カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

ACコンセントが使える大容量バッテリー比較|購入する前に知っておきたい3つのこと

近年、大きな自然災害が多発しています。2019年の台風19号では、堤防やダムなどが決壊し家が浸水したり広い地域で停電しました。


普段何気なく使っているスマホだけでなく冷蔵庫や掃除機、テレビといった生活家電、日常生活で不可欠な照明も電気がなければつけることが出来ないこと生活の基盤に電気は不可欠です。

私達の生活でいかに電気に頼っているのか実感する1年になりました。


台風なら事前にある程度進路を予測できるので防災グッズを前日にホームセンターやショッピングセンターに行くとランタン、保存食、清涼飲料水、養生テープまで売り切れ状態で購入することが出来ません。災害備蓄品が準備出来てないと被害が大きくならないよう祈るしかありません。我が家では、2日前から停電した場合困らないように照明に使うランタンや家族が3日ほど生活出来る保存食を揃えました。

甚大な被害になるとライフラインが止まり3日ほどの災害備蓄品だけでは対応できませんし停電してしまうと情報収集のためのスマホの充電すら出来ません。


我が家では、最近の自然災害からしACコンセントが使える車内泊可能なハイブリッドのミニバンを購入も検討しましたが中古車でも200万円以上、新車なら400万円ほどかかってしまします。


万が一停電しても家電が使えるACコンセント付き大容量バッテリーを比較しました。

本記事の内容
  •  大容量バッテリー購入前に知っておきたいこと
  •  1度に使えるワット数が大きいSmart Tap Power ArQ
  •  万能型のiForway PS300
  •  ガジェットの充電重視ならAnkerおすすめ

災害が起こると停電による2次被害も発生します。非常時に備えておきたいのでホームセンターに行き大容量バッテリー買う前にチェックすべきポイント選び方を確認。※コンセントがあるからすべての家電を動かせるわけではないです。各機種のスペックを比較し使う用途から大容量バッテリーを選んでください。


いざという時に使いたい家電に合う機種を選ぶことが大切です。大きな災害が起こる前に大容量バッテリーを防災用品として準備しておくことおすすめします。

大容量バッテリー購入前に知っておきたい3つのこと

ACコンセント差し込み口があるからと言って家にある家電製品すべて運転させることは出来ません。


大容量バッテリー購入前に知っておきたいことは、3つあります。バッテリー容量と定格出力を確認しましょう。また、家庭のコンセントは、正弦波なので大容量バッテリーの選ぶポイントとしてAC出力の波形の確認(正弦波か短形波)が必要です。※家電製品は、基本的に正弦波で動くよう設計されています。


バッテリー容量の確認方法について
Amazonを例にすると商品説明、紹介欄にバッテリー性能、定格容量の記載があります。レビュー件数も多く正弦波でありACコンセントも使えるSmart Tap Power ArQの定格容量を確認してみると定格容量:174,000mAh となっています。

f:id:cappuccino0712:20191124092937j:plain
大容量バッテリーSmart Tap Power ArQのスペックの画像 出典:Amazon

普段生活しているあまり聞かない単位で実際に停電した場合どのくらいスマホや電気毛布が使えるか判断がつかないと思います。


ACコンセントで使える電力の求め方がわかれば各機種の仕様表に記載してあるバッテリー容量から使いたい家電が何時間使えるか確認することが出来ます。


レスキューワーク株式会社様のmAhとWhの換算ツールを利用させていただきます。
容量(mAh)174000を入力します。出力電圧(V)は、デフォルトが3.7になっているのでそのまま数値の変更せずに計算するボタンを押します。
calculator.jp

すると計算結果が表示されます。

174000mAhをWhに換算すると643.8Whです。

これで容量をmAhからWhに変換することが出来ました。


次に、Wh容量を使いたい家電(※60Wの電気毛布を使った場合)の消費電力で割ると。

643Wh÷60W=10h以上使用可能


Smart Tap Power ArQなら60Wの電気毛布を10時間以上使用することが出来るとわかります。


大容量バッテリーの定格容量から使いたい家電がどのくらいの時間使えるか確認してから購入すると用途に合った機種を見つけることが出来ます。


定格出力をチェックすべき理由
大容量バッテリーも家の中に設置してあるコンセントと同じように定格出力が決まっています。家のコンセントでタコ足配線をすると危険だというように安全に使い続けられる電力は決まっています。


電気を大量に使うヒーターは、600W~900Wのものが多く使うことは出来ません。

山善の小型カーボンヒーターでも600Wあり使用することは出来ません。

f:id:cappuccino0712:20191124205344j:plain
山善のカーボンヒーターの消費電力の画像

家電の消費電力(W数)から大容量バッテリーで使えるか判断してください。


例:主な家電の消費電力について

  • LEDライト 5W
  • スマホの充電 10W
  • 電気毛布 60W
  • ノートパソコンの充電 100W
  • テレビ 300W
  • ヒーター600~900W

ノートパソコンの充電100Wまでなら使える。テレビやヒーター、ドライヤーなど電気をたくさん使う家電は使えないと判断してください。

出力波形が正弦波かチェックすべき理由

家庭用のコンセントは、正弦波を基準に設計されているのでBEAUDENS B-1502やメルテック 5WAYシステム電源SG-3500LEDなどはAC電源が短波形なので小型の家電やACアダブタで動くものは壊れてしまうリスクがあります。お金に余裕があるなら正弦波の大容量バッテリーをおすすめします。

Smart Tap Power ArQレビュー:大容量で家族みんなで使える

Amazonで購入できる商品の中で圧倒的な大容量(定格容量:174,000mAh )と1度に使えるワット数が多いSmart Tap Power ArQです。。レビュー件数と評価も高く人気があります。

f:id:cappuccino0712:20191124205313j:plain
Smart Tap Power ArQ 本体画像 出典:Amazon

スマホの充電なら64時間以上充電可能です。


夏に災害が発生したらお子さんや赤ちゃんの熱さをしのぐため扇風機を使いたいと思います。およそ30Wなので21時間以上使うことが出来ます。


冬に災害が発生した場合は、電気毛布で温まりたいならおよそ10時間ほど使うことが出来ます。


定格出力が300Wと大きいのでスマホの充電しながらLEDライトを使う。災害情報をまとめる。必要な情報の整理をするためのノートパソコンの充電もSmart Tap Power ArQなら同時に行えます。


ディスプレイ表示には、現在使っている合計のワット数が表示されるので定格出力超えないか定量的に判断が出来るので家電をACコンセントやUSB、DCシガーにつなげるときに目安になりわかりやすいです。


本体側面には、LEDライトがついているので夜に停電した場合もコンセントにLEDライト挿すことなく周囲を明かるくすることが出来ます。LEDライトの横にあるボタンでスイッチのオン、オフが可能です。


出力は、ACコンセントが1つ。USBが3つ。DCシガー1つ。DCが2つありますので使い勝手もいいです。


Smart Tap Power ArQは、『持ち運べるコンセント』というキーワードがあう大容量バッテリーだと思います。

スペックについて

  • サイズ W30×D19.3×H24.2
  • 重量 6kg
  • 正弦波
  • 定格出力 300W
  • 定格容量 174000mAh⇨Whに換算すると643.8Wh
  • 付加機能 LEDライト


少し気になるのは6kgという重さですが災害時の家族全員が一度に使える機種であること。圧倒的な大容量で家電を長時間使用できる点。停電時で家の中で使うことから移動が少ないことを考えると最もおすすめ出来る大容量バッテリーです。

iForway PS300レビュー:Bluetoothスピーカー付の万能型

iForway PS300は、搭載されているLEDライトが超強力なので大きなお部屋でも全体が明るくすることが出来ます。最大出力にすると体育館や公民館などでも周囲を照らすことが出来るので地区の防災備蓄品としてもおすすめな機種です。

f:id:cappuccino0712:20191124205147j:plain
iForway PS300 本体画像 出典:Amazon

ライト以外の機能としてBluetoothスピーカーが搭載されているのでスマホからラジオを流すことが出来るので多くの方に災害情報を拡散したい時に役立ちます。このBluetoothスピーカーから音楽を流すことも出来るのでキャンプで楽しむこともでき強力なLEDライトとスピーカーでアウトドア好きな方にも評価が高いです。災害時しか使わないと考えると少し勿体ない気がする方は多くの機能がキャンプや地区の集まり、災害時のバッテリーとして使えるiForway PS300おすすめです。


定格出力は、300WとSmart Tap Power ArQと同等性能で電気毛布や複数のスマホの充電、LEDライトなどつけても余裕があります。


出力は、ACコンセントが2つ※アース用の差込口あり。USBが4つ。DCシガー1つ。DCが3つあります。ACコンセント差し込み口が2つあるので家族で違う用途で使う。冬のキャンプで電気毛布使いながらLEDライトをACコンセント差し込み本を読むこともできます。


スペックについて

  • サイズ W29×D15.5×H19
  • 重量 5.5kg
  • 正弦波
  • 定格出力 300W
  • 定格容量 462Wh
  • 付加機能 LEDライト※懐中電灯、SOS用、ストロボ Type-C PD QC3.0 Bluetoothスピーカー


LEDライトの用途変更やBluetoothスピーカーを使えるACコンセントが2つなど万能型の大容量バッテリーでかなり魅力がある機種です。定格出力も300Wと余裕がありますがSmart Tap Power ArQと比較すると定格容量が若干少ない(462Wh)ことが気になります。万が一停電したときに応急用として考えると満足できる定格容量なので問題ないと考えます。


iForway PS300は、災害時以外も使いたい方向け機種です。キャンプや人が集まった時に庭でバーベキューしたときに音楽を流したい時にも活躍します。

Anker Power Houseレビュー:スマホの高速充電可能

停電時にテレビを見ることが出来ない場合、災害の情報収集が確認出来ないためスマホで確認が必要です。また、家族と連絡をとるのにも活躍します。


普段の生活の中でスマホやワイヤレスイヤホンなどUSBで充電する機会が多い方は、Anker Power Houseがおすすめです。

f:id:cappuccino0712:20191124205059j:plain
Anker Power House 本体画像 出典:Amazon
出典:Amazon

その理由は、各機器(スマホやタブレット、iPad、ワイヤレスイヤホン)に適した高速充電が可能なPower IQが4ポートもあるからです。


定格出力が120Wなのでパソコンの充電も可能なので停電時にガジェットの充電が出来ないのを避けたい方におすすめなのがAnker Power Houseです。


出力は、ACコンセントが1つ。DCシガー1つ、Power IQのUSB4つあります。※5V2.4Aまで対応しているためiPad急速充電に対応しています。

スペックについて

  • サイズ W20×D14.5×H16.5
  • 重量 4.2kg
  • 正弦波
  • 定格出力 120W
  • 定格容量 120600mAh⇨Whに換算すると446.2Wh
  • 付加機能 Power IQのUSB4つ

ガジェットの充電を重視して選ぶならAnker Power Houseおすすめです。Ankerは、Bluetoothスピーカーやモバイルプロジェクターなどガジェット(便利で面白い商品)に強いメーカーです。スマホやワイヤレスイヤホンを使う側の立場に立って考えられたPower IQのUSB4つの高速充電機能と停電時にノートパソコンまで充電可能な定格出力が魅力的です。

大容量バッテリーの保管方法について

大容量バッテリーを長く使うには、保管方法に気を付けなければいけません。


バッテリーは、温度変化に弱いので夏場車内は40℃以上にもなるので寿命を縮めてしまいます。湿気や気温変化の少ない日陰で倉庫や押し入れに保管をおすすめします。


使わない状態が続いても自然放電するので半年に1度ほど充電すること。ACコンセントに挿してLEDライトやスマホの充電が可能かなど点検しておくと大きな災害が起きたときにも安心です。


2019年12月の東京都の東京都の道路ライブカメラを確認してみると積雪や大雪の状態であり地震や台風の2次災害以外にも積雪で電柱が折れてしまったり電線が切れてしまうことがあるので大容量バッテリーを購入して保管しておくべきと考えます。
東京都の道路ライブカメラ!積雪や大雪の情報!何度で路面凍結?
路面が凍結してしまったら日常生活を送るのも困難です。道路ライブカメラを見て必要な災害備蓄品の準備をしておくほうがよさそうです。

ACコンセントが使える大容量バッテリー比較|まとめ

大容量バッテリーは、普段あまり使う機会が少ないがいざという時にはあるとかなり活躍できる商品です。


実際に家電製品につないでみると定格出力を超えてしまった場合は、自動で電源が落ちるので心配はいりませんが購入する前に災害時に使うであろう家電と出力差し込み口を確認し最適な1台を選ぶことおすすめします。


公式サイトやAmazon各商品より性能仕様表を確認して定格容量から各家電何時間使えるか判断しやすいように単位をWhに変換してスペックに記載しました。mAhで記載されたバッテリー容量は実際には8~9割ほどしか使えない場合もあるので災害時の貴重な電気、大容量バッテリーといえども大切に使うことおすすめします。


正弦波と短形波には、大きな違いがあり短形波のコンセントからACアダブタ―で運転する製品や小型の家電を動かすと故障の原因となる可能性が高いので注意してください。


今回紹介している大容量バッテリーは、すべて正弦波であり綺麗な波形なのでいつも通りACコンセントに差し込み使っても問題ありません。


災害用に備蓄水や保存食など揃えている家族が多くなってますが停電時に一番困るのは生活に欠かせない電気が使えないこと。大きな災害に備えて大容量バッテリーを防災グッズに加えておくことおすすめします。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~


おすすめのホームシアターシステム。BOSEサウンドバーSoundTouch300だけで部屋全体を包み込む音で好きなアーティストの曲を心地よい音で視聴可能。映画もサウンドバーがあればセリフも聴き取りやすくなります。

BOSEサウンドバーSoundTouch300レビュー!音声認識で操作も快適