ポケトークSレビュー|オリンピック開催で音声翻訳機が売れてる!気になる機能、使い方を解説

2020年は、日本でオリンピック開催されることもあり英語だけでなく様々な言語を話すことが出来たら多くの外国人の方にも満足のいく「おもてなし」サービスが出来ると思います。

f:id:cappuccino0712:20200202212022j:plain
ポケトーク 出典:Amazon

実際には、GoogleのPixel4などのスマホの翻訳機能を使うことも出来ますが専用の音声翻訳機の方が使いやすく売れているのも事実。

サービス業の方は、会社で英会話教室に通うこと進めたり。TOEICの合計点数は何点以上を目指してくださいとか制限をもうけてキャリアアップしているところもある。翻訳の精度が大幅に向上して使いやすい専用の音声翻訳機のポケトークを社員に配布している会社もあると聞きます。

オリンピック開催まであと半年もない今、外国語が苦手でも日本に来ていただいた方に満足出来るサービスしたい。接客業のニーズからいま言葉の壁を乗り越えられるポケトークSが売れています。


ドラえもんのほんやくこんにゃくが2020年で商品化するなんて夢にも思っていませんでした。

専用の翻訳機として人気で売れているのが「ポケトークS」です。

主な機能

  • 55言語対応の文字認識カメラ
  • 英会話レッスン
  • 現地時間時計
  • 通貨換算
  • 翻訳結果自動保存
  • Wi-Fi、テザリング機能

本体料金だけで契約も不要、通信量もかからないのも売れている理由です。133の国と地域でそのまま使えるグローバル・モバイル通信付きで2年間使い放題です。

カメラ翻訳機能を搭載

ポケトークSに搭載しているカメラはAI技術により取り込んだ画像から55の言語を自動認識してくれます。※2019年11月時点

レストランなどでは、英語、中国語など複数の言語がメニューに記載されている場合がありますが一緒に表示してもそれぞれの言語として認識して翻訳してくれるのがすごいところです。

カメラの翻訳機能がすごいガジェットとしてグーグルの「Pixel4」があります。
www.712cappuccino.com
音声をAI処理技術で自動翻訳が出来るスマホとして注目されていますが10万円前後とポケトークと価格を比較すると3倍ほどするので通信料がかからず翻訳機能のみを求めている方は「ポケトークS」がコスパ高くおすすめです。

飲食店やアパレルショップなどオリンピック開催で来日する外国の方とストレスのないコミュニケーションを図るため接客用に発注しているところも増えています。

カメラ翻訳機能がかなり優れていることがわかります。


TOEICの問題をAIの画像認識機能で翻訳した画像です。すべてを訳していると日本語の朗読になってしまいますが確認する時に英文をカメラ撮影することで翻訳して答え合わせすれば勉強時間の時間短縮も出来ます。

英会話レッスン機能

ポケトークSを使った英会話レッスンは、勉強というよりもゲーム感覚で学べるイメージなので楽しく続けられる。

英会話の練習機能は、英語で質問された内容を英語で答えるとAI技術によりポケトークSが答えてくれるから1人で会話の練習が出来る。


日本の中学や高校の英語の授業を振り返ってみると。。。単語や文法をひたすら覚えていた記憶があります。実際に外国の方とビジネストークする際、単語をつなげただけだと意志が伝わらない。リアルな会話練習が出来るので辞書として利用するだけでなく文章で覚えることが出来ます。

2年後グローバル通信について

ポケトークSの音声翻訳機を手に入れれば2年間は、AI技術により英語がまったく話せないおじいちゃんでも来日した方とお話が出来る。

2年後は、どうなってしまうんだろう。

延長手続きをすることで継続利用できるんです。

実際に使ってみると英会話レッスン機能もあるしキャリアアップも出来る、日本もグローバル化が進んで海外出張も多くなることから本体価格で試してみるというのもいいかもしれません。

手続き方法は、ポケトークの本体メニューから変更手続き可能です。
1年間の延長料金は、5000円。2週間の延長料金は、3000円です※いずれも税別。
延長料金については、販売元のソースネクスト公式サイトを2020年2月の情報をもとに掲載しています。

本体さえ手に入れてしまえば2年間は通信料やオプションの費用など一切かからず専用の翻訳機として使うことが出来る。2020年のオリンピック期間中に「通信料無料のAI翻訳機」を探している方におすすめです。

ポケトークSのある生活

日本もグローバル化が進み外国の方と話す機会がこれから多くなります。ポケトークSのある生活になると言語の壁も乗り越えられます。


環境が変わると大きく成長できると言うのでアメリカ人の方と専用の「音声翻訳機」を使って新しい刺激を受けてみるのもいいかもしれません。

どこで買えるのか調べてみた。

ポケトークの普及に向けて実機に触れてほしい。「21世紀のほんやくこんにゃく」がどんなものなのか家電量販店鵜や都内のタワーレコードで展示会、体験会を実施しています。

タワーレコード渋谷店では、商品の確保されているようでブラック、ホワイト、ゴールドの3色用意されていました。


オリンピックの飲食店やアパレル関連のサービス業だけでなく海外旅行・語学学習・ビジネスにも役立ちそうですね。

家電の聖地「秋葉原」でもお客さんによく聞かれる商品は。。。音声翻訳機のポケトークなんですね。


一般的になりつつあるスマート家電は、各商品のジャンルの分けが難しいので欲しい商品を家電量販店などで見つけるのは少し大変です。都内なら多くの家電量販店で今後、需要が見込まれるポケトークSの体験会、即売会をしていると思うので足を運んでみてください。

関東だけでなく北海道の本屋さん(ノルベサ店)でも体験会、取扱を開始しています。


一見、本屋さんが家電を売るのはなぜ??って思いましたが英会話レッスンや中国語、フランス語など勉強する方が増えているため外国語の参考書と合わせて購入したりテキストと比較する方などのためにポケトークを取り扱いしているんだと思います。

数年前は、本屋なら同じ外国語の参考書同士の比較が一般的でしたが本とポケトークを比較するといった商品自体のライバルも変わってきたと感じます。

ポケトークSレビュー音声翻訳機:まとめ

2020年の東京オリンピックでは、様々な外国の方が来日されると思います。


招致に成功した日本の「おもてなし」を実現するにはなんと言ってもコミュニケーションが重要と思います。

困っている方には、手を差し伸べたいけど言葉が通じなくて何もしてあげられなかった。ラグビーワールドカップ開催した時、もっと共通語の英語を勉強しておけばよかったなど後悔しているとSNSでよく見ました。

サービス業中心にポケトークを大量発注しているなどのニュースも見たりするので在庫があるうちに実機に触れたり、実際に購入してアメリカ人の方と英会話を楽しんでみたいと思います。

関連記事