7月12日に毎月定額のハミングウォーターが自宅に届きます。使用レポなど投稿してくので参考にしてください(^o^)/
モニター

4KテレビAQUOS【4T-C50AN1】レビュー|AI搭載でYouTubeなど動画アプリ楽しめるシャープのAndroidTV

今回は、家族で楽しめる4Kテレビをシャープの「4T-C50AN1」レビューします。

AndroidTVを搭載、主要コンテンツを網羅していることにあります。Amazonプライム、Netflix、Huluに対応豊富な動画アプリが楽しめるのが魅力です。

生活スタイルや年齢、家族構成によって見る番組が変わってきます。

シャープーのココロビジョンに対応しているのでAI技術、人工知能が使うたびに学習して好みの番組を見つけてくれます。

視聴傾向を学習、好みの番組や知りたい情報を声で知らせる「ココロビジョン」とAQUOS独自サービスの「COCORO VIDEO」「COCORO MUSIC」「COCORO GAME」対応しているのでテレビで楽しむことが出来ます。

最近では、ゴールデンタイムでも趣味を楽しむ方が増えていて映画や音楽の専門チャンネルが視聴可能なネットフリックス、HULU、YouTubeを見る方がいます。「4T-C50AN1」は、豊富な動画アプリが楽しめるAndroidTVを搭載でパソコンやタブレットで見ていた動画アプリがリビングの大画面テレビで視聴可能になります。

画質では、低反射N-blackパネル搭載で外の明かりの映り込みを抑えることが可能に。照明が明るいリビングでも高画質な4K映像を見ることが出来ます。

4Kダブルチューナー内蔵しているため外付けHDDを接続すれば4K衛星放送を見ながら他チャンネルの録画も可能です。

音質は、液晶パネル全面に2.1フロントオープンサウンドシステムを搭載しホームシアターシステムの組み合わせした時のセリフが聞き取りやすくなるフロントスピーカーを設置したような音抜けのいいサウンドです。
※オーディオメーカー「オンキヨー」社とのコラボレーションによる高音質設計「Sound by Onkyo」が魅力です。

操作性について

価格も4Kとなると高額になるので目的、用途に合わせてメーカー選びをするのがいいと思います。

ネットコンテンツの充実したSHARP”4T-C50AN1″スマートTV以外の特徴を最後に紹介します。
・録画機能は、3チューナー搭載2番組を同時録画可能。
・音質は、クリアで聴き取りやすい。ニュースや歌番組の解説もセンタースピーカー増設しなくても聴き取りやすいのが魅力。
・録画番組とネット動画の横断検索も出来る。
・声で番組表やホーム画面を開くことが可能。

シャープのサポートについて

台湾のホンハイの傘下となり無駄を省き得意分野のAI技術、テレビ、空気清浄機などに投資を進め魅力あふれる機種をラインナップ増やしています。

日本メーカーでなくなると保守メンテナンス、カスタマーサービス、サポート体制ってどうなるの?と不安に思いましたがホンハイがシェアを伸ばした理由の1つにサポートがしっかりしていることがあるのでシャープの顧客満足度も今後も高いと思います。


今後はさらにホンハイの生産のコストを抑える技術を導入することでシャープの魅力あふれるテレビなどが他社よりもコスパがよくシェアを伸ばしていくのではないかと思います。

各社のスマートTVの特徴を比較

2020年になりAI技術を搭載した家電が増えてきました。スマート家電でより生活が便利になると考えています。


シャープは、「ロボホン」というモバイル型ロボットを商品化している会社でいち早く人工知能の開発を進めました。

実際に各社のスマートTVの特徴を比較してみました。

ソニーのBRAVIAは、音声検索が可能とYouTubeの専用ボタンがあります。小さなお子さんがいる家庭なら音動画や猫が大好きなヒカキン、はじめしゃちょーなどのYouTubeもボタン1つで検索出来るので子供達にとってすぐ検索出来ます。レビューを確認してみるとYouTubeの読み込みが遅いとか無線LANの反応が悪い。等使い勝手があまりよくないと感じました。AndroidTVで強みをもっているイメージがあるだけに残念な印象です。

パナソニックのVIERAは、OSは、FireFOXを使用しています。おすすめな点は、音声検索に対応してること。4Kテレビのパナソニック”TH-49GX850″が応答がいい。スムースな操作性と高い評価のレビューがあるように快適なテレビ環境になると思います。ただネックな点は、スマホの連携が悪いこと。OSは、FireFOXのため開発は、Panasonic独自で進めていくことになる点です。※FireFox開発したMozillaは開発終了のためです。

東芝のREGZAは、独自のOSを使ってますのでサービスだが充実してること。Tポイントと提携してるため見るだけでTポイント貯まる、独自の対応サービスが充実してることです。残念な点は、動画配信サービスのHuluが対応してないこと。リモコンでYouTube等検索する時操作性が悪いことです。我が家では、画質とデフォルトの音質重視で4Kテレビを選んだため東芝のREGZA、55Z710Xを購入したので画質、音には満足してますがYouTube、ネット検索の操作性が悪いことが残念な点だと思います。

シャープのAQUOSは、OSは、AndroidTVとなります。他社にはない対応ネットコンテンツ多さ、AI機能でおすすめ番組を教えてくれる”ココロビジョン”テレビを利用する方の見るテレビ番組をAIが学習して自分だけのテレビになってくれます。SHARPのAI機能があるとなんだか愛着もわきそうです。その他、画面角度を調整出来る”スイーベル”など他社にはない面白い機能もあります。
Androidの特徴。。でもある動きが遅い点が少し気になるところかなと思います。

海外メーカーでは、LGがスマートTVでは力があります。
音声対応、SHARPと同じようにAI搭載、スマホ画面をそのまま移したような画像。これだけ、機能や操作性かいいとLGを選びたくなりますが肝心のAI機能は、日本語未対応。。なんです。OSも
webOSと少し聞き慣れない。開発終了したら。。とも思います。

スマートTVを海外メーカー海外メーカー含めて比較した結果、若干AndroidTVで動作にもっさり感はあるもののAmazonプライム、Netflix、Huluなどメジャーな動画配信サービスをすべて利用出来るのでスマートTVのランキングをつけるなら間違いなく1位のメーカーです。

各社4Kテレビをオリンピック前に発売に向け開発してますが強みが東芝のREGZAは、映像技術、SONYは、操作性や音質、ハイセンスは、低価格ながら高画質など特徴があります。

まとめ

遊び心のあるシャープだからこそ開発出来たのがAQUOS「4T-C50AN1」だと思います。他社にはない人工知能とともに4Kテレビが成長していく「ココロビジョン」機能が魅力的に感じた1台です。