50インチで破格の5万円以下【モダンデコ・sunrize 4Kテレビ】レビュー!地デジのみなら選ぶ価値あり

  • 2021年4月3日
  • 2021年4月3日
  • AV機器

寝室で使っていたテレビが故障したのがきっかけで50インチ前後で5万円以下の破格4Kテレビを見つけるために家電量販店巡りしました。

店頭の片隅にポツンと置かれていた4Kチューナーが非搭載のモダンデコ・sunrize 4kフレームレステレビが目に止まり選ぶ価値があるのか気になってAmazonのレビュー評価を確認してみると「コスパ考えたら最強」、「PS5購入きっかけやPCモニターとして文句なし」と高評価でした。

画質や機能などのスペック、コスパと4Kチューナーの必要性についてまとめました。

僕のように寝室や子供部屋では、有機ELや高画質なIPSパネルは求めてない。動画配信サービスは今のところ利用の予定なしの方は、4Kチューナーだけでなく無線LANやアプリ非搭載の【モダンデコ・sunrize 4kテレビ】で十分なことがわかりました!

VODのサブスクを見たくなったら後付けも出来るし♬

地デジ中心にテレビを見たい。5万円以下で高画質なテレビを探している方へ。

モダンデコ・sunrize 4kフレームレステレビをレビューします。

【モダンデコ・sunrize 4Kテレビ】レビュー

モダンデコ・sunrize 4kフレームレステレビのサイズ、本体仕様、液晶パネルの仕様についてまとめました。

ブランドモダンデコ・sunrize
本体サイズ約 幅111.2㎝×奥行23.8㎝×高さ68.6㎝(スタンド含む)
メーカー型番Tv50-4k-2-bk
画面サイズ50インチ
壁掛け対応可能
壁掛け取付寸法約 20㎝×20㎝
重量約10.2kg
チューナー数地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2
スピーカー10W×2
ディスプレイの特徴VAパネル・4KHDR対応, 直下型LEDバックライト
液晶パネル画素数3840 x 2160 ピクセル
視野角約 178°/178°(左右/上下)
録画用外付けHDD専用端子USB3.0、USB2.0が1つずつ 
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2020/7/29
Amazon.co.jp のレビュー評価4.3 ※2021年4月3日時点
保証3年

ディスプレイに使っているのは、VAパネルになるためIPSよりもコンストラスト比が高くなる一方、視野角は狭くなってしまいます。

寝室や子供部屋は6~8畳あたりだと思うので横から見ることはほぼないので問題なし。

寝ながら映画を見るなら黒がキレイに映し力強い印象になるVAパネルがいいですね。

5万円以下の4Kテレビで3年保証がついているため安心感が違います。コスパの良さも実感できます。


画質

VAパネルと直下型LEDバックライトを採用していることから黒が鮮明に映る色の明暗が鮮明なのでコスパがいいと家電量販店のスタッフに説明は受けたものの近くでマジマジみると若干の粗さは感じました。

4K以上のテレビの最適な視聴距離は、『画面の高さに対して3倍』を保つのがいいので【モダンデコ・sunrize 4Kテレビ】の高さ68.6cm×3=205.8cmあたりがおすすめです。

テレビを見る時の一番最適な視聴距離

実際に2mくらい離れてみるとメリハリある画面で奥行も感じたので価格以上の画質だと感じました。

店頭に並んでいた20万円台の東芝REGZA 55X9400は、有機ELなので比較対象にはならないけど近くで見ても立体的な映像がすごかったです。

5万円以上ならハイセンス50E6800が候補となるけど寝室や子供部屋に設置するなら黒がキレイに映った【モダンデコ・sunrize 4kフレームレステレビ】で十分です!

コスパ

4KHDRに対応して明暗がはっきりする、発色のバランスがいい、黒諧調もくずれないので旅番組も映画も楽しめます。

フレームの幅が約5.9㎜とほぼパネルになっているので50インチでも目立たないので寝室や子供部屋に置いたときにインテリアとなじみます。

画質もデザインも優れているので5万円以下で手に入るならコスパはいいですね。

この安さの理由は、4Kチューナーの有無の違いによるものです。

ありの機種・・・5~20万円なしの機種・・・4~5万円

また、地上デジタル放送を見るためにテレビを買い替えするならネット接続やアプリ対応はいりません。

4Kチューナー非搭載で問題なし

家電量販店のテレビコーナーのスタッフに地上デジタル放送が目的の買い替えの場合、本当に4Kチューナーが必要なのか確認してみました。

2021年時点で4Kチューナーを使って視聴できるのはBSとCS放送のみで地デジは2K放送のままなので必要ではないとアドバイスをもらいました。

  • BS放送・・・2018年開始
  • CS放送・・・2018年開始
  • 地上デジタル放送・・・開始未定

ネットフリックスやHuluなどVODのサブスク利用する方、TUTAYAやゲオなどのレンタルショップでブルーレイなどを4K画質で楽しみたい方は4K画質対応のテレビは必要だけど、いまのところチューナーはなくても困らないですね。


オリンピックやワールドカップなど大きなイベントでどうしてもBSやCS放送の4Kチューナーを見たい方はブルーレイレコーダーを買う方が賢明な選択です。

チューナーは、2つあるので最大2番組の同時録画にも対応です。

無料アプリの「どこでもディーガ」をインストールすればスマホから録画予約できちゃいます。録画した番組や放送している番組をスマホで楽しめます。HDD容量は、2TBもあるので家族で共有できます。

DMR-4W101は、HDD容量が1TBなのでその分価格が抑えられています。

ネットテレビ用の機器を後付け可能

いまの時代、寝室や子供部屋でもAndroidTVのような動画配信アプリ対応のテレビがほしいという方もいるのではないでしょうか?

4Kチューナーが非搭載だともちろん無線LANやアプリの対応もないです。

実際に3ヶ月くらい使ってみてAndroid TVのようにしたくなったらApple TV4K(32GB)やAmazonのFire TV Stick 4Kなどを購入してUSBポートに挿すだけでハイスペックモデルのようにYouTubeやネットフリックス、hulu、Abemaなどサブスクを楽しむことができるので後付けでいいです。

アプリでネット動画の視聴はもちろんAirPlay対応でスマホの画面を写すことも可能です!

Apple TV4K(32GB)よりも安いのが魅力的です。リモコンにマイクボタンがあるから音声検索もできます。


ハイスペックモデルを選ぶと必要のない機能もついて価格はどんどん上がっていくでしょう。

必要なら後付けできる【モダンデコ・sunrize 4Kテレビ】を選ぶ価値は十分にあります。


テレビの買い替えするならネット対応モデルがいいという方は、音質に評判がいいのでサブスク利用する方にTLCの50P715がおすすめです。

実機で確認したところモダンデコ・sunrize 4kフレームレステレビの方が画質がキレイに感じました。

TLCの50P715は、発色が若干暗めでした。

まとめ

有機ELや高性能4Kテレビと画質を比較すると劣るものの最適な視聴距離で確認するとVAパネル搭載のため5万円以下のテレビとは思えないほど高画質な【モダンデコ・sunrize 4Kテレビ】でした。

IPSパネル搭載機種よりも視野角は狭くなるものの6~8畳の寝室や子供部屋に設置ならそもそも横から見ないのでまったく問題ないです。

家電量販店で実機で音も体感出来ましたが広いスペースに設置しているため反響する場所がなくレビューは難しいけどスピーカー10W×2のAmazonの口コミも高評価なのでセリフなども聞き取りやすいと思います。

生活スタイルは、変わるものだから必要になったら後付けでAmazonのFire TV Stick 4KをUSBポートに挿してネット機能を追加すればいいのも魅力です。

シンプルイズベストの【モダンデコ・sunrize 4kフレームレステレビ】を寝室、子供部屋などに検討してみてはいかがでしょうか?