カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

シャープAN-SX7Aレビュー!JBL・ソニーいいとこ取りのネックスピーカー

低音時に振動させて臨場感アップさせながら2台つなぎも可能で家族で楽しめるネックスピーカーがシャープから発売され注目を集めています。


JBL SOUNDGEAR BTAのネックスピーカーのように2台接続して楽しみたい。ソニー SRS-WS1の低音の音とともに振動する機能(パッシブラジエーター)も気になる。


JBL・ソニーのいいとこ取りのネックスピーカーと言われているシャープAN-SX7A実際のところどうなのか調べてみました。

f:id:cappuccino0712:20190928152322j:plain
シャープAN-SX7A
出典:Amazon

CHECK!
  •  AN-SX7Aの特徴について
  •  2台つなぎ可能なトランスミッターについて
  •  マイク搭載

AN-SX7Aの特徴について

AN-SX7Aのネックスピーカーは、ACOUSTIC VIBRATION SYSTEMを採用され重低音を重視し振動もあり楽しめる構造になっています。


ネックスピーカーを肩に乗せるだけで迫力ある音を楽しめると言われているAN-SX7Aです。


これは、低音を重視するバスレフ構造と低音がなった時に振動するパッシブラジエーターで振動と音で臨場感をアップしています。


AN-SX7Aのバスレフ構造は、ネックスピーカー内部に貫通孔、位置は耳の近くに設け低音を増幅し迫力を増すシャープ独自の構造です。


低音に合わせて振動ユニットが大きく動き、映画の視聴時なら映像と音で感じるものから耳近くで振動の振動で迫力が増します。


シャープAN-SX7Aのスピーカーの位置は少し前の方にあり聴き取りやすいと評判です。


映画のセリフの向上のためホームシアター化する時のセンタースピーカーはセリフを聴き取りやすくするために使用されます。


人のセリフ、高音から中音まで前から聞こえる方が聴き取りやすいですがネックスピーカーの構造から包み込むような音を楽しむには少し難しいかもしれません。


同じパッシブラジエーター機能を採用しているソニーのSRS-WS1と比較すると体に響く感じが少なかった。


アクション映画を見た時には、振動、バイブレーションのつながりが悪い。違和感感じるなどのレビューもあります。


シーンの切り替わりで振動が途切れてしまうのは少し残念に感じました。

Bluetooth機能

Bluetooth送信機が同梱されているので接続すれば部屋内どこにいても映画や音楽を楽しむことが可能です。


ネックスピーカーは、ワイヤレスで楽しみたい方におすすめです。


Bluetooth送信機の供給用にテレビとUSB端子を接続。通信用にデジタル音声出力端子をつなげます。


テレビの音とネックスピーカーの音を両方楽しみたい方は、テレビ側のヘッドフォン端子設定が必要となります。


Bluetooth機能のデメリットは、通信のズレやノイズを拾ってしまい映像と音に誤差が生じてしまうことです。これでは、ネックスピーカーの迫力ある音が台無しになってしまいます。


シャープAN-SX7Aは、aptX LLに対応しているので映像と音にズレが少なくネックスピーカーのメリットを最大限生活かすことが可能です。


※aptX LL対応とは、40ミリ秒未満の低遅延で聴くことができることを宣言している製品となり人間の耳では音ズレがわからない領域のレベルと言えます。


Bluetooth機能付きのオーディオが普及当時に音ズレの問題がありました。音ズレが生じてしまうと楽しめません。


AN-SX7AのネックスピーカーのようにaptX LL対応としっかりと記載されている商品を選ぶことをおすすめします。


迫力のある映画を見るのにおすすめなSONYのSRS-WS1には唯一の弱点がBluetooth機能がないことです。映画のためのネックスピーカーを探している方で、ワイヤレスで楽しみたいならAN-SX7Aおすすめです。

3種類から選べるサウンドモードについて

利用シーンに合わせてサウンドモードが選べます。

  • 標準モード 一般的なテレビの視聴、低音重視でない音楽におすすめ。
  • ダイナミックモード 重低音を楽しめる。アクション映画や迫力あるゲームにおすすめ。
  • ボイスモード セリフ、コメントが聴き取りやすくなる。映画やニュースなどにおすすめ。


ダイナミックモードでは、重低音を楽しめると紹介していますがソニーのSRS-WS1と比較すると音の線が細い感じがする。響きが少ない。迫力が若干弱く感じるなどのレビューが少し気になりました。Bluetooth機能なしでいいから迫力ある映画を一人で楽しみたい方はソニーのSRS-WS1の方が向いているネックスピーカーだと思います。


他のネックスピーカーには、各コンテンツ用に選べるモードの設定が出来るものが少なくその日の気分に合わせてモード変更出来AN-SX7Aの楽しめるモードだと思います。

充電時間と連続使用時間について

5時間のフル充電で13.5時間と半日以上使えます。


Bluetooth機能でワイヤレスで楽しめるネックスピーカーなのに連続使用時間が短いと使い勝手が悪いのですが13.5時間と長く使えるので夜寝る前に充電しておけば次の日1日フルで楽しめます。

ハンズフリー通話について

スマホの着信を優先してくれる機能があり使い勝手がいいです。テレビや映画を視聴している時もスマホに着信があれば切り替え可能でAN-SX7Aで会話も可能です。

マイク搭載で音声検索が可能

マイク機能を搭載していること。スマホのGoogleアシスタント、Siriに対応しているため音声検索が可能です。


情報検索する際、スマホのGoogleやYahoo!の検索窓に手入力は打ち間違えや手間もかかりストレスになります。


最近では、Googleピクセル3のように写真撮影から画像による検索機能も普及しています。


AN-SX7Aは、「OK Google」、「ヘイ!Siri」音声検索が出来て便利なので注目されている理由の1つです。


2つ同時に接続できる機能について

付属のトランスミッタ―(Bluetooth送信機)を接続すれば2つのネックスピーカーで同じ音を同時に楽しむことが可能です。


ホームシアター化すると10万円以上かかり家計の負担になってしまう。。。


好きな映画を家族やカップルで同時に同じ音で聴くことが出来ればホームシアターなくても十分楽しむことが可能です。

JBL SOUNDGEAR BTAとソニーSRS-WS1と比較

音質重視派とながら派で求めるネックスピーカーは変わってきます。


今回は、音質重視派で人気のある3機種(AN-SX7A・SOUNDGEAR BTA・SRS-WS1)のスペック、機能を紹介します。各機種の強み、弱みをチェックしていただきネックスピーカー購入前の参考にしてください。


AN-SX7Aのスペックについて

  • サイズ W227×H46×D181mm
  • 重量 280g
  • 最大出力 1.2W+1.2W
  • トランスミッターで2台同時接続が可能
  • Bluetooth機能あり
  • 低音時に振動するパッシブラジエーター機能付き


JBL SOUNDGEAR BTAのスペックについて

  • サイズ W220×H25×D190mm
  • 重量 350g
  • 最大出力 3W+3W 31径ドライバー×4
  • 2台同時接続が可能
  • トランスミッターで2台同時接続が可能
  • Bluetooth機能あり
  • 低音時には振動する機能なし


ソニー SRS-WS1のスペックについて

  • サイズ W210×H75×D205mm
  • 重量 335g
  • 最大出力 1W+1W φ30mm×2
  • 2台同時接続が出来ない
  • Bluetooth機能なし
  • 低音時に振動するパッシブラジエーター機能付き


シャープのAN-SX7Aのスペック、特徴を確認するとJBL SOUNDGEAR BTAとソニー SRS-WS1のいいとこ取りのようなネックスピーカーだとわかります。

シャープAN-SX7Aレビュー:まとめ

ネックスピーカーであるとうれしい2台同時接続出来る(AN-SX7AとSOUNDGEAR BTA)機能。

重低音をプラス振動も体感出来て臨場感もアップ(AN-SX7AとSRS-WS1)出来る機能。


売れているネックスピーカーの足りないところをカバーして今時のネックスピーカーと言えます。


レビューを参考にするとソニーの方が迫力がある。音は、スピーカーユニットの大きさからJBLの方が音楽も映画もいい音に聴こえる。などもありますが重さは、一番軽く長時間肩にかけても負担になりにくいと思います。


2つ同時接続で家族で楽しみたいし迫力のバイブレーション機能は外せないという方におすすめしたいのがシャープのAN-SX7Aです。


ハンズフリー通話や音声検索も出来て機能面に優れており使いやすいネックスピーカーを選びたい方。

aptX LLに対応しているので映像と音にズレが少なくワイヤレスで楽しみたい方。


Bluetooth音ズレなしのAN-SX7A、シャープのサウンドパートナーAN-SX7Aおすすめです。

今回紹介させていただいた商品はこちらです。


シャープAN-SX7Aレビューは、JBLの2台接続可能なところとソニーの低音で振動する機能があるのでどちらのネックスピーカーに迷って決めきれない方におすすめのガジェットです。
ネックスピーカーを比較したい方、ランニング用のワイヤレスイヤホンのことやサブスク音楽配信の比較記事などカプーノのブログ各記事一覧ページみてください。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~


最新のAmazonデバイス。スマートスピーカーのEcho全7モデルのスペック(音質、機能)を比較しました。
Amazon Echo(アレクサ)おすすめモデルは?基本スペックを比較