7月12日に毎月定額のハミングウォーターが自宅に届きます。使用レポなど投稿してくので参考にしてください(^o^)/
フレンチトースト

【トーストスチーマー】レビュー|わずか1000円で中がフワっとした食パンが焼ける

普段使っているトースターだと焼いた時の食パンに含まれる水分を失ってしまってパサパサになり美味しくない。

高級トースターのバルミューダの半分に割った時のフワッとするトースターや三菱電機のブレッドオーブンのように生トーストをお金をかけず味わいたい方へ。

マーナのトーストスチーマーを使えばわずか1000円でパンもトースターも安くても高級ホテルの朝食で食べれるようなサクフワの食パンを食べることが出来ます。

本記事の内容

 

  •  食パンをふっくら焼くコツ
  •  メリットについて
  •  コスパについて
  •  使い方について
  •  注意点について
  •  スペックについて

バルミューダやブレッドオーブンのトースターを使うとなぜ美味しく感じるか。

これは、焼くときにパンに含まれている水分が焼いても残っているからです。

この投稿をInstagramで見る

2/13(木) これこれ〜 前にテレビで見て気になってた #トーストスチーマー 水に浸してパンと一緒にトースターに入れて焼くだけで外はサクッ!中はふわっ‼︎ とワンランク上のパンになるらしい😋 先月に届いてたのに今頃〜😅 #買って満足派😅 #放置しちゃってた😂 🍞 1枚目は入れずに焼いて食べて 2枚目は入れて焼いて食べ比べてみた。 あっ😃違う〜❗️ うんうん🤩サクッふわっで 美味しくなってる気がする〜😆‼️ コレいいかも👍 #お安いパンに効果あり #マーナトーストスチーマー

ばろんママ(みか)(@baronmama.mika)がシェアした投稿 –

バルミューダは、焼くときに水分を足して食感をキープしています。ブレッドオーブンは、水分が逃げない構造にして生トーストのようなサクフワの食パンにすることが出来ます。

この2つの高級トースターは、構造自体は違うものの水分をパンから逃がさないことで食パンの美味しさ食感を追求しています。

食パンをふっくら焼くコツは、高級トースターの構造より水分の調整が大切だとわかります。

トーストスチーマーのメリット

高級トースターを購入すれば朝から美味しい食パンを食べることが出来ますが焼くだけで3万円以上の出費にもなります。

マーナのトーストスチーマーがAmazonで売れている理由は、普段使っているトースターの中に水分を含ませて入れて焼くだけでフワッとする食パンになることです。

この投稿をInstagramで見る

おはようございます。 最近体調を崩している旦那さん。 お腹に優しいものがいいとのことで、火曜・木曜とお弁当はお休みです。。 * 今日の#あさごぱん 🍞 #だし巻き玉子サンド を作ってみました。 玉子がふわふわ&ジューシー💕 辛子マヨネーズが効いててとても美味しかったです😋 * * 最近観たTVに影響され、#トーストスチーマー を買ってみました。 📺️観ていたらどうしても欲しくなり、ネットで注文~! 数日で手元に届きました📦️ * 開けてみると手のひらに乗る位の大きさ、陶器で出来た可愛らしいちっちゃなパンでした🍞 これを20秒水に浸し、トースターに入れてパンと一緒に焼くだけ! これでホントに美味しくなるの??🤔 とりあえず、試しに焼いてみました。 * パッと見、焼いてもパンは縮んでない感じ。。 一口食べると、へぇ~⤴️⤴️ 外はサクサクこんがり焼けてるのに、中はふんわりモッチモチ~😍 なるほど…安いパンがちょっとお値段のいいパンに変身した感じかも~💕スゴイ👏 これはいい買い物をしました😊 これから毎朝、美味しいパンが食べれそうです🍞☕ * * #あさごはん #あさごぱん🍞 #朝ごぱん #トーストアレンジ #だし巻き玉子 #サンドイッチ #さんどいっち #玉子サンド #たまごサンド #マーナトーストスチーマー #便利グッズ #便利アイテム #うちごぱん #うちごはん #おすすめグッズ #オススメグッズ

YUI’s KITCHEN(@yui_no_gohan)がシェアした投稿 –

お金をかけずに美味しいパンが食べられる。

我が家では週末だけは、乃が美で並んで買ってきたり時間がないときはセブンイレブンの金の食パンで朝食を楽しんでいますがトーストスチーマーがあれば安いパンでも美味しくなるってことなのでかなり気になっています。

トーストスチーマーのコスパについて

トーストスチーマーのコスパについて紹介します。

パン型の陶器の価格は、1000円前後で購入出来ます。バルミューダのトースターで焼くときも水を専用のカップにいれ補給するのでコスパが良すぎることがわかります。

我が家では、なるべく食感のいい状態にしたいので食パンをスーパーで選ぶ時には、水分が飛びにくい4枚切りなどを選んでいました。

このトーストスチーマーがあれば6枚切りや8枚切りなど幅が薄い食パンでも風味が増して美味しいです。

数日経ってしまったパンは、硬くなってしまうけどトースターにトーストスチーマーを入れて焼けば中がしっとりした状態に戻ります。耳の部分も柔らかくなり子供達も残すことがなくなりコスパがいいことわかります。

トーストスチーマーの使い方

ボウルなどトーストスチーマーがすっぽり入る大きさの入れ物を用意します。

水を入れて20秒以上浸して吸水します。

普段使っているトースターを余熱したらトーストスチーマーを入れ庫内をスチーム効果を高めます。

いつも通り食パンを入れて焼けば外はカリっと中はフワッとした食感になります。

トーストスチーマーの注意点

トーストスチーマーは、陶器製で水分を含ませて庫内を加湿します。

注意点は、パンを焼くときにきれいな水を使うこと。

陶器で出来ているので目詰まりしないよう使い終わったら軽く洗浄し完全に乾かしてから使うと長く使えます。

トーストスチーマーのスペックについて

トーストスチーマーのスペックについて紹介します。

今お使いのトースターにパンを入れた状態でも使えるか。重量から毎日使ってもストレスないか確認してください。

ースペックー

  • サイズ W36×H46×D97mm
  • 重量 99.8g ※缶コーヒーの半分ほどの重さで毎日使ってもストレスにはなりません。
  • 材質 陶器製

トーストスチーマーをレビュー:まとめ

トーストスチーマーは、わずか1000円でバルミューダやブレッドオーブンのような外はカリっと中はフワっとした耳まで美味しい食パンを焼くことが出来る便利な商品です。

使い方は、とても簡単で水に20秒以上含ませて時間があれば余熱する。急いでいる時は、食パンと一緒に焼いてもいい。

冷凍庫に保存してた食パンや日にちが少し経ってパンに含まれる水分が減った状態でもトーストスチーマー使えばしっとりした状態で風味も味わうことが出来ます。

Amazonでトーストスチーマーを検索してみると似たような陶器製の商品がありますがレビューが少ないことでサクフワになるかはわかりません。テレビで取り上げられレビュー件数、評価もいいトーストスチーマーで1000円で高級トースターで焼いた食パンになるのか試してみることおすすめします。