火災保険の申請サポート【ミエルモ】口コミ!過去3年間の台風の被害を無料調査。負担0円でリフォーム

  • 2021年5月21日
  • 2021年10月16日
  • 生活

火災保険って毎年払っているけどいつ使うのだろう?

家事を起こしてしまったときしか役に立たないから勿体ない。。って思っていませんか?

僕も自然災害は、火災保険でカバーできないと思っていたひとりです。

火災保険の担当者から更新の時に内容次第で「過去3年間の台風の被害」は、申請すればもらえるということを教えてもらいました。

自己負担0円でリフォームしたい僕は、2019年の台風19号の被害により日曜大工で作ったラティスが壊れたビフォーアフターの写真や撤去費用の見積もり、保険会社と数か月間交渉を一人で必死にやってやっと労力に見合わない金額の申請が通りました。

僕のように大変な思いをしても受け取れるお金は少ない人が多いようです。

当時のことを振り返ると自然災害の保険金の申請は、成功報酬で頑張ってくれるプロにお任せしておけばよかったと思いました。

今回は、僕のように保険金をもらい損ねている可能性がある方へ。

私の台風被害の申請までの体験談と成功報酬で任せて安心のミエルモを利用するメリットについて紹介します。

※火災保険の申請サポート【ミエルモ】は、築15年以上の一戸建てか、アパート1棟、マンション1棟を所有している方が対象のサービスです。

火災保険の申請サポート【ミエルモ】とは

個人で被害状況の連絡、修理費用の見積もり、保険会社の交渉をすることは大変なので火災保険の申請サポートを利用する方が増えています。

台風や集中豪雨でとなりの家と同じ被害があっても申請の仕方によってもらえるお金は大きく違ってきます。

【ミエルモ】は、保険と建築のプロがいる火災保険の申請サポートなので高い認定率と認定額に差が出ます。

保険金を受け取れたら成功報報酬(受取保険金の30%)をミエルモに手数料をお支払いシステムなので1円でも多くもらえるように努力してくれます。

ミエルモの選ばれる理由や他社との査定額、認定率の違いみていきましょう。

選ばれる理由

火災保険の申請サポートでミエルモが選ばれる理由は3つです。

  • 他社よりももらえる金額が多い。
  • 申請した方の認定率が高い。
  • 完全成果報酬で結果に対してお支払いで安心。

保険の申請をして認定してもらいもらえる金額が多いのは、完全成果報酬制度を採用しているからだと思います。

万が一認定できなければ一切お金は発生しないシステムなので利用者に負担がないのも魅力に感じます。

認定額が他社よりも高い!

業界トップクラスの調査実績(年間4000件以上)で見積書の書き方や保険会社との交渉をスムースに進める独自のノウハウがあります。

火災保険の申請サポートの一般的な相場は、50万~100万円程度と言われています。

株式会社ミエルモなら業界の2~4倍の平均193万円と認定額が高いと評判です。


年間調査実績4000件以上をノウハウと成功報酬制度により結果を残すことができています。

認定率が高い

事例を確認してみると塀やポストが壊れたことで認定されたなど認定率が高いです。

建築のプロがいる会社なので一般の方では確認することが難しい屋根の調査もしてくれるのが助かりますね。

完全成功報酬の魅力

近年、台風や集中豪雨が多く風で屋根がこわれたり、ベランダの金具が破損したり、カーポートがへこんだりと被害に困っている方も多いのではないでしょうか。

目に見える場所なら工事業者に依頼して見積もりをとって保険申請すればいいのですが。。。

自然災害は、外壁の剥がれや屋根の破損など素人では気が付かない場所も多いのです。

ミエルモは、完全報酬制度を採用しているので大半の方が気が付かない小さな被害も見つけてくれるのです。

受け取りできる保険金の3割の手数料を払う価値がある仕事をしてくれると評判です。

デメリットは?

火災保険に加入しているすべての方を対象にしているサービスではありません。

築15年以上の一戸建てか、アパート1棟、マンション1棟を所有している方が対象です。

建築のプロの視点から年数が経った戸建ての方が申請しやすく認定額と認定率を高くできるので対象を絞っているのかもしれませんね。

今後、事業拡大して全世帯対象のサービスになることを期待しています。

私の体験談を大公開!

台風の被害で自作のラティスが壊れたことから火災保険の申請をしました。

半年後に労力に見合わない金額を受け取る結果に後悔しています。

こちらでは、素人一人で奮闘した私の体験談について紹介します。

申請までの流れ

2019年の台風19号で自作のラティスが壊れたけど自然災害の保険には加入していないと思い半年が経ちました。

1年更新の火災保険の手続きをするために担当者に連絡したところ台風の被害がなかったか確認されました。

フィナンシャルプランナーの情報から過去3年間の自然被害は、申請すればもらえるようです。

プロの業者が作ったものでなくても対象になるそうです。

僕が汗水流して作った花を飾っておくラティスも対象だとわかりました。

担当者から火災保険の申請は、自分で行わなければいけないと回答がありました。

早速、僕が契約している楽天生命に電話を掛けました。

電話のやりとり

楽天生命のカスタマーセンターに問い合わせすると台風で倒壊したラティスはお支払いの対象です。と回答がありました。

工事費用や倒壊前後の写真の提供、撤去した日の状況(業者に依頼したかなど)細かく聞かれました。

質問の答えを事前に準備していないので日にちや工事費用など曖昧に答えてしまいました。

冷静に答えられれば当日購入したサンダーや知り合いに借りたKトラックの費用も計上できたのかもしれません。

2週間ほど経ったころに楽天生命の担当者から申請が通りました。と回答の電話がありました。

給付額に不満

ホームセンターで必要な部材を揃えて3日ほどかかり作ったラティスが倒壊したもらえる保険金は10万円程度でした。

示談をしたあとに知り合いの大工さんに給付額を伝えたところ経年劣化に見える箇所も外的要因になるため見積もりはプロに依頼した方がよかったと教えてもらいました。

大工さんや工務店に工事の見積書を作成してもらうと費用が発生する可能性があるのではとためらっていた自分に後悔しました。

火災保険の申請サポートに依頼のメリット

火災保険の申請サポートを利用すると成果報酬のため被害箇所の確認、工事の見積もりだけでは費用が発生しないことがわかりました。

ミエルモは、トレンドリサーチの調査結果より口コミ人気ナンバー1となっていることやロンドンブーツ1号2号田村淳さんが広告塔になっていることやほしのディスコボーカル ミエルモの歌をリリースなどから安心感があり依頼するメリットを調べた結果、競合他社よりも高額な給付実績があることがわかりました。

素人では見つけられない被害を報告してくれるようで高額請求につながるようです。

知らないことがリスクとよく耳にします。

  • 火災保険の契約内容によって自然災害も対象になる可能性があること。
  • 素人が被害の報告すると給付額が少ない可能性があること。
  • 火災保険の申請サポートを利用した方が高額申請が可能なこと。

被害箇所の確認、工事の見積書作成してもらうだけなら費用の支払いは発生しないので火災保険の申請サポートを利用すべきだと感じました。

無料調査のご相談はこちら

ネット上の悪い口コミと良い口コミまとめ

ここではミエルモの口コミをしっかりと調べて、有益なものだけを紹介します。無料調査の依頼する前にサービスを利用した他の方の口コミや評判を知りたい方は是非にしてください。

悪い口コミ

評判の高さからミエルモに無料調査を依頼すれば0円でリフォームできる。とか、将来のために貯金できると勘違いしてしまう方がいるようです。

「保険金は絶対に受け取れるもの」ではありません。

あくまでも補償対象の被害(風災、水災、破損など)あれば受け取れる可能性があるので相談してみてください。

良い口コミ

日本トレンドリサーチのインターネット調査

日本トレンドリサーチによると2020年10月のインターネット調査で口コミ人気ナンバー1となっています。

ロンドンブーツ1号2号田村淳氏が公式アンバサダーを務める「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」へ参画したことでよい口コミが増えています。

まとめ

私の体験談からわかったことは、素人が労力を使って工事費用の書類、被害の状況の写真の提供などを保険会社に伝え交渉しても満足できる金額がもらえない可能性があるということです。

自然災害が起きると素人ではなかなか見つけることができない被害があります。

無料調査で負担がない成果報酬で結果を残してくれる火災保険サポート『株式会社ミエルモ』を利用してみてはいかがでしょうか?