カプーノ|ガジェット・家電のレビューブログ

静岡県に住むエンジニアがガジェット・家電について。おすすめのモバイルプロジェクター、ネックスピーカー、イヤホン、スピーカー、ロボット掃除機、テレビ、ホームシアターなど子育て真っ最中の家族の視点で本音でレビューするブログです。

キングコング西野さん新・魔法のコンパスより希少価値上げる方法

筆者が西野亮廣さんの新・魔法のコンパス(第1章)を読んで感じたことをまとめてみたいと思います。

f:id:cappuccino0712:20190929162914j:plain
キングコング西野さん新・魔法のコンパス

キングコング西野さんの新・魔法のコンパスを読むきっかけ

ブログを始めていくとどのようにすれば読まれるブログになるのか。その先にあるものは?最新家電についての情報発信だけでなく他のジャンルも紹介していく方がいいのか。など日々色々なことを考えてました。

今は、時代のスピードが想像以上に早く昨日トレンドだったものが今日通じないなんてこともあります。

筆者の娘は、ユニクロで買うTシャツは安いからではない。BTSとコラボしてるから。

ユニクロは、他のショップより安くし続ければ売れるとは考えていない。

時代の流れ、ユニクロ+αが必要(付加価値)と考えている。

価値がある服は、メルカリで売れる!だから買う。


数年前は、安さに魅力を感じていたがそれだけでは売れない。時代になっている。



明日は。来月は。。半年後は。。。

このように服を買う行為1つ考えただけでも、とる行動に変化があります。

数年前の一般常識は通用しないのです。

ブログの記事数も50を超え存在価値についても考えてみたい時期にもありキングコングのコンビお笑い芸人として。絵本を描いたり。WEBサービス、映画の製作、美術館の作成、国内最大のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」多分野に活躍されている西野さんについて知りたくなりました。

西野さんの新・魔法のコンパスを読んで、下記の3つを第1章 お金、第2章 広告 第3章 ファン を読み確認したいと思いました。
9ページ引用

  • 新しいルール
  • 普遍的なルール
  • 時代の歩き方

第1章お金について

日本人は、お金=汚いとイメージされる方が多いのですがそれは西野さんもおっしゃっているようにある一部の方が成金でお金をものを言わせてしまっていること。日本人は、お金についての教育が少ないことで稼ぐことがよくないこと。イメージが悪いと思いがちです。

実際に考えてみるとプロ野球、エンジェルスに所属している二刀流で有名の大谷翔平選手は、我々一般人よりもお金を稼いでいます。

サラリーマンのように朝8時に出社、残業してお給料をもらうよりもずっとずっと多く。

新・魔法のコンパス 25ページ引用

お金は、「他社に提供した『価値』の対価」

何時間働いたかではなくどれだけ価値を提供したかにあるのだとわかりました。


筆者のブログに置き換えて考えてみると冒頭でお伝えした最新家電の他やるべきジャンルは??というのは自分中心の考えだったと思いました。

検索される方は悩みや知りたいことがあるからそのキーワードを入れ情報を調べるのでご紹介する商品やおすすめのお店などの記事を書く時、悩みや知りたいことを想像し記事内の絵や写真の追加、動画撮影、よくない点、もう少しなところも伝える、欲しい情報とはを考えることにより西野さんの言う「提供した労働の対価」ではなく「提供した価値の対価」が増えると思いました。


希少価値を上げる重要性について

筆者のようなWEBライター、学校の先生、建築士、公務員どんな仕事されてても一番重要なのは希少価値を上げることだとわかりました。


100万人の1人の存在になるか。

100人の1人の存在になるか。


当然、100万人の1人の存在になる方が希少価値が上がり特別な存在になれます。

どの職業でもやりこむことで希少価値が生まれる。決して間違えではないと思います。


西野さんは、「1万時間の法則」について紹介されていました。

1つの分野に1万時間真剣に費やせば100人に1人の存在になれると。


※毎日9時間頑張って3年くらいです。


筆者は、ブログを始めたのが2019年4月28日ですので3年後の2022年4月28日まで毎日9時間頑張ってやっと100人に1人の希少価値のあるブログを作ることが出来るとわかりました。

希少価値が生まれることによりお気に入りのブログにしていただける。

注文住宅を建てる時に営業マンを指名してもらえる。

後輩に対して言動。困っている方に対して温かい言葉。


すべての事柄に意味があると考え努力することでやっと100人に1人の存在になれるのだと。


3年毎日9時間かけて築いた努力でやっと100人の中の1人です。この付加価値だけでは埋もれてしまうと思います。


9年毎日9時間努力したら。。。

100人の中の1人(3年9時間)×100人の中の1人(3年9時間)×100人の中の1人(3年9時間)=100万人の中の1人


その道のスーパースターになるために努力し続けるのはここまでしないと実現出来ません。

もしかしたら、9年間努力し続けても100万人の中の1人(希少価値のある人)になれるかどうかわかりません。

希少価値を効率よく上げるには

西野さんは、効率よく希少価値を上げる方法を教えてくれています。

100人の1人になれたとわかったら次の分野を努力する。なるべく違う分野で。

52・53ページ引用

『A』に1万時間を投下して「100人に1人」の人材になったならば、次は、まったく違う分野『B』に乗り込んで、そこで1万時間を費やす。

キングコング西野の場合だと『B』は「絵本」かな。

漫才ができる絵本作家は「1万人に1人」しかいないわけだ。

『A』と『B』は、なるべく離しておくこと。

希少価値を効率よく上げるには1つの分野をやり続けるのではなく領域を増やしていくことが大切だとわかりました。


この方法がすべて正しいとは言えませんが時間が限られている中で存在価値を高める方法としてとても有効だと思いました。

筆者に置き換えてみるとAは、100人に1人の希少価値のあるブログを作り上げること。

Bは。Cは。。。と領域を増やしていきたいと思います。

ブログの希少価値について

時代の進むスピードはとても早く冒頭のユニクロの売れる服のように常識は日々変わるものと思い努力していきたいと思いました。


ブログ内の記事も領域と考えてみた時、立ち上げ当初は最新家電(Aの領域)、節約術(Bの領域)、本を読んだ感想(Cの領域)と広がってきたと思います。


かぷーは流行りに乗らないブログの希少価値を上げられるように気になることは足を運び目で見て体験すること。

検索された方を思い浮かべ、ペルソナを設定し検索したキーワードに対して解決出来る記事を書くこと。

商品紹介のブログ書いた時は、読みやすいかPC、スマホ両方で確認すること。

読んで面白くないといけない。※かぷーは流行りに乗らないブログのキャラクタの設定すること。ライン風の吹き出しで説明を追加していく。キャラクタ名は、愛猫の名前、かぷちーのから。かぷーとちーのでやり取り交える。etc

Aの領域を増やすために3年後の2022年4月28日までブログの希少価値を上げていきたいと思います。

キングコング西野さん新・魔法のコンパス:最後に

今回は、第1章お金について読み筆者に置き換えてみた時の感想を書かせていただきました。


西野さんの言う提供した価値の対価は共感しました。


第1章では、筆者は42ページのキミの収入を増やすには、キミの希少価値を上げるしかない

にいると思います。

次のページに進めるように答えはない時代だからこそ自分のルールで挑戦、結果確認し修正し希少価値を上げていきたいと思います。


西野亮廣さんの新・魔法のコンパス1章希少価値について感想を書きました。


また、日を改めて第2章広告についての感想を書きたいと思います。


キングコング西野さんの文庫本は、いままで本をあまり読まなかった方にも読みやすいおすすめの本です。新・魔法のコンパスより希少価値上げる方法として実践できることが見つかり少しずつ行動を変えられるようになりました。カプーノで東野圭吾さんなどの書評も書いてます。


思った時にすぐに行動するのも大切ですがインプットとして本を読むこと。立ち止まって考えるのも重要と思います。

カプーノでは、ガジェットのレビューや最新家電の比較を確認することが出来ます。また、家電量販店の展示品、Amazon・楽天市場の商品購入レビューを確認することが出来ます。節約術として格安SIMやクレジットカード。静岡県のおすすめの飲食店を紹介してます。その他に日用品、エンタメ、旅行記を記事一覧ページのもくじから確認することが出来ます。
カプーノ記事一覧ページ|ガジェット・家電・節約術・静岡県等~もくじ~