ライフルホームズ住まいの窓口は怖い・悪い!?住宅購入の無料相談した私の体験談

  • 2021年10月6日
  • 2021年10月16日
  • 生活

住宅購入は、ほとんどの方が人生一度きりの買物で不安。。何から始めればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事を読めばそんな悩みが解決できます。

住まい選び・家づくりを決める前に色々なハウスメーカーの展示場に行きアンケート用紙に記載すると勧誘の電話やメールが多くて悩む方が多いです。また、自社のメリットばかり伝えるハウスメーカーが多く理想の住まい選びで失敗する方もいます。

ライフルホームズ住まいの窓口で住宅購入無料相談することで、 第3者の視点で住まい選びに詳しいハウジングアドバイザーがあなたの理想の住まいから要望にあった不動産会社やフィナンシャルプランナーなどの専門家を無料で紹介してくれます。

住まい選び・家づくりに失敗しないために、LIFULL HOME’S 住まいの窓口をぜひ利用してみてください。

ライフルホームズ住まいの窓口のことを調べていくと怖い・悪いといったネガティブな口コミもあったので評判について実際に利用して確かめてみました。

ライフルホームズ住まいの窓口とは

ライフルホームズ住まいの窓口は、日本最大級の不動産・住宅情報サイト。

  • 住まい選びのアドバイス
  • お金のアドバイス
  • 打ち合わせ・スケジュールの調整
  • 面談後のお断り、キャンセルの連絡代行

住宅購入に関することを店舗で相談、ビデオ通話相談、講座受講、注文住宅の相談を含まない店舗相談を無料で対応してくれます。

ライフルホームズ住まいの窓口は怖い!?

ライフルホームズ住まいの窓口は、仲介したハウスメーカーから紹介料をもらうシステムのため成功報酬で経営しているようです。

そのため、住宅の相談が無料でできることと、いきなり住宅展示場に行く必要がなく個人情報がもれないメリットがあるものの、担当になったハウジングアドバイザーがしつこい、対応が悪かったなど怖いと感じる方もいるようです。

第3者の立場で住まい選びやお金のアドバイスをしてくれますが客観的に情報を整理する力も必要なのかもしれませんね。

住まい選びのアドバイス

立地条件、価格帯、間取りなどから住まい選びを迷う方も多いのではないでしょうか。

  • 注文住宅を検討しているので内装にこだわりたい。
  • 価格帯の安い中古物件でリノベーションしてみたらどうか?
  • 築浅の中古物件と建売住宅の違いを知りたい。

住まい選びは、一人一人の希望の条件や要望は違います。

住まい選びのアドバイスをしてもらうと始めは、駅から近いマンションを探していた方が少し駅から離れても注文住宅を建てた方がいいのではないかと考えが変わっていき理想の住まいを見つけることができます。

ライフルホームズ住まいの窓口では、 住まい選びに詳しいハウジングアドバイザーが希望条件を整理してあなたにぴったりのハウスメーカーを紹介してくれますよ。

お金のアドバイス

理想の住まいが決まったらお金に関するアドバイスを聞き住宅ローンなどの基礎知識を知ることもできます。

すまい給付金や住宅ローン控除、サラリーマンが不動産投資した場合の確定申告など申請しなければもらえないお金はたくさんあります。

ライフルホームズ住まいの窓口では、ファイナンシャルプランナーなど専門家も無料で紹介してくれるので住宅購入した後でも相談してみるとお得な情報を知ることができます。

不動産会社・ハウスメーカーの調整、お断り代行

気になった物件が見つかったら不動産会社やハウスメーカーと打ち合わせをして内見のスケジュール調整をします。

物件訪問までの間もフリーペーパーやネットの情報を見ているとほかにも魅力的な物件が見つかることが多々あります。

住宅の価格は、数千万円以上するので不動産会社やハウスメーカーの営業もお客様とのスケジュール調整に必死です。日程調整した後にお断りすると次の予定を相談されたりしつこい勧誘の電話もあるでしょう。

ライフルホームズ住まいの窓口を通じて不動産会社やハウスメーカーの調整をしておけば面談後の内覧のキャンセルも代行してくれますので気になった物件に対して気軽に内見の予約ができます。

一人一人にあった相談方法が選べる

ライフルホームズ住まいの窓口で住宅購入無料相談では、 一人一人にあった相談方法が選べ ます。

  • 注文住宅のための店舗相談や講座受講
  • 注文住宅の相談を含まない店舗相談
  • ビデオ通話相談

一戸建て住宅を購入検討していく中で、住まい選びに詳しいハウジングアドバイザーと対面でじっくりと相談したりパソコンやスマホで画面を共有しながら資料の確認ができるビデオ通話相談があります。

店舗相談

ライフルホームズ住まいの窓口では、無料で店舗相談を対応してくれます。

不動産会社やハウスメーカーとは関係のない第3者の立場のハウジングアドバイザーと対面で相談ができるので一戸建ての建築・購入のメリット、デメリットを把握することができます。

資料を見ながら説明を聞くことができるので不安や悩みをそのままにせず納得できるまで質問することや集中してじっくり相談できるのが店舗相談のメリットです。

注文住宅と戸建て住宅をメインに全国で30店舗を展開と店舗数が少ないが実情です。

ビデオ通話相談

近くにライフルホームズの店舗がない方は、自宅からビデオ通話相談もおすすめです。

実際に注文住宅を建てる時は、希望の予算がありその中でデザインやスペックを決めていきます。 各ハウスメーカーにはそれぞれ得意な分野と苦手な分野があり中々自分の理想のハウスメーカーを見つけるのは難しいです。

ビデオ通話相談することで住宅展示場に足を運ばずパソコンやスマホの画面を通じて店舗同様に資料を見ながら説明を受けられるのがメリットです。

自分でハウスメーカーに問い合わせしてモデルハウス見学後にはしつこいほどの勧誘の電話やメールがあるのでビデオ通話相談で住宅に関する必要な情報だけ入手するのもよいでしょう。

ライフルホームズ住まいの窓口の体験談

ここから、ライフルホームズ住まいの窓口の体験談を紹介します。

2021年9月時点で全国30店舗の展開で東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の9都府県となっているため地方に住んでいる私はビデオ通話でハウジングアドバイザーに相談しました。

ライフルホームズ住まいの窓口は、ハウスメーカーなどから紹介料、仲介手数料をもらうシステムで経営しているのでサービスを利用する方は無料で相談出来ました。

無料で住宅購入についての相談ができるため、利用者が増えています。そのため事前に予約しておかないとハウジングアドバイザーと直接相談出来ない場合がありました。予約は、公式サイトからすぐにできるので早めに申し込んでおくといいと感じました。


私は、希望価格のほかにハウジングアドバイザーに伝えたのは3つです。

  • 国産の木材を使っていること
  • 坪単価が安いこと
  • 住宅を建てた後が安心のハウスメーカーであること

広告宣伝費がかけられる大手住宅ハウスメーカーのミサワホーム、セキスイハイム、ダイワハウスだけでなく中堅のハウスメーカーのタマホームや地元の工務店も紹介してくれました。

これは、第3者の中立の立場で不動産会社やハウスメーカーを紹介を基本としていることがわかりました。

また、住宅完成保証制度に加盟しているハウスメーカーの中から紹介してくれるのでハウスメーカーが経営不振で破綻しても住宅が完成するまで保証があるので安心です。

国産の木材を使っていることと、坪単価が安いことが希望ならタマホームだとわかりました。ただ他のハウスメーカーと坪単価の計算方法が違うことがわかり相対的な評価が必要だと感じました。

住まい選びについて自分で調べていくと希望の条件は変わっていくときがありましたが相談は何度でも無料で対応してくれたので助かりました。

気になったハウスメーカーと展示場の内覧のスケジュール調整した後にキャンセルしたくなった場合もお断り代行してくれるので気軽に内見の予約ができます。

まとめ

ライフルホームズ住まいの窓口は、 あなたの家づくりについて無料で相談にのってくれます。第3者の中立の立場で希望や条件にあった不動産会社やハウスメーカーを紹介してくれるので時間の短縮にもつながります。

住宅完成保証制度のあるハウスメーカーを紹介してくれるので契約後も安心です。

注文住宅について知りたいことや悩みがある方は、公式サイトから早めに予約してハウジングアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。