ラーメン屋にウォーターサーバーってあり!?お客様が喜ぶ、うれしいサービスをテーマにした宿題。

子供が通っている中学校では、半年に1度ほどのペースで課題授業があります。

その内容は、家族でテーマを決めて意見交換をし答えを導きだしていくというもの。

前回のテーマは、「絶滅危惧種のコビトカバについて」とちょっと難しい内容でした。

今回は、「ラーメン屋にあるとうれしいサービス」を考えてみたい。と即答でした。

ニュースで度々サービス業が苦境に立たされていることを知っているからでしょうか。

自分がその立場になった時にどのような対応を取るのか。子供が真剣に考えた答えを聞いてみたいこともあり実体験できるテーマに決めました。

社会経験もない子供の目線から出た意見ですが(汗)

なるほどって思えた回答も多々あったので。

「お客様が求めていること。」

ラーメン屋さんを営まれている方に少しでも参考になればうれしいです。

食べに行きたいラーメン屋さんとは

我が家では、週末になると土日のどちらかで必ずラーメンを食べに行きます。

家計を握る主婦の目線から見た場合、ファミレスよりも安いので出費を抑えられる。学生ラーメン(ワンコイン500円)という食券が選べる田ぶしに行こうっていつも子供達に聞いてました。

主人の意見を聞いてみると。。。

魁力屋の黄色い沢庵(たくわん)と焼きめしに醤油ベースのスープが好きで。。。

家系のご飯のおかわりのサービスよかったんだけどお釜が大きくて子供では開けるのも閉めるのも大変だったよね。いまは、おかわり出来ないのかな?

お会計済ませた後に缶コーヒーくれたり、子供達にアイスやデザートもらえたらうれしいよね(*´▽`*)

ららぽーと沼津のフードコートにある飯田商店いつも混んでるけど、味はさっぱりしたしょうゆベースだから比較的空いてる時間帯を狙って朝ラーメンなんかもいいかも。

よく行くラーメン屋  飯田商店

子供達の課題授業のテーマだったけどラーメン好きな主人が熱くなってしまい話を切り替えるのが大変でした(-_-;)

中学生の子供は、色々な方がラーメン屋さんを利用するけどお店のサービスをその人にあった内容に毎回変えることは出来ないよね。

『〇〇があるから〇〇ラーメンに行こう』

とパッと頭に思い浮かぶサービスがあるのが大事だと思うって意見を出してくれました。

20代の女性同士、子育て中の家族、30代のカップルなどいろんな方が口コミしたくなるサービスのあるお店ならお客さんがたくさん来て商売繁盛するのかなと。

我が家が考えた食べに行きたいラーメン屋さんとは。

『どんな人が来店しても喜ぶサービスのあるお店』

だと思いました。

コンビニとコラボした人気ラーメン屋のカップ麺
コンビニとコラボした人気ラーメン屋のカップ麺

コンビニは、売れる商品をリサーチして店頭に並べるスタイルをとっています。

飯田商店のこだわりやラーメンとみ田の味や蒙古タンメンで有名な中本のような激辛という特徴、他にないサービスを提供してメディアに取り上げてもらうとコンビニとタイアップし商品化もできるのではないかと新しい気づきもありました。

飲食店なので味を追及し続けるのは基本なのかもしれません。

ほかのお店がまだ実践してないサービスを提供することが出来たらリピーターが増えるのではないかと子供がその答えを導き出すために年齢やシーン別でこれあったらうれしいよね!って思えるサービスをリストアップしました。

年齢、シーン別のあるとうれしいサービス

日本全国のラーメン店数は、33000軒とかなり多いことが下記の記事からわかりました。

紅虎餃子房の赤トマトチーズタンタン麺
紅虎餃子房の赤トマトチーズタンタン麺

ラーメン屋は、日本全国にどのくらいあるのだろうか。

タウンページのジャンルが「ラーメン」になっている店舗数を集計したが、これとは別に「中華・中国料理」というジャンルもある。約3万軒。

中華料理店でもラーメンを提供していると考えれば、ラーメンの店舗数は、約6万軒といえるかもしれない。

引用元:ラーメンブログ 日本全国のラーメン店数

美容院に行った時にコンビニの数よりも美容院の店舗数って多いんですよ。この近くにも数件のお店がありますが提供しているサービスや料金体系が違うのでライバルとは考えてないのでまだ助かってます。と教えてもらったことを子供に伝えたところ。

美容院も飲食業も店舗数が多いので差別化するか。どんな方が来店しても喜んでくれるお店作りって大切なんだねと意見を言ってくれました。

年齢、シーン別のあるとうれしいサービスのリストを作ってみました。

20代女性、友達複数人で来店

  1. コールボタン
  2. おかわりできるお水
  3. ティッシュボックス

女性ってラーメン好きでよく行くってテレビで見たらしいんでイメージしやすかったみたいですが店員さんの掛け声が大きいお店で「すみませんー!」と呼ぶのが大変そうと思ったそうです。

お水を飲みたい。テーブルが汚れてしまったからティッシュペーパーが欲しい。

なにか行動したい時に店員さんを呼ばないといけない環境が変われば各テーブルにコールボタンを設置しなくても済みそうと言ってました。

子供のいる家族連れで来店

  1. 取り皿
  2. YouTube見れるタブレット
  3. 赤ちゃんのミルク作れるウォーターサーバー

子育て中の場合、外食にあまりお金をかけたくないしお母さんよく取り皿ありますか?って店員さんに聞いていたよね。と言ってました。

子供は、どんな時でも親の行動や言動など観察して成長しているんだと思いました。

2位のYouTube見れるタブレットは、子供が待ち時間にあるとうれしいことだったのであまり参考になるかわかりません(-_-;)

3位のウォーターサーバーは、とても面白い意見だって思いました。いままでラーメン屋さんで見かけたことなかったし冷水も温水もレバーを倒すだけ出すこと出来るのでメニューや各テーブルの目立つ場所に

「ウォーターサーバーの利用はご自由にどうぞ」

と記載しておけば店員さんを呼ぶことなくミルク作れる。

各テーブルにお水の準備もしなくて済む。

いままでの固定観念で物事を考えているとすべてが当たり前に見えて新しい発想をするのが難しいと思います。

みんなが外食楽しんでいる時だからこそ赤ちゃんだけお腹空かせたままは可哀そうだから考えたと言ってました。

ラーメン屋さんにウォーターサーバーってあり?

豚骨ベースのお店じゃなくても意外とラーメン食べると喉が渇く経験あるのでお店にウォーターサーバーあればうれしいなって思いました。

子供と考えたのはお店がウォーターサーバーを設置した時のメリットとデメリットです。

2つのことを比較してメリットが多ければあるとうれしいサービスって言えると思ったからです。

設置するメリット

店員さんがお水の用意をしなくて済む。

お客さんがお水のおかわりしたい時、声をかけたり、コールボタン押さなくて済む。

人件費の削減が可能になる。

設置するデメリット

食券で対応しているお店でお水のサービスもなしだとお客さんとの接点がない。

飲んだ分だけお金がかかってしまう水ボトルを宅配するタイプだとお客さんの目が気になる。

水ボトルの交換が必要で結局人件費って減らせないんじゃない?

浮かせた人件費以上にウォーターサーバーを契約するでデメリットもありそうでした。

ラーメン屋さんにおすすめのウォーターサーバー

一般的なウォーターサーバーだと水ボトルの交換が大変で飲んだ分だけお金もかかってしまうからお店としてデメリットの方が大きくなりそうでした。

子供にどんな商品ならいいのか考えてもらったところ出た答えは3つでした。

  • 毎月定額、どれだけ飲んでもいい。
  • 水ボトルの交換がないこと。
  • フィルターの交換が楽。定期的に届けてくれること。

お店側の立場に立って考えた答えから毎月のコストの計算がしやすい定額タイプがあればいいうれしいよねと。

水ボトルの交換がない。フィルターの定期配送のサービスがあるのも人件費を減らすため。手間を省くことに役立ちそうです。

子供の意見をまとめて出た3つの意見より。

ラーメン屋さんにお店側にもお客さんの立場としてもメリットがあるメーカーは?

水道水をろ過して安心して飲める浄水型のウォーターサーバー。毎月定額2900円の「ハミングウォーター」でした。

今回のラーメン屋にあるとうれしいサービスという宿題の子供と一緒に考えた答えがハミングウォーターだったのですが。

天然水ではないこと。繁盛しているお店だと本体上側のトレイにお水を入れる回数が多く結局人件費が削減出来ないのかもしれない。お店を長期連休した場合も定額料金2900円かかってしまうなど悪評もあるから。

関連記事

各社ウォーターサーバーの公式サイトを1つ1つ見てもいいことしか書いてないしどこが月額料金で一番安いのかわからない。テレビCMやショッピングセンターの勧誘でを決めてしまうと「請求金額を見てびっくり。こんなはずじゃあなかった」と後悔し[…]

一番安いウォーターサーバー

月額料金が安いあまりコストのかからないウォーターサーバーを比較しました。一つの参考材料にしてもらえたらうれしいです。

ラーメン屋さんと一言でいっても、いろんなお店があるから目的に合わせてあるとうれしいサービスするのが重要と感じました。

まとめ

利用する方もサービスを提供する側もいまの生活環境に合わせることが大切だって思います。

今後大事になるのはお客様目線の心意気ってわかってても実現するのは中々難しいです。

今回、中学校の課題で「ラーメン屋にあるとうれしいサービス」について家族で真剣に考えて答え出しました。

すべてのお客様に満足できるサービスを提供するのは不可能だけどあったらうれしい心意気を伝えることは毎月定額のハミングウォーターで実現できそうって思いました。

ラーメン屋さんで新しいサービスを検討してる。人件費を抑えたいと思っているお店へ。

今回の記事が参考になればうれしいです。

前回のテーマは、「絶滅危惧種のコビトカバについて」

関連記事

私の娘は、中学生になり数か月に1度のペースで家族の方と一緒に考えて自分なりの答えを出すという宿題があります。今回は、社会の授業で絶滅危惧種をテーマについて考えてくるというものでした。絶滅危惧種の指定されている動物の例を挙げるなら簡[…]

コビトカバ

自分ならどのような行動をとるべきか。解決の糸口について。子供が出した答えも記事で紹介してます。