カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

スマホ用ジンバルOSMO MOBILE3!滑らかな動画撮れる最強ガジェット

日本で折りたためるスマホ用ジンバルOSMO MOBILE3が2019年8月13日に発売されました。


※3軸ジンバルとは、モーターの力で左右(パン)、上下(チルト)、ロール(回転)どの方向に動いてもカメラ※(スマホやタブレット含む)を水平に保つ機構


ブログ記事を視覚的に紹介するために動きでイメージがつく商品にはYouTube動画で撮影しTwitterなどで紹介しています。スマホで撮影した動画は手振れがひどく見にくい。。。


OSMO MOBILE3があれば動画撮影のコツ、ポイントがわからない私でも手振れが少なくスーッと動く流れるような動画を撮影出来るようになるのでガジェット、家電などを紹介するかぷちーのBlogにとって最も欲しい商品です。

f:id:cappuccino0712:20191002225859j:plain
OSMO MOBILE3
出典:amazon

私のスマホ※HUAWEI nova lite2でブログで紹介したソフトテニスの練習マシンを撮影しました。
手振れがひどく悩んでいました。

娘のソフトテニスの練習マシン 一人で練習出来る優れもの。ブログで紹介
撮影では、ソフトテニスのボールが入ることを伝えるために手振れなるべく抑えて撮影しましたが風の影響もあり揺れて少し見にくい動画になってしまいました。


私のような動画撮影の知識がない素人でもプロっぽい動画撮影が片手で撮れるDJI OSMO MOBILE3をレビューします!


本記事の内容
  •  OSMO MOBILE3の特徴について
  •  OSMO MOBILE3:操作感について
  •  OSMO MOBILE3の便利な付属品について※専用ケース・ミニ三脚

OSMO MOBILE3の特徴について

OSMO MOBILE3は、手振れが少ないことが特徴です。その理由は、3軸ジンバルの精度が優れているため撮影する方の動きに滑らかに追随してくれます。


動画撮影したことがない方でもプロが撮影したかのような動画が撮れる理由は3軸ジンバルの精度が優れているという特徴にあります。


もう1つの特徴は、片手だけで色々な操作が可能なことです。

ジョイスティック、ズームスライダー、Mボタンと今回新発売されたOSMO MOBILE3で復活した機能トリガーボタンと基本的な操作は片手だけで出来ちゃいます。


写真撮影や録画を開始するボタン、ズームも片手で操作可能です。子供達に実際の商品の画像を見せたらゲームのコントローラーみたいと言ってました。片手でゲーム感覚で自由自在に操作が出来るので間違いなく娘のようなInstagramに掲載する猫の動画もOSMO MOBILE3を使えばプロいの撮れるはずです。

OSMO MOBILE3:手振れ補正について

3軸ジンバルで左右・上下・回転とどの方向にも動いてくれる機構で滑らかに動くので手振れが少ないのが特徴です。


コントローラーの上部とアームの支点でスマホやカメラを固定するので縦ブレに少し弱いのが少しだけきになるところ。ボタン操作に慣れたら縦ブレの弱さを工夫するような撮影方法を見つけるのがいいと思います。

OSMO MOBILE3の撮影モードの変更について

OSMO MOBILE3は、撮影モードが充実しています。被写体、我が家でしたら娘が猫を撮影する時に楽しめる。私がブログで紹介する商品をいろいろな撮影モードで視認性をアップすることが出来ます。


スマホの縦横を切り替えることはもちろん出来ます。ジンバルの固定や被写体を中央に合わせる機能。自動追従機能で人や猫などの被写体も追っかけてくれます。


素人が外で風がある時にスマホ使って動画を撮影すると手振れで見にくくなり。商品の良さが伝わりにくくなってしまいます。


プロっぽく撮るにはOSMO MOBILE3調べてみてタイムラプスとスローモーションという撮影モードがとても気になりました。

画面左側に表示されるスローモーション、タイムラプス、モーションタイムラプスの撮影モードが設定変更可能です。※タイムラプスとは、インターバル動画のことです。2つの機能を同時に出来る撮影モードのモーションタイムラプスを選べば素人でも映画のワンシーンのような魅力的な動画も撮影出来ます。

OSMO MOBILE3の操作感について

YouTubeの動画アップした時に印象に残すには他の方が撮影しないような動画をアップして差をつけることです。通常の撮影をしていて自撮りに切り替えて驚く顔を撮りたい。


トリガーボタンを3回押すだけで通常の撮影から自撮りの変更が可能です。思った時にすぐに設定変更出来るスムースな操作感が魅力的です。


スムーズなカメラワークが楽しいのでYouTubeの動画だけでなく旅行やイベントの時にも活躍すること間違いないと思います。

OSMO MOBILE3の前モデル2との違い

ガジェット系の商品は、新モデルが発売される度に機能や使い勝手がアップするので楽しい側面があります。


OSMO MOBILE3の前モデル2との違いは、折りたためることです。コンパクトになるのでバックに収納可能ですし専用ケースを購入することで傷をつけないで済む。持ち運びが楽になるなどメリットがあります。


ユーチューバーとしてカメラ、3軸ジンバルなどは欠かせない存在です。大切に扱うことでより気持ちも伝わりキレイな動画が撮れるはず。
⇩OSMO MOBILE3の専用ケース⇩


OSMO MOBILE3にはミニ三脚が必須

OSMO MOBILE3にはグリップ式のミニ三脚と自動追従機能の『Active Track 3.0』を一緒に使うことで被写体を自動で追っかけて撮影してくれるので一人ユーチューバーでも一人では絶対に撮影出来ないような自撮り動画も撮れちゃいます。

ミニ三脚があるとジェスチャー操作でかなり楽しめる自撮りが可能に。

OSMO MOBILE3で撮影した映像の編集について

ユーチューバーにとって動画編集は、大切な作業の1つです。映像の編集も専用アプリ『DJI Mimo』があるので簡単に編集が出来ちゃいます。


最近では、トレンドネタをSNSでアップすると拡散されやすい傾向にあるのですぐにSNSにアップ出来る編集が簡単な専用アプリがあるのは便利です。

OSMO MOBILE3:まとめ

かぷちーのBlog|ガジェット・家電・静岡県在住のエンジニアが語る!でブログ更新していくと動画を入れた方がより商品の良さを伝えやすいことに気が付きました。冒頭で紹介させていただいた娘のために購入のテニス練習マシンも動画があるからこそ勝手にテニスボールがネットの穴に入ってくれるのがわかります。


しかし、スマホで撮影してみると風の影響や腕が疲れた時の手振れなどで見にくくなってしまう。。。


3軸ジンバルの機構が優れているために持ち手の動きにしっかりと追従し手振れがものすごい少ない!


片手だけでジョイスティック、ズームスライダー、前モデルになく復活したトリガーボタンなど片手で操作できるように使いやすく設計されてます。撮影モードもモーションタイムラプスでプロっぽい動画簡単に撮れちゃうのも魅力的です。


グリップ式のミニ3脚をセットで購入すればジェスチャー、人の動きに合わせて自撮りも可能に。ユーチューバー、動画撮影を楽しむ方は色々な場所、シーンで撮りたいので専用ケースがあるのもうれしいです。

動画撮影の知識が少なくてもカッコいい動画撮れるOSMO MOBILE3。


売れているユーチューバー※はじめんや水溜まりボンドさんの動画を見ると滑らかな動画撮影されており視覚的に楽しめるYouTubeが多いです。
今回紹介したスマホ用ジンバルOSMO MOBILE3があれば私のようなカメラ撮影の知識がない素人でも滑らかな動画が撮れるので注目してるガジェットです。

カプーノでは、3軸ジンバルやDJIのドローンな便利で面白い商品をリサーチして紹介してます。


私もカプーノチャンネルで愛猫の動画やブログで動きのあるとわかりやすい商品をYouTubeに投稿してるからスマホ用ジンバルOSMO MOBILE3注目しています。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~