7月12日に毎月定額のハミングウォーターが自宅に届きます。使用レポなど投稿してくので参考にしてください(^o^)/
ミラーレスカメラ

ミラーレスカメラ「フルサイズ」とは|イメージセンサーの大きさで画質が決まる

ミラーレスカメラのこと詳しくなると「フルサイズ」という言葉をよく耳にするようになります。

イメージセンサーが大きいほど画質には有利と言われているミラーレスカメラ。

今回は、ミラーレスカメラにとって重要なキーワード写真を記録する”センサーのフルサイズとは“について紹介します。

  • なぜ、スマホのカメラあるのにミラーレスカメラが人気なのか。
  • 一眼レフと比較して軽いの?ミラーレスって何?
  • 画質って向上するの?
  • ミラーレスカメラが注目された理由

持ち運びメインで使うことを考えた時におすすめの理由をまとめました。

なぜミラーレスカメラが盛り上がっている?

一眼レフのシェアを確認してみると2019年は、1位Canonが57.4%でした。2位Nikon39.3%で2強の状態がずっと続いています。

キャノンやニコンがあまり力を入れていなかったミラーレスカメラに目を付けたソニーが2013年にフルサイズミラーレスカメラを発売しました。少しずつシェアを伸ばし2018年ではフルサイズ市場でSONYが世界シェアトップになりました。

SONYが、2018年にフルサイズ市場で世界シェアトップになった。

2018年の秋ごろから一眼レフ2強のキャノンとニコンが参入してきたこと。

2019年の春ごろからPanasonicも参入してきたこと。
SONYのα7Ⅲが市場で大人気となりCannonとNikon、パナソニックも参入。シェア争いもありどんどん進化していること。

※SONY α7Ⅲの実勢価格(ボディのみ)2019年5月時点で24万8270円です。

ソニー1強だったミラーレス市場に一石を投じたのがキャノンです。

EOS RPのタッチ操作が人気です。自撮りも楽しめるので女性ユーザーに評価高い入門機です。


35mmフルサイズCMOSセンサー搭載で光学の可能性を感じることが出来ました。

一眼レフのユーザーが買い替えしていく理由は、軽量コンパクトで腕が疲れないことでした。


常用ISO感度が100~40000の3030万画素の高画質を実現。注目を浴びたEOS R。

ソニーが得意とするデジタル技術を駆使してイメージセンサーを使うミラーレスカメラの高画質で小型化の開発をいち早く進めたことでスマホにはない画質性能、一眼レフにはない持ち運びのしやすいカメラが支持されています。

フルサイズってなに??

ミラーレスカメラのことを調べていくと必ず耳にするフルサイズ家電量販店のスタッフさんの説明でも度々紹介されていた言葉だったし、価格comやカメラの専門誌で調べても詳しい方がイメージセンサーが大きいほど画質には有利と商品を購入する際に重要なポイントとなります。

画像エンジンが一括処理と構造がシンプルな分画像エンジンの性能に依存します。

ミラーレスカメラは、画質はイメージセンサーの大きさで左右されるといっても過言ではありません。

センサーが大きければ当然同じ画素数でも1つ1つの画素の面積が広くなるので多くの光を取り込むことが可能です。

光量が少ない夜間でも明るさや色合いに差が出ます。

センサーサイズが大きいほど高感度設定での撮影時でもノイズが少なく仕上がりがきれいになります。

これにより撮影後の編集、背景の色の明るさを調整しても画質が悪くなることがさけられます。

カメラのイメージセンサーの代表的なサイズについて

・1/2.3型※6.2×4.7m
エントリーモデル1万円くらいで購入できるコンパクトカメラや高価格のスマートフォンに使われています。

スマホは、小さなセンサーを画像処理技術で補ってコンパクトカメラと同等もしくはそれ以上の色合い、きれいな写真にしています。

  • 1型※13.2×8.8m

2万円以上の高価格帯、画質重視を重視したコンパクトカメラによく採用されています。

  • マイクロフォーサーズ※17.3×13mm

主に、オリンパスとPanasonicが採用しています。

  • APS-C※22.2×14.9mm・23.6×15.8mm

22.2×14.9mmは、Cannonが採用しています。23.6×15.8mm富士フイルム、SONYが採用しています。

  • フルサイズ※36×24mm

フルサイズは、SONY、Nikon、Cannon、パナソニックとドイツのライカが採用しています。

フルサイズのメリットって?

感度とぼかしに差が出ます。


フォーサーズは、思うようなぼかしのある撮影が出来ません。

フルサイズのイメージセンサーなら大きなボケを作りやすいのが特徴です。※ぼかし、大きなボケも撮影できるスマホも最近では増えています。

※HUAWEI P20は、ライカレンズ(SUMMILUX-H 1:1.6/ 27 ASPH)を2つ搭載して美しいボケを再現しています。


ミラーレスカメラを選ぶ時には、フルサイズを選ぶべきとメリット

  • 光量少なくきれいな仕上がり
  • 感度と大きなボケ
  • 一眼レフカメラよりコンパクト

※軽い(フルサイズで比較⇨CannonのフルサイズEOS 5D MarkⅥ:890g EOS R:660g Cannonだと230g軽い!)

フルサイズのデメリットは?

フルサイズになるとカメラの設計構造を見直したとしても軽量コンパクトにするのが難しくなります。ミラーレスの魅力の軽いという最大のメリットが失われてしまうことも。


イメージセンサーが大きくなればなるほどでかくて重くなってしまうため、撮影したい被写体と予算に合わせてコンデジ、一眼レフ、ミラーレスから選びメーカーとスペックを確認することおすすめします。

センサーが小さくなるほど遠くの被写体も撮影が可能になります。


フルサイズ=高画質 ここにこだわることないと思います。 遠い距離から望遠レンズを使う場合には、撮影したい写真(野鳥や天体など)に合わせて使い分けおすすめです。月などかなり遠くの被写体の場合、小さいセンサーの方が解像度もアップします。

まとめ

スマホや一眼レフと比較するといいことがたくさんある分もちろんデメリットもあります。
レンズが大きすぎることです。

フルサイズミラーレスカメラは、構造がシンプルで薄型化。

フルサイズのミラーレスカメラを選ぶ方は画質は重視したい。

カメラのキタムラへ行きパナソニックのマイクロフォーサイズのレンズとフルサイズのレンズを比較したところ、2まわりくらい大きいなと印象を受けました。

画質追及をしていくフルサイズのレンズは、『大きくなる・重くなる・価格が高くなる』のがデメリットになります。

ミラーレスカメラは、2019年、SONY、Nikon、Cannon、パナソニックの4強です。

撮影中のファインダー(EVF)のやグリップの質で持ちやすさの向上、ボタンやダイヤルの仕様で設定しやすいなど入門機、上級機で価格差もありますが構造がシンプルな分写真を記録するイメージセンサーの大きさに画質は左右されます。

フルサイズにすべきかマイクロフォーサーズでいいのかなどメリットとデメリットを読んで購入前の判断材料にしてください。

ミラーレスカメラは、ティッシュペーパーやお米と違い消耗品ではないのでこれから撮影したい被写体に合わせ用途にあった商品を選んでください。

イメージセンサーで画質が左右されるのでフルサイズの中でいまおすすめのミラーレスカメラを紹介します。

SONY α6400 タッチパッドで液晶画面の操作がしやすい 高速連射で一瞬のシャッターチャンスも見逃さないミラーレスカメラ

富士フイルム X-T30 マニュアル操作で写真を趣味として楽しみたい方におすすめのミラーレスカメラ。クラシカルなデザインも素敵です。