葉シーズンになるとエメラルドグリーンの水面光る紅葉がとてもキレイだと評判です。

桜の時期も森林の緑が濃くて澄んだ空気で水面がとてもきれい。

1年通して幻想的な景色を見ることができます。

近くの道の駅

近くの道の駅には、越前おおの 荒島の郷があります。

福井県内初出店のmont-bellとクライミングやカヌーが体験できるのでアウトドア好きな方におすすめの道の駅です。

ここの道の駅でも九頭竜舞茸を使用したカレーやハンバーガーを食べることができます。