ティファールのウォッシャブルをレビュー|洗剤でゴシゴシ丸洗い出来る電気ケトル

電気ケトルは、使いたいだけの量をお湯沸かすことが出来るからエコで人気の家電です。テファールのポットは少し高いかもしれないけど、ウオッシャブルなどで、使い捨てでなく、長く使えるから、コストパフォーマンスが高いのでレビューします。

ティファールウォッシャブル
ティファールウォッシャブル
本記事の内容

 

  •  ティファールウォッシャブルの特徴について
  •  我が家の電気ケトルの状態について
  •  電気ケトルウォッシャブルの洗い方について
  •  電気ケトルウォッシャブルの使いやすい機能について

悩みは、丸洗いが出来ないこと。注ぎ口のホコリや上ふたの汚れも電化製品で水洗いが出来ない。赤ちゃんのためにミルクを作るのにも作りたいだけのお水を入れ沸かすだけなのに衛生的でないから使えない。。。

そんな悩みを解決したのがティファールウォッシャブルです。2019年6月に発売されました。発表会では、俳優の山本耕史さん家庭に赤ちゃんがいてミルク用に安心して使えるおすすめの電気ケトルとコメントされてました。

2人目を出産された堀北真希さんも喜んでいるはずです。

丸洗い出来て清潔なティファールウォッシャブルについて紹介します。

我が家では、子供が塾に通っているために22時ごろ帰宅します。塾前には、夕飯をしっかりと食べてから行くので夜食は簡単なスープやカップラーメンで済ませてしまう場合もあります。

我が家が使っていた電気ケトルは、ティファールウォッシャブルではないのでフタの上や注ぎ口にたまったほこりが気になっていました。

我が家で使っている丸洗い出来ない電気ケトル:本体の汚れた状態
我が家で使っている丸洗い出来ない電気ケトル:本体の汚れた状態

水が残っているとホコリがつきやすく汚れてしまいます。キッチンは、食材をカットしたり調味料を使うので汚れやすいのも事実。我が家の電気ケトルのように水で一切洗うことが出来ないので手入れは使用後にふきんなどで拭くのみになってしまいます。

フタの汚れた状態
フタの汚れた状態

内側は、水垢もついてしまいますが洗剤でゴシゴシ洗うことが出来ないので汚れが気になってきたら処分しかない。。。使い捨てになってしまいます。

注ぎ口は、水が残っている場合が多くほこりなどがつきやすいのでお湯を沸かす前には電気ケトルについたほこりを気兼ねなく落とせる丸洗いできるティファールウォッシャブルは我が家にとって魅力的に感じました。

ティファールの特徴について

電気ケトル=ティファール

このイメージがみなさんも強いのではないでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

. ティファール新商品発表会✨ 日本では取っ手が取れる鍋が有名ですよね。 我が家も使ってます🙋‍♀️ . フランス発の調理家具・調理家電・保存容器ブランドで もちろんフランスのセンスあるデザインなのだけど 今回発表された新製品は日本人にも使いやすい 機能やデザインも兼ね備えていて さらに充実したラインナップになっていたよ☺︎ . 初登場なのが業界初の丸ごと洗える電気ケトル❣️ 実際に洗ってみたけど本当に丸っと洗えた🙌 清潔に保てて嬉しいね。 新デザインや温度調節できる大容量ケトルも登場✨ . ハンディタイプのスチーマーは面白い形😮❣️ 持ちやすく使いやすかったな☺️ ホワイトとロゼの新色2色が登場✨ . カラフルなナイフかわいい🥺💕 かわいいだけでいバッチリなキレ味だそう。 . な、な、なんと❣️ 30年保証という保存容器は野菜などの鮮度も しっかり保ってくれたり 逆さにしても漏れたりしない高機能。 ドイツで開発されたそう🇩🇪 . 生活に取り入れやすい 機能的なものばかりだったので よかったらチェックしてみてくださいね☺︎✨ . . @tfal_japan . #ティファール #洗えるティファール #キッチンナイフもティファール #PR #ティファールの新商品 #丸洗いできるケトル #アクセススチーム #衣類スチーマー #包丁 #キッチンナイフ #保存容器 #タッパー収納

吉田亜理沙 / macle(@maclemacle)がシェアした投稿 –

2019年6月の新作は、丸洗い出来る電気ケトルを新発売しました。ただ水をかけるだけしか出来ないなら内側についてしまう水垢も取れないので意味がない。。。洗剤を使ってこすってもまったく問題ありません。洗剤で洗った後すぐにお湯を沸かしても壊れてしまう心配がない。

保管しているだけでホコリもフタの上にたまってしまう。ずっと使っていると内側についてしまう水垢。

汚れが目立つ前に気になった時すぐに水洗いや洗剤使って洗浄出来るので清潔な状態で使えます。

便利だからこそ使いたい電気ケトル。沸騰させたお湯の注ぎ口が汚れていたり、内側が水垢が付いていると衛生面が気になって使えない。

電気ケトルでおすすめのティファールウォッシャブルは、丸洗い出来て清潔です。塾に通うお子さんや旦那さんの仕事が遅くなった時に沸かすカップラーメン用、赤ちゃんが生まれたばかりの子育て中のお母さん等全世帯が待っていたのが丸洗いできる電気ケトルです。

洗い方について

ティファールウォッシャブルの洗い方について紹介します。

電気ケトルの洗い方
食器やコップを洗うイメージで食器用洗剤をつけたスポンジで内側、外側をこすることが出来ます。汚れが目立つところの
清掃は漂白剤は使えません。30分までならつけ置き洗いも可能なので試してみてください。深く本体を沈めてしまうと故障の原因になるので注意してください。

ホコリが一番たまりやすい場所、電気ケトルのフタの部分も取り外すことが可能ですのでお手入れが簡単。清潔に保つことが可能です。

食洗器や食器乾燥機を使うことは出来ません。

電気ケトルのすすぎ方
洗剤を使った場合は特に水でしっかりと汚れを落としてください。取り外せるフタでお手入れは簡単ですがフタの内側は洗剤が残りやすい場所なのでしっかりとすすぐようにしてください。

電気ケトルの乾燥について
使う前には、しっかりと乾燥させてから使用してください。洗剤が残っていると衛生的でない。水が乾燥してないとホコリがつきやすく清潔ではない。きれいなタオルなどで水分を取り早く乾燥させるのもおすすめです。

便利な機能について

ティファールウォッシャブルの便利な機能について紹介します。

お湯が沸いたら自動電源オフになる機能
一般的な電気ケトルも自動電源オフ機能ついてますが湯沸かし設定がオフになるのみが多いです。いつ沸騰したかも判断出来ないので何度も何度もキッチンにおいてある電気ケトルのスイッチ部分の確認をしなければいけませんが電気ケトルおすすめティファールウォッシャブルは、お湯が沸くと自動でオフになり音と光で通知してくれます。

スイッチさえ押しておけば勝手にオフになり保温を続けてくれるので何度も行き来する必要がなく使いやすいです。

フィルターについて
フィルターは、取り外しが簡単に出来る。汚れを取ることが出来て衛生的です。定期的なフィルターの清掃でいつでもきれいな状態のお湯を飲むこと、使うこと可能です。

注ぎ口のカバーについて
注ぎ口の汚れやたまりやすいホコリがストレスになっていたはず。。。

ティファールウォッシャブルは、注ぎ口にカバーがついているのでホコリが入りにくい構造です。

ティファールウォッシャブル:注ぎ口は、カバー付き
ティファールウォッシャブル:注ぎ口は、カバー付き

我が家の電気ケトルには注ぎ口のカバーがないのが一番のストレスです。お湯を沸かす前に注ぎ口の奥にほこりが入ってないか毎回確認しています。注ぎ口にカバーがないと本体内部まで汚れやすく再沸騰して使うことは出来ません。

我が家の電気ケトル:注ぎ口にカバーがない。洗うことも出来ず汚れている状態
我が家の電気ケトル:注ぎ口にカバーがない。洗うことも出来ず汚れている状態

※その他の機能として空だき防止機能がついているので安心して使えます。

デメリットについて

ティファールウォッシャブルのデメリットについて紹介します。ウォッシャブルだけではなくティファール製の電気ケトル全般に言えることですが本体を万が一倒してしまった時、フタの隙間からお湯がこぼれてしまう構造になってます。

小さなお子さん、赤ちゃんがいる家庭で床にティファールウォッシャブルを置いて使用しているとお子さんが走って足を引っかけてしまう。赤ちゃんが触って倒してしまう。。可能性もあり倒れるとお湯がこぼれる可能性があるので設置場所については十分検討してください。電気ケトルが沸騰直後には本体自体が熱くなるのでお子さんや赤ちゃんが触れない場所に置いて使うのがベストです。

タイガー電気ケトルPCJ-A1レビュー:倒れても安心、安全な構造

お湯を沸かすと100℃の熱湯で足をコンセントに引っ掛けて倒してしまうと。。。やけどの心配もあります。『タイガーの蒸気レスわく子』PCJ-A1なら転倒流水構造で倒れてもお湯がこぼれないので安心です。特に小さなお子さんがいる家庭や赤ちゃんにミルクを作るために電気ケトルを購入検討しているならやけどの心配が少ない機種を選ぶのがおすすめです。

タイガー電気ケトルPCJ-A1:蒸気レスわく子
タイガー電気ケトルPCJ-A1:蒸気レスわく子

本体が熱くなりにくい樹脂製の二重構造で設計されているため触っても熱くない。

タイガー電気ケトルPCJ-A1:蒸気レスわく子
タイガー電気ケトルPCJ-A1:蒸気レスわく子

コーヒーカップ1杯分のインスタントコーヒーを飲みたいならわずか45秒のスピード沸騰も魅力的です。タイガーの蒸気レスわく子の安心・安全な構造にも注目しています。

タイガー電気ケトルPCJ-A1:蒸気レスわく子
タイガー電気ケトルPCJ-A1:蒸気レスわく子

沸騰速度について

ティファールウォッシャブルの沸騰速度について確認しました。電気ケトルのメリットは、簡単にすぐに沸いたお湯を使えること。丸洗いが出来て清潔でも沸騰スピードが遅いとストレスになり使いにくい。

売れ筋の電気ケトルに沸騰速度を家電量販店のスタッフに確認しました。ティファールウォッシャブルとタイガー魔法瓶 PCH-G080よりも早い。ティファールウォッシャブル使って300mLなら1分45秒で沸かすことが可能。満水800mLなら4分17秒で沸騰する。象印マホービン AW-AW08の沸騰速度300mL時は2分ほどかかってしまう。800mL満水時は、4分40秒前後。同じメーカーの別機種ティファール アプレシア プラスは、300mLで2分以上。800mL満水時は5分以上沸騰するまでかかると教えていただきました。

すぐに沸騰したお湯が欲しいから電気ケトル使うので沸騰速度が速いティファールウォッシャブルはとても魅力的です。

スペックについて

ティファールウォッシャブル購入前にサイズやコード長から設置可能か参考にしてください。

容量・・・0.8L
消費電力・・・1250W
コード長・・・約1.3m
寸法・・・W22.0×H20.5×D15.5cm
質量・・・885g(本体のみ)

コードが1.3mもあるので食器棚やキッチンローボードの上にティファールウォッシャブルの設置も可能かと思います。

まとめ

電気ケトルと言えば水洗いが出来ずお手入れは使ったあとに清潔なタオルで拭くのみしか出来てませんでした。注ぎ口もほこりが入りやすく使いやすいけどネガティブな要素があってストレスに感じてました。

今回、電気ケトルおすすめティファールウォッシャブル丸洗い出来て清潔ということで調べてみたところただ水をかけるだけでなく洗剤使って洗っても全然平気なことがわかりました。

我が家のイメージ

電気ケトル=使い捨て

だったのがティファールウォッシャブルが丸洗い出来ること知りイメージを払しょく出来ました。

電源プレートとの部分ももちろん水洗いが出来るので底部分もピカピカに。水垢もがつく前にスポンジに洗剤つけてこすっておけばずっと長く使える電気ケトルに。

家電量販店のスタッフの方に確認した沸騰速度の速さはトップクラス。ティファールウォッシャブルのあっという間にすぐ沸くというキャッチフレーズは間違いではないことわかりました。

丸洗い出来て衛生的な電気ケトル探している方。ティファールウォッシャブルおすすめです。

業界初の洗剤でゴシゴシ洗うことが出来ちゃう電気ケトル。ティファアールより新発想のキッチン家電。かなり注目しています。新商品発表会では、山本耕史さんがかなりこの電気ケトル気に入っていたようです。丸洗いできるということで堀北真希さんが喜ぶ姿が目に浮かんだのかもしれません。そんな新発想の家電を主にカプーノで紹介しています♬