ランニング用ワイヤレスイヤホン比較!運動中の快適さから選ぶ

スポーツジムのランニングマシーンを使った時にワイヤレスイヤホンで音楽を聴きながら運動したいそんな方におすすめのワイヤレスイヤホンを紹介します。

本記事の内容

  •  ・ランニング用のワイヤレスイヤホンを選ぶポイント
  •  ・完全ワイヤレス・一体型イヤホン比較
  •  ・最新スポーツイヤホンの比較情報

スポーツジムに通いだして慣れてくると検討したいのがランニング用のワイヤレスイヤホン。

選ぶポイントは、音質がいいとモチベーションがあがりスポーツジムを楽しく通えるきっかけとなりますが激しく動くジムで外れてしまうイヤホンでは。。。

スポーツイヤホンで選ぶポイントは、激しく動いても外れない。不快感がないなど使い勝手のほうが重要です。

今回は、スポーツ用としてはもちろんイヤホンとしての性能のいいものを厳選し最新のランニング用ワイヤレスイヤホンについて紹介します。

完全ワイヤレス・一体型イヤホン比較

スポーツジムでランニングマシンで走った場合、完全ワイヤレス・一体型イヤホンの特徴から走りながらの操作や着脱について比較します。

走ることで人それぞれ違いはあるものの汗をかきます。かいた汗は、耳の間にたまると不快になりイヤホンを外す場合があります。汗を拭くために外した場合、完全ワイヤレスだと置く場所に困ります。

一体型のメリットは、首にかけておくことが可能なので汗をふく、休憩した時1度イヤホンを外したいそんな時も困りません。

完全ワイヤレスのメリットは、ランニングマシンで走っている最中、装着感のいいイヤホンを選べばネックバンドがないため解放感があります。目立たないのでスポーツジムに利用されている他の方にスポーツイヤホンをつけていることがわかりづらいのも特徴です。しかし、再生、停止、音量調整などのボタン操作が2回押す、長押しなどランニングしながら操作するには使いにくいのがデメリットです。

一体型、完全ワイヤレスの特徴から普段使いなら気にならないのですがスポーツジムで運動している時、ランニングしている最中に装着感や操作性と外した時の利便性など考え一体型のワイヤレスイヤホンをおすすめですが自分のスタイルに合うタイプを検討してから購入おすすめします。

最新スポーツイヤホンの比較情報

スポーツジム用に音質はもちろん、防水タイプで運動しても外れにくい装着感や各ボタンの操作性などから最新スポーツイヤホンの比較しました。
今回は、激しく汗をかいても問題ないよう防水規格はIPX7相当のスポーツ向けイヤホンの中から比較しています。

一体型イヤホン比較

JBL SPORT WIRELESS REACT
耳にぴったりとハマるシリコンイヤーフックがフィット感バツグンです。JBL独自のイヤーフックで装着感がいいと高評価の一体型イヤホンです。

運動中操作するときのコントローラーが大きめでわかりやすく操作しやすいこと。走りながら握って操作できる快適性があります。

操作パネル、コントローラーが大きいためランニングなどで上下に揺れると首に当たり多少不快に感じる可能性があります。

音質に関しては、若干低音重視でバランスがいいイヤホンです。音楽のジャンルに関係なくクリアなサウンド、直線的に感じる音がいいと高評価です。

Jaybird TARAH PRO JBD-TRP-001
一体型のワイヤレスイヤホンを選びたい方でJBL SPORT WIRELESS REACTの操作パネルの大きさと形が気になっている方には、Jaybird TARAH PRO JBD-TRP-001おすすめです。

少しカーブした操作パネルで走っている時に不快感が少ないこと大きくないので付け心地の配慮がされているスポーツイヤホンです。

充電する際には、専用ドックがあるので置くだけで快適です。

オーディオ・ビジュアル・アワード「VGP2019 SUMMER」金賞モデル 表彰された商品、プロランナー 川内優輝選手愛用モデル としても注目度も高まっています。

1回のフル充電で14時間再生が可能。5分の充電でおよそ2時間再生できる急速充電も出来るのですぐに使いたい時にも便利です。

マラソン中に気になるネックバンドも首の周りを固定できるスナップロックで一体型として最強の快適さがあると評価されています。

日本プラントロニクス Plantronics BackBestFIT 2100
ランニング中の着地の振動によるノイズの影響を受けない構造になっています。

1万円以下のモデルながらフル充電2時間で連続再生時間7時間と長いです。急速充電は、15分でおよそ1時間の音楽再生が出来るのですぐに使えて快適です。

屋外の使用時に考慮された機能として周囲の音が聞き取りやすくなるよう危険防止機能付きです。独自のイヤーピースで耳を完全に塞ぎ切らないのでランニング中通気性がいいのがメリットです。しかし、イヤホンからどうしても音漏れが発生してしまうので音が微妙という評価に。周囲の音も確認しながらスポーツも楽しみたい方向けの一体型イヤホンです。

ソニー NW-WS623
内蔵メモリを4GB搭載しているのでスマホなどの音楽用デバイスでBluetooth接続することなく音楽を聴けるので快適ですがその分重量がありランニング用には若干向いていない感じです。

JBL SPORT WIRELESS REACTと比較すると音が遠くでなっているように感じるなどランニング中の音質重視で選ぶと評価はよくないです。

ソニー NW-WS623は、海水対応、防塵・耐寒熱性能あるのでメインの用途としてはスポーツジムではランニングよりも水泳用として検討すべきネックバンド型ワイヤレスイヤホンです。

音声通話アプリをダウンロードすることでハンズフリー通話が使えるので水泳用のイヤホン他機能もあると考えればコスパがいい商品です。

完全ワイヤレスイヤホン比較

JBL SPORT WIRELESS FLASH
走っている時にネックバンドやパネルやコントローラーが首にあたるの不快に感じてしまう方は完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

イヤホン本体が少し大きめで装着感に好みがわかれる機種ですが高音域から低音域までの音のバランスがいいことがおすすめの理由です。

トレーニングしている時に会話が出来るトークスルー機能が搭載されていること。周りの音をく聞きやすくする設定(アンビエントアウェア機能)もあるのでスポーツジムでズンバなどのダンスをコーチの話を聞きながらトレーニングする。友達と一緒にスポーツジムに通うなどにおすすめなのがJBL SPORT WIRELESS FLASH完全ワイヤレスイヤホンです。

ソニー WF-SP900
防塵・防水性能は、最高のIP68なので水泳用イヤーピースに付け替えることでソニー WF-SP900完全ワイヤレスイヤホンをつけたままプールに入ることが可能です。

スポーツジムの利用規約でプール内のイヤホンの装着が認められているか確認する必要がありますが音のバランスもよく音質のいいソニーで泳ぎながら音楽を聴くことが出来るのはとても魅力的です。

4GBのメモリを内蔵しているのでスマホなどの端末からBluetooth接続する必要なく本体のみで音楽を楽しむことが可能です。

JBL SPORT WIRELESS FLASHと同様周りの音を聞き取りやすくする機能があります。

装着感は、イヤーピースの装着位置の調整が出来ることとアークサポーターのサイズが3種類から選べるので女性に装着しやすいと支持されている完全ワイヤレスイヤホンです。

AVIOT TE-D01g
耳に押し込むタイプの完全ワイヤレスイヤホンですが走るなど上下に動く運動していても外れにくい。装着感がいいと評判の機種です。

イヤーフックがカナル型(押し込むタイプ)は、価格が安いタイプが多くこのAVIOT TE-D01gは日本製でAmazonで1万円以下で購入可能です。

日本製ということもあり装着感がいいこととバッテリーは10時間と同じ価格帯の機種と比較すると最長です。

音に関しては、JBLやソニーと比較すると若干落ちるもののドライバーにφ6mmダイナミック型を使用しておりコスパがいいワイヤレスイヤホンです。

Jaybird RUN XT
専用アプリのサポートが厚いイヤホンです。

紛失時の捜索出来る外部機能や音楽のイコライザEQ設定の変更で自分好みの音楽環境に変更することが可能です。

アスリートやアーティストのEQ設定を見つけることが出来たり再生リストを共有することが可能になりスポーツと音楽で楽しむことが出来る完全ワイヤレスのイヤホンです。

イヤホン本体が小さいことから女性にも使いやすいと評価されていますが他のスポーツイヤホンと比較すると価格が高いのが少し気になります。

Jaybird RUN XTは、アプリで楽しめる最新スポーツイヤホンを楽しみたい方におすすめです。

日本プラントロニクス Plantronice BackBestFIT 3100
完全ワイヤレスイヤホンのデメリットのランニング中の落ちる心配を解消した耳にかけるフックタイプです。落下の心配が少ないことで気にしながら走る必要がないこと失くしてしまうリスクを考えてフック付きを選びたい方におすすめです。

通気性がいいので流れた汗が耳とイヤホンにたまるというストレスが少ないのがメリットですが反面音質がいいとは言えずランニング中に音楽がなっているのがわかればいい。完全ワイヤレスで外れにくく装着感を求める方におすすめなのがPlantronice BackBestFIT 3100です。

ランニング用ワイヤレスイヤホン比較:まとめ

今回は、走っているとどうしても汗をかくので防水機能が高いIPX7以上の防水規格の中で比較、スポーツジムのランニングマシン使用時や外で走る時におすすめなランニング用ワイヤレスイヤホンを紹介しました。

一体型ワイヤレスイヤホンの中では、JBL SPORT WIRELESS REACTが装着感がよく音のバランスがいいので評価が高い商品です。

完全ワイヤレスイヤホンでは、海・プールで使えるソニーのWF-SP900やイヤーフックがカナル型でランニング中に外れにくいAVIOT TE-D01gも人気です。価格は、他の機種と比較した場合高くなりますが充実したアプリで楽しめるJaybird RUN XTもおすすめです。

ランニング中はどうしても縦揺れするので外れにくく装着感がいいものワイヤレスイヤホンを選びたい。一体型のワイヤレスイヤホンは一時外すといった動作も首にかけておくだけで便利なのでスポーツする方に支持されてますが首にあたるなど不快感がある方は完全ワイヤレスをおすすめします。

CHECK!

    • 装着感にこだわるならネックバンド型のワイヤレスイヤホンが優れています。

www.712cappuccino.com

    • Bose QuietControl 30は、肩にフィットするかたちで長時間聴いていても疲れない装着感が魅力的。Boseの迫力あるサウンドも楽しめます。

SOL REPUBLIC SOL SHADOW FUSIONは、音のバランスがとれたコスパに優れたビジネスマンに人気のモデルです。

1MORE(ワンモア)E1001BTは、使いたい時にすぐに使える高速充電可能なネックバンド型のワイヤレスイヤホンです。

各メーカー、機種の特徴を確認していただき自分のスタイルにあった防水タイプで外れにくいスポーツイヤホンを見つけてください。
ランニング用ワイヤレスイヤホン比較!運動中の快適さから選ぶで防水機能のある機種の中から厳選して紹介しました。

関連記事