ノイズキャンセリングイヤホン比較|集中してコンテンツ楽しめるおすすめブランド

  • 2020年2月5日
  • 2020年8月28日
  • AV機器

完全ワイヤレスイヤホンの中で限られたブランドの特別な機能(ノイズキャンセリング)が2020年になり一般ユーザーにも手が届く価格帯まで普及してブームになっています。

Apple、ソニー、ヤマハの人気ブランドがノイズキャンセリング機能を採用した商品をラインナップしたことで価格が抑えられて、機能も充実してきました。

スマホ使って好きな音楽を視聴するだけでなくYouTubeやAmazonプライムなどの動画配信サービスを利用するなどイヤホンを使って色々なコンテンツを楽しむ時代になりノイズキャンセリングイヤホンが注目されています。

今回は、おすすめのブランドの人気機種と特徴についてレビューします。

高級オーディオのヘッドホンについている機能。最近では、スマホで視聴する小型のイヤホンにもNC機能が搭載されているのでクリアな音を求めている方、音楽が好きな方は、ノイズキャンセリングという言葉をよく耳にするのではないでしょうか?

周囲の音を消して音楽だけを楽しむことが出来る。

  • 飛行機に搭乗した場合、ジェットエンジンの「ゴー」っていう音が小さくなる。
  • カフェで仕事する場合、周囲の音が遮断されるので集中できる。
  • 電車内の話し声を気にせず音楽を聴くこと出来る。

最近では、VOD(ビデオオンデマンド)、AmazonプライムやYouTube、ネットフリックス利用する方が多くなってきたことから騒音だけ消すことが出来るノイズキャンセリングイヤホンが注目されています。

どのように雑音だけ消すの?
イヤホンを装着した時のイヤーピースのかたちが数種類用意するのではなく、音の波形、つまり騒音となる音波の波形に対して逆相の波形を作ることで不快な騒音を打ち消しています。

基本的にノイズキャンセリングイヤホン内部には小さな集音マイクが内蔵されておりノイズとなる音をひろいます。DSP(デジタルシグナルプロセッサ)という回路でジェットエンジンの音、カフェの周囲の音、電車内の話し声などの正反対の波形を作り出し音楽や、動画配信の音のみ聴くことが出来る技術です。

騒音となる周囲の音を消すことが出来て集中してコンテンツを楽しめるイヤホンとして2020年普及すると思います。

この音の波形を使った技術は、吸音材や防音材を使わない騒音低減へ可能性が高いと注目されていることから各方面で試されていくと思います。

アーティストが伝えたい想い、クリアな音を求める音楽好きな方へ。2020年おすすめのノイズキャンセリングイヤホン比較しました。

アップル Air Pods Proの特徴

アクティブノイズキャンセリング 機能が「サウンド」に集中出来ます。

アダプティブイコライゼーション機能が聴く方の耳の形に合わせて自動的に調節 してくれます。

iPad、iPhoneなどすべてのApple製デバイスで簡単に設定できるので互換性が高いです。

用意されているイヤーチップは、シリコン製で柔らかくサイズは3種類あり耳の形に合うものを選べます。耳の小さい女性にもおすすめ。

スマートスピーカーSiriへの連動性がよく「Hey Siri」と声をかけるだけでアクセスが可能です。

ノイズキャンセリングイヤホンを装着していると周囲の音に気が付かず周りの状況がわからなくなってしまう場合がありますが Air Pods Proは、今起きていることがわかる外部音取り込みモードあるので安心です。

ソニー WF-1000XM3の特徴

完全ワイヤレスでハイレゾ相当の音と高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1eを搭載したことで聴きたい音楽を集中して楽しむことが出来るおすすめのイヤホン。

片側ヘッドホンの質量は、8.5gと軽く女性にも人気です。イヤホンのコードがないので「聴きながら作業」が快適な上、新Bluetoothチップ採用したこととアンテナ構造を改善したことで動画視聴時などの音声遅延が少なくなりコンテンツに集中できるのが ソニー WF-1000XM3の特徴です。

今回おすすめのブランド、Apple、ソニー、ヤマハのノイズキャンセリング性能比較した結果、最高クラスと言っても過言ではありません。

ヤマハ TW-E7Aの特徴

2020年1月15日に発売予定だったヤマハのTW-E7A発売時期は、春ごろに延期するという開発延期のニュースがありました。ヤマハでは、開発遅延のためとアナウンスしています。
※1月15日より開始する予定だった予約受付も延期となってます。

今回おすすめしたAir Pods Proやソニー WF-1000XM3のノイズキャンセリング技術が高く追随するヤマハとしては販売延期としてもユーザーが満足できる商品に仕上げたいという思いがあるのだと感じました。

遮音性に優れたイヤホンでIPX5相当の防水性能ある機種があまりないので汗をかきやすいトレーニングジムのランニングマシン利用する時やなど購入候補におすすめです。

ノイズキャンセリングイヤホン。完全ワイヤレスイヤホンでありながら左右独立テクノロジーにより音切れしにくく快適なこと。

ヤマハ独自のリスニングケア技術とAir Pods Proに匹敵するとまで言われている高精度アクティブノイズキャンセリング機能が注目されています。

2月5日時点でAmazonや価格comの取り扱いがないため商品紹介出来ません。発売時期や予約受付開始時期わかった時点で更新します。

ノイズキャンセリングイヤホン比較:まとめ

2019年後半あたりから3万円以下のイヤホンでもクリアな音を求める方に人気のノイズキャンセリング機能が普及してきました。

2014年 9月19日にBOSEの「QC25」がノイズキャンセリング技術の開発して音楽好きに評価の高いヘッドフォンを商品化してから6年経ちました。2020年になると人気ブランドのノイズキャンセリングイヤホンは性能やデザインを比較出来るほどラインナップ揃ってきました。

スマート家電との連動性を考えるとアップル Air Pods Proは、Siriへのアクセスが容易なのでおすすめです。

3万円以下の一般ユーザーにも手が届く価格帯でノイズキャンセリングイヤホンが商品化されてきました。

その点、アップル Air Pods Proとヤマハ TW-E7Aを比較すると外の音を取り込みながら音楽を聴ける機能もあるのでおすすめです。

サブスク音楽配信サービスやYouTubeなどのビデオオンデマンドなどの利用者が増えているので集中してコンテンツを楽しめるガジェットは注目を集めること間違いないと思います。

これからも集中してコンテンツ楽しめるノイズキャンセリングイヤホンを比較しておすすめブランドを紹介していきます。