MooSoo【D601】レビュー|クーポン適用で最安値モーターヘッド搭載自走式サイクロン掃除機

自走式で腕が疲れない最安値のサイクロン掃除機をAmazonから探したところ高評価が多いMooSoo”D601“はモーターヘッド搭載で17kPaという最強吸引力。

MooSoo"D601"サイクロン掃除機
MooSoo”D601″サイクロン掃除機

コードレスタイプは、持ち運びが便利だけど充電をし忘れると使いたい時に使えない。バッテリーの場合、吸引力が弱くてカーペットの奥に入り込んだ髪の毛やペットの毛をしっかりと吸引出来るか不安という方にコンセントに挿して使うタイプで吸引力が強く1万円以下のサイクロン掃除機を探している方におすすめのMooSoo”D601″サイクロン掃除機レビューします。

MooSoo「D601」のサイクロン掃除機は、Amazonクーポン適用で7000円ほどで購入出来る最安値が魅力の商品です。

値段だけ見ると激安でお買い得な感じがしまうが組み立てしにくいとか、使い勝手が悪いとコスパがいいとは言えません。

吸引力や運転時の音、コンセントに挿すタイプのメリット、ダストカップのメンテナンスのしやすさなどからMooSoo”D601″を評価します。

MooSoo「D601」サイクロン掃除機の最大の特徴は、自走式ヘッドです。フローリングの上を掃除する際自動でヘッドが回転するので腕に負担がかかりません。家じゅうのホコリを吸い取ってきれいにしよう。年末の大掃除にも役立つサイクロン掃除機です。

600Wのハイパワー最強の吸引力17KPaのAmazonの商品説明欄を見るとカーペットのホコリを吸い取った場合、ヘッドが吸い付いてしまいヘッドが動かしにくくなるのではないかと思いました。

自走式のモーターヘッドで腕が疲れずスイスイ動かすことが出来ました。
YouTubeの動画開始画面では、ダストカップの中は空の状態⇨1分ほどカーペットの上を前後に動かすだけでかなりのホコリ(髪の毛やペットの毛)がとれたのが確認出来ます。

モーターヘッド搭載のサイクロン掃除機 MooSoo カーペットで吸引力試してみた

充電式のコードレス掃除機と比較すると作動時の音が少し大きく感じますが同じ時間掃除した場合、ごみを吸い取る量が違うので本格的に家をきれいにしたい方にはコード付きのサイクロン掃除機がおすすめです。

コード付きの掃除機で気になる点は、コンセントの挿す場所を探さないといけないことです。MooSoo「D601」サイクロン掃除機は、コードの長さが5mあるので部屋ごとコンセントを差し替えれば問題なく使うことが可能です。

ピアノや机、ソファーの下など暗くてごみを見つけにくい場所を掃除する時、モーターヘッドにLEDライト付きなので明かりで照らしながら掃除できるのもメリットに感じました。

排気に関しては、4層の強力なろ過システムを採用しろ過精度はPM0.1に対応しています。

  • 1層目 フィルター面
  • 2層目 HEPA
  • 3層目 金属フィルター
  • 4層目 サイクロン吸引口

最近は、アレルギー体質な方が多く小さな粒子やバクテリアを機外に排気しない清潔な空気を保つ掃除機に魅力を感じます。

たまったごみを捨てるときは、ダストカップのフタを開けてひっくり返して捨てるだけ。0.8L大容量ダストカップなので掃除が終わる度捨てる手間がないのもメリットです。

紙パックが不要なので買い替えの手間が省けること。フィルターは水洗いが可能なのでいつでも清潔に保てます。

気になった点。。。
Amazonの商品説明では、壁固定が可能なので置き場所に困らないと紹介がありますが賃貸のアパートなどに住んでいる方や壁に固定のフックを取り付けたくない方は保管方法はスティックを外しコンパクトな状態にして物置にしまうなど別の方法を考えないといけない。コードも収納出来ないので本体に巻くしかない。保管する場所を確保できる方には、1万円以下でサイクロン掃除機が購入出来ること、吸引力が強く自走式モーターヘッドで腕も疲れないのでおすすめです。

サイクロン掃除機のスペックについて

Amazonのクーポン適用でお得に購入出来るMooSoo”D601″サイクロン掃除機もスペックを確認しておけば使用用途に合うかコードレス掃除機なのか判断可能です。

スペックについて

  • 商品重量 1.7kg 自走式のモーターヘッドで腕の負担が少ないのがメリットです。
  • 集塵方式 サイクロン式
  • Amazonでの取り扱い開始日: 2019/11/23 『カプーノ』家電のブログでは、新しくAmazonで取り扱い開始された気になった機種をレビューしています。
  • 製品モデル D601
  • ノズルタイプ 自走式パワーブラシ
  • 吸い込み仕事率 600W
  • 本体寸法 幅243×奥行348×高さ198mm
  • 運転音 55~61db
  • 集塵容積 0.8L  ダストカップは、フタを開けてたまったホコリを捨てるだけなので0.8Lでも問題ないです。
  • 電源コード長さ 5m 各部屋のコンセントに挿して掃除する際5mの長さがあれば延長コードを接続する必要はありません。
  • 価格 同じ機構、スペックで比較した場合に最安値

スティックを外して掃除機本体と2Wayノズルを取り付ければ小型のコードレス”サイクロン掃除機”となり車内のカーペットの掃除も可能になります。※屋外のコンセント差し込み口が必要です。

サイクロン掃除機の組み立て方について

激安サイクロン掃除機は、Amazonで購入すると最安値で手に入れることが出来ますが使用する前には組み立てを自分で行う必要があります。

今回、私が写真撮影をしたためMooSoo”D601″サイクロン掃除機の組み立ては中学生の娘が対応しました。
説明書を見なくても本体とスティック、モーターヘッドに取り付けていくだけなので簡単です。

MooSoo「D601」サイクロン掃除機の組み立て方を紹介します。

MooSooD601サイクロン掃除機 梱包状態
MooSooD601サイクロン掃除機 梱包状態

配送時に延長パイプと本体、各パーツが傷がつかないように発泡スチロールの型で収納されており安心しました。

モーターヘッドと延長パイプと本体の他に各パーツ一式の写真です。

MooSooD601サイクロン掃除機 本体とパーツ一式
MooSooD601サイクロン掃除機 本体とパーツ一式
  • 掃除機本体
  • 延長パイプ
  • フロアヘッド
  • 2WAYノズル
  • 壁掛け用フック
  • ネジ
  • 取扱説明書

組み立て手順
箱から本体と延長パイプを取り出しカチッという音がなるまで挿し込みます。

MooSooD601サイクロン掃除機 本体と延長パイプ組立
MooSooD601サイクロン掃除機 本体と延長パイプ組立

延長パイプは、2本入っています。本体と延長パイプを接続完了したら延長用にもう1本接続します。

MooSooD601サイクロン掃除機 延長パイプ接続
MooSooD601サイクロン掃除機 延長パイプ接続

延長パイプにフロアヘッドを接続したら組み立て完了です。掃除機を見たことある方なら説明書なしで組み立てが可能だと思います。

MooSooD601サイクロン掃除機 本体と延長パイプ組立
MooSooD601サイクロン掃除機 本体と延長パイプ組立

今回は、屋内の掃除として使用する延長パイプ2本を接続した組み立て画像を紹介しました。延長パイプを取り付けず2WAYノズルを接続すると車内の清掃やソファーの下や扉のレールになどに挟まって吸い取ることが難しいゴミやホコリも掃除可能です。

まとめ

MooSoo”D601″サイクロン掃除機は、Amazonの発売開始日が2019/11/23と新しいためAmazon500円オフのクーポンが使えて7000円と激安コードレス掃除機となってます。コードレスタイプは、バッテリーで運転させるために吸引力が若干弱いことが気になる。充電しないと使えないのでコード付きのサイクロン掃除機を探している方におすすめの機種です。

吸引力が強いのでコードレスタイプと比較すると運転時の音が大きくなりますがカーペットの上を前後に動かすだけでたくさんの髪の毛やホコリ、猫の毛が吸い取れたので間違いない商品だと実感しました。

1.7kgと軽く自走式なのでモーターの力でヘッドを動かすことが出来るので腕が疲れない。

紙パック不要でダストカップにたまったごみは本体をひっくり返してフタを開けて捨てるだけ。フィルターの清掃を定期的に行うだけなのでランニングコストがかからない。など最安値なのに機能が優れていることには驚きました。もう少しなところは収納時フックを取り付けて固定しなければいけないことです。

1万円以下のサイクロン掃除機でハイパワーな機種を探している方へ最安値のMooSoo「D601」おすすめです。