カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

イメージセンサーの大きさで画質が決まるミラーレスカメラ"フルサイズ"について

皆様、こんにちは。

一眼レフカメラが欲しくて家電量販店に通っていた私。最近は、ミラーレスカメラが人気だといつも購入させていただいている家電量販店のスタッフさんに教えてもらいました。女性に大人気のミラーレスカメラ。スマホ・一眼レフカメラと比較の記事の続きを書きます。比較記事では、下記のことを主に紹介してきました。

  • なぜ、スマホのカメラあるのにミラーレスカメラが人気なのか。
  • 一眼レフと比較して軽いの?ミラーレスって何?
  • 画質って向上するの?
  • ミラーレスカメラが注目された理由

今回は、ミラーレスカメラにとって重要なキーワード写真を記録する"センサーのフルサイズとは"について紹介したいと思います。


なぜミラーレスカメラが盛り上がっている?

私が、購入しようとしていた一眼レフでは、Canon デジタル一眼レフカメラ"EOS Kiss X9"ダブルズームキットをAmazonで購入したいと思ったきっかけの記事のCannonを選んだ理由で紹介した通り2019年は、1位Canonが57.4%でした。2位Nikon39.3%で2強の状態がずっと続いています。CannonやNikonがあまり力を入れていなかったミラーレスカメラに目を付けたソニーが2013年にフルサイズミラーレスカメラを発売しました。少しずつシェアを伸ばし2018年ではフルサイズ市場でSONYが世界シェアトップになりました。※私が勘違いしていたのがカメラについて知らなかった時に家電量販店のスタッフさんがSONYがお勧めですと熱弁していたのですが一眼レフカメラしか知らなかった私。。シェアは、CannonとNikonでほぼ100%だと思ったのに。SONYの販売促進キャンペーンでもやっているのかなとかなぜって思ってました。今考えるとあの時スタッフさんが熱弁していたこと。がようやく理解できました。

  • SONYが、2018年にフルサイズ市場で世界シェアトップになった。
  • 2018年の秋ごろから一眼レフ2強のCannonとNikonが参入してきたこと。
  • 2019年の春ごろからPanasonicも参入してきたこと。
  • SONYのα7Ⅲが市場で大人気となりCannonとNikon、パナソニックも参入。シェア争いもありどんどん進化していること。

※SONY α7Ⅲの実勢価格(ボディのみ)2019年5月時点で24万8270円です。

フルサイズってなに??

ミラーレスカメラのことを調べていくと必ず耳にするフルサイズ家電量販店のスタッフさんの説明でも度々紹介されていた言葉だったし、価格comやカメラの専門誌で調べても詳しい方がイメージセンサーが大きいほど画質には有利!と商品を購入する際に重要なポイントとなります。画像エンジンが一括処理と構造がシンプルな分画像エンジンの性能に依存します。※女性に大人気のミラーレスカメラ。スマホ・一眼レフカメラと比較、記事内の目次、ミラーレスカメラ・一眼レフカメラの違いで構造の確認が出来ます。
ミラーレスカメラは、画質はイメージセンサーの大きさで左右されるといっても過言ではありません。センサーが大きければ当然同じ画素数でも1つ1つの画素の面積が広くなるので多くの光を取り込むことが可能です。光量が少ない夜間でも明るさや色合いに差が出ます。センサーサイズが大きいほど高感度設定での撮影時でもノイズが少なく仕上がりがきれいになります。若い女性は、特にされると思うのですが撮影後の編集、背景の色の明るさを調整しても画質が悪くなることがさけられます。

カメラのイメージセンサーの代表的なサイズについて

・1/2.3型※6.2×4.7m
エントリーモデル1万円くらいで購入できるコンパクトカメラや高価格のスマートフォンに使われています。スマホは、小さなセンサーを画像処理技術で補ってコンパクトカメラと同等もしくはそれ以上の色合い、きれいな写真にしています。

  • 1型※13.2×8.8m

2万円以上の高価格帯、画質重視を重視したコンパクトカメラによく採用されています。

  • マイクロフォーサーズ※17.3×13mm

主に、オリンパスとPanasonicが採用しています。

  • APS-C※22.2×14.9mm・23.6×15.8mm

22.2×14.9mmは、Cannonが採用しています。23.6×15.8mm富士フイルム、SONYが採用しています。

  • フルサイズ※36×24mm

フルサイズは、SONY、Nikon、Cannon、パナソニックとドイツのライカが採用しています。

フルサイズのメリットって?

感度とぼかしに差が出ます!フォーサーズは、思うようなぼかしのある撮影が出来ません。。フルサイズのイメージセンサーなら大きなボケを作りやすいのが特徴です。※ぼかし、大きなボケも撮影できるスマホも最近では増えています。※HUAWEI P20は、ライカレンズ(SUMMILUX-H 1:1.6/ 27 ASPH)を2つ搭載して美しいボケを再現しています。

フルサイズのデメリットは?

ミラーレスカメラを選ぶ時には、フルサイズを選ぶべきとメリット

  • 光量少なくきれいな仕上がり
  • 感度と大きなボケ
  • 一眼レフカメラよりコンパクト

※軽い(フルサイズで比較⇨CannonのフルサイズEOS 5D MarkⅥ:890g EOS R:660g Cannonだと230g軽い!)

まとめ

スマホや一眼レフと比較するといいことがたくさんある分もちろんデメリットもあります。
レンズが大きすぎることです。
フルサイズミラーレスカメラは、構造がシンプルで薄型化。フルサイズのミラーレスカメラを選ぶ方は画質は重視したい。カメラのキタムラへ行きパナソニックのマイクロフォーサイズのレンズとフルサイズのレンズを比較したところ、2まわりくらい大きいなと印象を受けました。画質追及をしていくフルサイズのレンズは、『大きくなる・重くなる・価格が高くなる』のがデメリットになります。

ミラーレスカメラは、2019年、SONY、Nikon、Cannon、パナソニックの4強です。撮影中のファインダー(EVF)のやグリップの質で持ちやすさの向上、ボタンやダイヤルの仕様で設定しやすいなど入門機、上級機で価格差もありますが構造がシンプルな分写真を記録するイメージセンサーの大きさに画質は左右されます。

フルサイズにすべきかマイクロフォーサーズでいいのかなどメリットとデメリットを読んで購入前の判断材料にしてもらえたらうれしいです。ミラーレスカメラは、ティッシュペーパーやお米と違い消耗品ではないのでこれから撮影したい被写体に合わせ用途にあった商品を選んでください。

ミラーレスカメラは、イメージセンサーで画質が左右されます。フルサイズのおすすめミラーレスカメラを紹介します。

SONY α6400 タッチパッドで液晶画面の操作がしやすい 高速連射で一瞬のシャッターチャンスも見逃さないミラーレスカメラ

富士フイルム X-T30 マニュアル操作で写真を趣味として楽しみたい方におすすめのミラーレスカメラ。クラシカルなデザインも素敵です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

読者登録よろしくお願いします。

また読みたいと少しでも思えたらブックマーク登録してもらえたらうれしいです。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~


最新のAmazonデバイス。スマートスピーカーのEcho全7モデルのスペック(音質、機能)を比較しました。
Amazon Echo(アレクサ)おすすめモデルは?基本スペックを比較